独女通信

独女通信は、20歳以上の独身女性の本音を扱うコラムです。「独女」といわれる彼女たちの恋愛や結婚、仕事や将来について、ホンネのコラムを配信しています。

最新記事

結婚には逃げない、逃げられない。「一生働く」と覚悟を決めた独女・約8割

結婚には逃げない、逃げられない。「一生働く」と覚悟を決めた独女・約8割独身女性に質問です。この先、結婚する・しないに関わらず、「一生働いて生きていく」覚悟はありますか?

独女通信でそんなアンケートを実施したところ、なんと79.2%、約8割もの女性から「YES」という回答が! もはや働く女性にとって「専業主婦になって楽した~い」という願望は前時代的な幻想なのか? 結婚する・しないに関係なく、彼女たちが「一生働く」と腹をくくっている理由を教えてもらいました。

続きはこちら


30代ならではの街コン・合コンの楽しみ方

以前お仕事の関係で、未婚・少子化対策パネルディスカッションとやらに参加させていただきました。ざっくり要約すると、婚活・街コン推進議員連盟(会長・小池百合子衆議院議員)が「日本の少子化対策には結婚が不可欠である!」という主張のもと、「とにかく離婚のない婚姻率を上げよう!」といった活動が、該当者の知らないところで(笑)秘かに行われています。

そこで考えていただきたいのが、出会いの場を楽しめているかどうか。街コンや恋活パーティーを見ていると、「友人に誘われて仕方なく…」といった体で参加している方をよく目にします。確かに、「ガツガツ行ったら結婚を焦っていると思われそう」と考えてしまう気持ちもわかりますが、大切な“お金”と“時間”を使うのだからこそ、楽しまなければ損! 今回は、30代ならではの街コン・合コンの楽しみ方と、街コンのマル秘情報をお届けしたいと思います。

続きはこちら

手軽にお家でヘッドスパ「炭酸水美容セミナー」に行ってきた

手軽にお家でヘッドスパ「炭酸水美容セミナー」に行ってきた飲んで良し、洗顔や洗髪に使っても良しと、とにかく美容に良いと話題の“炭酸水”。NAVER まとめなどネット上でもその効果が話題となり、炭酸水ラバーが増加中だ。

筆者も毎朝常温の炭酸水を飲んだり、食事のお供は炭酸水を迷わず選ぶほどのシュワシュワ好きなのだが、実際のところ、炭酸水のどんな所が美容に良いのかは分かっていないのも事実。

そこで、4日に開催された「炭酸美容家おすすめ!美肌アフタヌーンティー・セミナー」なるイベントに参加してきた。炭酸水の魅力をたっぷり堪能し、今スグ使える簡単アイデアも満載だ。

続きはこちら

クリスマスだけの男女の関係(デートする等)はあり?なし? 女性の2人に1人が「あり」「どちらかと言えばあり」と回答

クリスマスだけの男女の関係はあり?なし? 女性の2人に1人が「あり」「どちらかと言えばあり」と回答国内・海外にある結婚式場のクチコミ情報を扱う日本最大級のウエブサイト ウエディングパークが運営する「ガールズスタイルLABO(GSL)」が実施した「クリスマスに関する実態調査」によると、20代・30代の女性112人のうち、2人に1人以上が「クリスマスだけの男女の関係(デートする等)」は「あり」「どちらかと言えばあり」と回答していることがわかりました。

■ 10人に1人は、実際にクリスマス限定彼氏の経験あり

また「今までクリスマスだけの男女の関係(デートする等)を持ったことがある」と回答した女性は約13%。
続きはこちら

案外難しい“独身男性”へのお土産 一体何を上げれば喜ぶ?

独女の謎…独身男性への“お土産”は一体何を上げれば喜ぶ?今年の年末年始はカレンダーの日並びがよく、最大で9連休! となれば旅行や帰省等、遠方に出かける人も多いだろう。その際会社の先輩や同僚、友人などにお土産を買うという人も当然いると思われるが、ここで案外難しいのが〝独身男性〟へのお土産のチョイスではないだろうか?


■スイーツ、化粧品、カワイイ雑貨……独身男性にはどれも微妙!

女性の場合は独女でも既女でも、同性という視点でのチョイスは簡単であるように思う。女性なら「甘いものが苦手」という人は男性よりも少ないし、甘いものがダメな場合でも珍しい調味料や食材などでも喜ばれる確率は高いだろう。行先が海外旅行なら、その場所でしか売っていない化粧品やブランド小物、可愛い雑貨なども鉄板だ。

しかし男性の場合はどうだろう? まず女性に比べると甘い食べ物が苦手な人の割合がグッと高くなるので、ご当地のスイーツは地雷になりやすい。さらにほとんど外食という人には珍しい調味料や食材も微妙。女性みたいに化粧品や可愛い雑貨もNGなのは言うまでもない。 ただし、男性が既婚者の場合は「本人にとってはうれしくないけど、家族は喜んでくれた」という逃げ道もあるからまだいい。問題なのは〝独身〟の男性なのだ。

続きはこちら

新しいサロンスタイル“ライトなエステ”「utuQcia sosie(ウツクシア ソシエ)」

新しいサロンスタイル“ライトなエステ”「utuQcia sosie(ウツクシア ソシエ)」埼玉県越谷にある大型ショッピングモール、イオンレイクタウンにエスティックサロン、ヘアサロン、ネイルサロンを集結させた、トータルビューティーサロン「utuQcia sosie(ウツクシア ソシエ)」が11月29日にオープン。

百貨店や有名ホテルなどを中心にテステティックサロンを展開してきたソシエが手がける、敷居の高いエステに“ライトなエステ”を提案する新業態だ。

イオンレイクタウンという場所柄、家族連れやカップルでも訪れやすいように、価格をリーズナブルに設定。店内の設備は最新のものを揃え、高い技術はそのままに1万円前後で本格エステをうけることができる。

「utuQcia sosie」の一番のポイントは、ヘアやネイルと同時に、本格スパが体験できること。ヘアサロン、ネイルサロンに訪れたついでにボディ、フェイシャル、炭酸スパなど本格エステを組み合わせて楽しむことができる。

続きはこちら








独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

栗頭渋子

栗頭渋子

女性たちの「気になること」や疑問を追求するコラムライター。

たえなかすず

たえなかすず

恋愛と女子生態学が得意ジャンル。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。

独女検索