独女通信

独女通信は、20歳以上の独身女性の本音を扱うコラムです。「独女」といわれる彼女たちの恋愛や結婚、仕事や将来について、ホンネのコラムを配信しています。

最新記事

下ネタは話せて当然?アラサーからの正しい対処法とは

下ネタは話せて当然?アラサーからの正しい対処法とは「経験人数って何人?」
突然こんな話を男性に振られたら、あなたはどうしますか? 真面目に答える、適当に答える、拒否するなどがありますが、そもそもアラサーなら対応できて当然なのでしょうか?


■ アラサー女性に質問! 下ネタにはどう対処する?

世のアラサー女性は下ネタについてどう思い、どう対処しているのでしょうか。

「下ネタトークは嫌いじゃないので普通に返します。ただ、真面目に話すって感じじゃないので、たとえば経験人数を聞かれたら『処女だよ』とかって返しちゃう。拒否反応はしません」(30歳営業)

「上手い切り返しが思いつかないので、いつも『もー何言っているの?』って笑って流そうとします。しつこい人もたまに居ますが、無理矢理かわし続けます」(28歳EC関連)

「下ネタ苦手なんですよね…だからつい苦笑で黙っちゃいます。以前『10代じゃないんだから』って言われて、むかっとしました」(29歳飲食関連)

そもそも下ネタはセクハラだ! と言う人もいるかもしれませんが、会話の中で振ってくる男性がいるのも事実。ベストな回答は何なのでしょうか。

続きはこちら


妥協してでも結婚、は正しい選択なの? 「後悔しない女の人生」を考える

結婚願望のある女性たちからは、“タイムリミット”という言葉が非常によく聞かれますよね。「もうチャンスがないかもしれないから」「あの時、しておけばよかったと後悔したくない」などと、妥協を承知で結婚を決断していく人もいます。「一度してみて、うまくいかなかったら別れればいいじゃん!」なんてアドバイスをされることもありますが(汗)、「とりあえずGO!」というのは、はたして後悔しない選択と言えるのでしょうか。女性が“後悔しない人生”を送るためのヒントを探ってみました。

妥協してでも結婚、は正しい選択なの? 「後悔しない女の人生」を考える
続きはこちら

ツライ!やめたい!独女が陥る“婚活疲れ”原因と対処法

ツライ!やめたい!独女が陥る“婚活疲れ”原因と対処法アラサー女子の必修科目といえる婚活。最初は出会いが増えたり、あたらしい刺激があったりで楽しさを感じるかもしれません。しかし、だんだんと続けていくうちにくたびれてきませんか?

そう、それが「婚活疲れ」です! 真剣に出会いを捜せば捜すほど陥る、婚活疲れ。今日はこの問題について考えてみたいと思います。


■私が婚活疲れになった理由

「普段だったら恋愛対象にならない人にNGを突きつけられることに、絶えられなくなりました。婚活アプリは顔をお互い確認してからデートに望めるのですが、性格まで文面から予測するのは難しいんですよね。会ったら凄いコミュ障だったり、自分の話しかしない男性だったことばかり…のべ10名ほどと出会いましたが、今はもうお腹いっぱいです」(31歳web関連)

続きはこちら

星からのメッセージ・深い関係を築けそう!でも、こじらせ女子の場合はご注意を

深い関係を築けそう!でも、こじらせ女子の場合はご注意を4/22の14:23に蠍座の満月を迎えます。新しい1年の巡りがスタートした春分の日以降、初の満月となります。

春分のチャートから読み取れるこれからの1年は、「自分の内側からあふれ出てくるものを思いっきり表現していくこと」がテーマになりそうであることを、前回の記事でお伝えいたしました。

「このことは、恋愛においてもしかりですよ!」と今回の蠍座の満月は主張してきているように思われます。早速、その詳細をお伝えしていきましょう!


■想いと行動に芯を

満月の日のチャートには、アセンダントと呼ばれる真東のポイントと、水星と冥王星との三点で、三角形が描かれます。この三点が位置している星座は、順に牡牛座、山羊座、乙女座であり、地の星座と呼ばれるグループになります。

このグループは、地面の「地」という質感からも感じ取れるように、物事をしっかりと形に落とし込むことを好みます。そしてコミュニケーション力を司る水星と、「徹底的」という意味を持つ冥王星がそれらの地の星座のエネルギーをたずさえて絡むことにより、「自分の想いをハッキリと周囲に伝え、キッチリ物事を実現していくような芯の強さ」が感じられます。春分からの流れに具現性が加わったような感じです。

この流れを恋愛面に活かせば、他人との深い関係性を築くことができそうなことを、金星の配置が示唆してくれています。意中のお相手とのお付き合いが始まったり、結婚が決まったりといったことがあるかもしれませんよ!


続きはこちら

同窓会に新たな恋を期待する男子はこんなにも!

筆者の周りでは30歳、35歳、40歳など不思議と5年刻みで開催される「同窓会」。みなさんは、同窓会に参加していますか?

■今の同窓会はシングルが優勢!

かつてアラサー・アラフォーの同窓会と聞くと、「独身者には肩身の狭い場」といったイメージがありました。しかし、現代社会では多種多様な人生を歩む人が増え、未婚率も増加。純粋に、学生時代の友人との交流を楽しめる場となりつつあるようです。

それ故シングルでも、肩身の狭い思いをせず人気者になれることもあるそう。実際に参加したばかりという友人に、体験談を聞いてみました。


■独身かどうかはすぐわかる?

同窓会に参加したばかりという、友人A太(34歳・男性)とT美(40歳・女性)は「外見を見ればシングルかそうじゃないかすぐわかる」と口を揃えて言います。なぜなら男性も女性も、身だしなみやおしゃれにお金をかけているからとのこと。行き慣れると、一瞬で判断できるそうです。

T美リサーチによると、「お金を持っているシングルの男は、みんなカーディガンを着ていた」と言うではありませんか。この法則がどこでも当てはまるわけではないでしょうが、よくよく観察してみるとそれぞれの特徴がみえてきて、面白そうですね。


続きはこちら

クールで無口な男を落とすには、どういう手が有効?

クールで無口な男を落とすには、どういう手が有効?古くは『ときめきトゥナイト』の真壁俊に代表される二次元キャラから、最近ではストイックすぎる俳優・西島秀俊まで。クラスの女子の中に必ずジャニーズ好きがいるように、「クールで無口な硬派男子が好き」という女子もまた昔から一定数存在している。

だがそういう男子は、ほぼ確実に恋愛面においてもとっつきづらいのがお約束。親しくなるにしても突破口がなかなか見出だせない厄介なタイプでもある。では無口なぶっきらぼう男を落とすには、どういうアプローチが有効なのだろう? これまで数多のクール男子たちを落としてきた経験者に、その秘訣を教えてもらった。

続きはこちら



独女検索





独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

北村美桂

北村美桂

WEBコンテンツアドバイザー、講師、ライター。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

栗頭渋子

栗頭渋子

女性たちの「気になること」や疑問を追求するコラムライター。

たえなかすず

たえなかすず

恋愛と女子生態学が得意ジャンル。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。