独女通信は、20歳以上の独身女性の本音を扱うコラムです。「独女」といわれる彼女たちの恋愛や結婚、仕事や将来について、ホンネのコラムを配信しています。

最新記事

暑い夏にはふんどしが最適!密かなブームのふんどし女子にチャレンジ

暑い夏にはふんどしが最適!密かなブームのふんどし女子にチャレンジ暑くて汗ばかりかく夏。そんな時期、特に気になるのが下着のムレではないでしょうか。筆者はけっこうかぶれやすい肌質のため、夏はあせもや下着のゴムによるかぶれが頻発。快適な環境を手に入れることができずにいます。

そんな面倒な肌質の女に、先日吉報が舞い込んできました。なんとひと昔前の男性が愛用するイメージの「ふんどし」が、女子のいろんな悩みを解決してくれるというのです。

「ふんどしって、ちょっと待て待て…」

さすがに冗談でしょうと拒絶反応を示したものの、調べていくと結構よさそうなふんどし。
ということで、今回アラサー独身女子のおおしまが、女性用ふんどしにガチでチャレンジ!その巻き心地やいかに。


続きはこちら


女性のUV対策に男性はイライラ「日よけ、ウゼエ」が本音!?

女性のUV対策に男性はイライラ「日よけ、ウゼエ」が本音!?夏まっさかりになってくると、露出が多いファッションになる独女も多いはず。ところが、女性は肌を露出した分だけUV対策が必要になり、日傘、帽子、アームカバー、サングラス、スカーフなど、普段から日差しに警戒している人は多い。女性ならそんな光景は“あるある”でも、男性からは否定的な声もあるようだ。

■ 女性のUV対策は“見た目がヘン”、“神経質すぎる!”

「日傘はとくにウザイですよね。駅前とか、人混みでも平気で日傘をさして、のんびり歩いている女を見るとイラッとします。傘があるぶん道幅を取るし、傘の先が目に当たりそうになって危ないんですよ。そもそも日傘ってオバサンっぽくないですか?」とは、まさとさん(28才)。

確かに、人混みのなかで日傘をさしている人は、ちょっと危ないと思うことがある。とはいえ、周囲に気を配りながら使えば、日傘は涼しくて快適。最近は外回りの多いビジネスパーソンなど、男性の利用者も増えているそうだ。

「アームカバーとサングラスをかけてる女の人ってロボットみたいですよね(笑)。どっちかっていうと美意識が高い子のほうが好きだけど、帽子や日傘、とかいろいろなものでカバーしてると神経質すぎるかもしれないなとも思う。それに、見た目も暑苦しいです」(まさるさん/30才)

UV対策をする姿は、確かにおしゃれとは言い難いところがあるかもしれない。

続きはこちら

「結婚したって遊べばいい」30代にはない、20代女性の結婚観とは?

「結婚したって遊べばいい」30代にはない、20代女性の結婚観とは?現在30歳以上の独女の皆さんは20代前半のころ、「結婚」についてどのようなイメージ、または考えを持っていただろうか? 

もちろん人それぞれだと思われるが、多くの人は「まだ早い」「今はもっと遊びたい(または仕事したい)」というような、結婚に対する現実感のなさがあったのではないかと推測する。

だがその一方で、近年は20代前半でも結婚願望を持つ若い世代が増えてきているらしい。例えば国立社会保障・人口問題研究所が行っている2010年発表の「出生動向基本調査」によると、未婚者に対して「一年以内には結婚したい」と答えた18歳から24歳男性は26.0%で、女性が35.1%。一方その5年前の同調査結果では男性が23.5%で女性が32.7%。わずかだが着実に増えているのだ。

なぜ男女問わず20代前半という若さで結婚を急ぐ人が増える傾向にあるのか?

続きはこちら

既婚女性に聞いた「自分をイキイキ輝かせてくれるパートナーは、どんな人?」

既婚女性に聞いた「自分をイキイキ輝かせてくれるパートナーは、どんな人?」キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社では2016年6月、配偶者のいる全国の40~59歳の女性1000名を対象に「女性のからだの悩みと女性を輝かせるパートナーに関する調査」を実施しました。

同調査によるとストレスの原因として最も多かった回答は「家計のやりくり」で5割(50.9%)。次いで、「老後への不安」が約5割(46.2%)、「健康面での不安」が4割(39.9%)となりました。以降、「家事の負担」が3割半(35.3%)、「夫の態度」が2割半(25.5%)と続いています。

全回答者(1,000名)に、夫とのコミュニケーションについて、どのような点でイライラしてしまうか聞いたところ、最も多かった回答は「自分(夫)だけが疲れているような口振りで話す」で3割(30.1%)となりました。

次いで「感謝や気遣いの言葉がない」(27.6%)、「生返事が多い」(25.0%)、「大切にしてくれない(愛情を感じない)」(16.9%)、「頼みごとに“わかった”と言いながら何もしない」(16.1%)が続きました。妻に対する感謝や愛情を表さない、妻からの言葉をないがしろにしている、といった点にイライラする方が多いようです。

続きはこちら

常識を覆すぶっとび系!?進化系!?挙式スタイルが続々「ゼクシィSPARK!」

洞窟婚株式会社リクルートマーケティングパートナーズが企画制作する結婚情報誌「ゼクシィ」は、既存の形にとらわれない新しい結婚式のスタイルを発信する「ゼクシィSPARK!」の発売を開始します。

同社が結婚式実施意向のない女性に「あなたは一般的な挙式・披露宴(披露パーティ)についてどのようなイメージを持っていますか」という問いかけをしたところ(※)、4割以上が「型にはまったものしかない」「ワクワクしない」と閉塞感を感じていることがわかりました。

続きはこちら

よく笑い、よく褒める!男性が思う、年齢を重ねても素敵な女性の特徴

よく笑い、よく褒める!男性が思う、年齢を重ねても素敵な女性の特徴前回ご紹介した「男性が思う、こんなオバサンにはなってほしくないと思う瞬間」に続き、今回は「男性が思う、年齢を重ねても素敵な女性の特徴」をご紹介します。

インタビューしたのは前回同様、丸の内界隈のサラリーマンです。彼らが考える“素敵な女性像”からは、こんなことがわかりました。


■ 自分の立ち位置、役割を自覚できている

「自分より若い人や今時の若者と呼ばれるような相手も尊重できる人は、素敵な女性だと思います」(印刷会社/32歳)

「聞く耳を持ちながらも、自分の知識と経験を年下の子たちにさり気なく伝えたり、それが周囲のモチベーションを上げることにつなげられる女性は素敵です」(公務員/36歳)

これは次に出てくるポジティブ思考の持ち主にも通じるところがありますが、自分の立ち位置、役割をしっかり自覚しているからこそ、周囲にプラスの影響を与えることができるのだと思います。一言で言えば、“余裕”でしょうか。他人を批判的に見るより、好意的に見られる人は好かれますね。


続きはこちら



独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

北村美桂

北村美桂

WEBコンテンツアドバイザー、講師、ライター。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

栗頭渋子

栗頭渋子

女性たちの「気になること」や疑問を追求するコラムライター。

たえなかすず

たえなかすず

恋愛と女子生態学が得意ジャンル。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。