独女通信

独女通信は、20歳以上の独身女性の本音を扱うコラムです。「独女」といわれる彼女たちの恋愛や結婚、仕事や将来について、ホンネのコラムを配信しています。

最新記事

怒るに怒れない、子供の無邪気な指摘

怒るに怒れない、子供の無邪気な指摘ついこの間生まれたと思っていた甥や姪、友人の子どもがみるみるうちに成長していく。幼稚園、保育園に入るころになると無邪気でカワイイ! と思うのだけれど、子どもがふと放った一言が正論すぎてやけに深く胸にささることがある。

子どもは感じたことを正直に伝えただけ。罪なき罪だし…と自分をいさめてみるものの、やるせない気持ちでいっぱい…。なーんて経験もあるのでは? 今回はグサリと容赦なく胸をエグった、ピュアなちびっ子たちの発言を集めてみた。


■えっ、マジで!? 見た目の評価にドキッ!

・私は先日、友人の3歳になる子どもに、躊躇なく「オバチャン」と呼ばれました。慌てて友人が「子どもにとってママの友だちはオバチャンという生き物だと思ってるんだよね〜」とフォローしてたからとりあえず愛想笑いを返したけど、ショックでしばらくフリーズしてしまいました。(まみさん/36歳)

続きはこちら


今だから暴露します! 若気の至りでやらかした“赤っ恥”エピソード

今だから暴露します! 若気の至りでやらかした“赤っ恥”エピソード思い出すだけで、赤面しながら壁にガンガン頭を打ち付けたくなる……。そんな若かりし頃の“赤っ恥”体験は誰しも必ずひとつやふたつ持っているもの。

でも大丈夫、あなただけじゃありません! 若気の至りをネタに変えて、一緒に笑い飛ばしちゃいましょう!


■恋は女を狂わせる。今だから晒せる恥だらけのラブメモリーズ

やっぱり恋愛は恥を積み重ねてナンボ!? 脳が沸騰していた10代の甘酢っぱくも苦い体験から、親に××の現場を見られた悲劇まで。つらすぎるからこそ笑えてしまう赤っ恥武勇伝をどうぞ。

「幼い頃から少女マンガ漬けだったせいで、思春期は完全に乙女チック脳だった私。中2のときにずっと好きだった彼に告白するときも、『あなたを想うとき、私の涙は真珠のようにこぼれるの……』とかありえないほどポエムなラブレターを渡した。あれはもう思い出すだけで死にたい。結局フラれたけど彼があのラブレターをクラスに晒したりしなかったことだけがマジで救い!」(36歳・女)

ラブレターってとこに時代を感じますね。彼の人徳に感謝!

続きはこちら

あなたの職場にもいる? 上司を持ち上げる「喜び組」女子

あなたの職場にもいる? 上司を持ち上げる「喜び組」女子上司の心のオアシス的存在の女性社員が、あなたの会社にもいないだろうか。

男性社員を褒めておだてて、ニコニコと話を聞いてあげる彼女たちのことを、影で「喜び組」と呼んでいると聞いたことがある。「喜び組」…北朝鮮の総書記に奉仕する女性たちとして、日本でも話題となった名称だ。

そんな絶妙なネーミングで(影で)呼ばれている女性たちの存在は、他の会社にもいるのだろうか? アンケートには約半数が「いる」と回答。その実態も垣間見えた。

続きはこちら

SNS、男のギラギラオレ様写真はアリなのか?

SNS、男のギラギラオレ様写真はアリなのか?SNSはその性格上、見せたい自分を見せるツールとなっている。とりわけ、プロフィール写真は、本人すら気づかない自意識を映し出しす“心の鏡”。キラキラに加工した自撮り写真を載せている女性と、芋焼酎のボトル写真を使っている女性とでは、飲んでいる酒もつるむ仲間も、歩んでいる道も違う。ホッケをつついている芋焼酎女子の女子会は、ほとんどSNSには流れてこないのだ。

男性のプロフィール写真も同様。そこで目についてしまうのが、「キラキラ自撮り写真」ならぬ「ギラギラオレ様写真」だ。一般人で、フツーのおっさんなのにアイドルばりの目線を飛ばしてたり、物言いたげに顔を傾けていたり。顔面偏差値とポーズとのミスマッチ感が、見ている側のおしりをムズムズさせる。プロフィール写真を更新しても、再びキメ顔を選んでいるあたりに、確信犯的な匂いがプンプン。アレさー、誰か注意しなくていいわけ?

続きはこちら

「隣の芝生は気にするな!」ウエディングパーク既婚男性スタッフに聞くイマドキ結婚の心得

「隣の芝生は気にするな!」ウエディングパーク既婚男性スタッフに聞くイマドキ結婚の心得国内・海外にある結婚式場のクチコミ情報を扱う日本最大級のウエブサイト、「ウエディングパーク」。このサイトを運営している株式会社ウエディングパークは、恋愛・結婚・仕事など、大人女子の為のトレンド情報を紹介する「ガールズスタイル LABO」も運営している。

未婚女性、既婚女性、これから結婚を予定している人。様々な女性の意見が集まる場所だけあって、スタッフは自然と未婚女性と既婚女性の違いを感じるそう。株式会社ウエディングパーク取締役兼メディア本部長の作間友幸さんもその1人。今回は既婚男性代表として、作間さんに「独女が幸せな結婚をする為には」というテーマでヒアリング。“シェア婚”など、これからの時代にふさわしい結婚のスタイルにも注目を。

続きはこちら

人材サービス会社が教える「こんな行動をする男は出世しない」ランキング

人材サービス会社が教える「こんな行動をする男は出世しない」ランキング16日に放送されたフジテレビ系「バイキング」で、人の能力を見極めるプロ“人材サービス会社”15人にきいた「私生活で分かる出世しない男」ランキングが発表された。独女も将来の参考になりそうなこのランキング、まずは5位からご紹介します。(複数回答可)


■ 5位 近所付き合いが下手な人(4人)

出世する男性に共通しているのは、コミュニケーション能力。会社でどういうコミュニケーションを取っているかは、実は近所付き合いによく現れるそう。会社では上司・同僚・部下・取引先など様々な年代の人とコミュニケーションをとる必要があり、同じく様々な年代が集まるご近所付き合いと似ているからだとか。

続きはこちら

■アンケート実施中
マタニティマークについてご意見をお聞かせください(10/24まで)
どんなクリスマスデートに憧れますか?(10/24まで)


■ライター募集中
独女通信では、一緒に当サイトを盛り上げてくれるライターを募集しております。

「独身女性が楽しくなる・役立つ情報」「独身女性が思わず共感するコラム」などを、独女通信を通じて発信したい方からのご応募お待ちしております。
(応募条件)継続執筆可能な方
(応募方法)簡単な経歴、自己PRを記載の上お問い合わせフォームからご応募ください。







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

栗頭渋子

栗頭渋子

女性たちの「気になること」や疑問を追求するコラムライター。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。 まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。 30代独女のモテ道を研究する日々。

独女検索