独女通信は、20歳以上の独身女性の本音を扱うコラムです。「独女」といわれる彼女たちの恋愛や結婚、仕事や将来について、ホンネのコラムを配信しています。

最新記事

2回目の出会いって重要?

だんだんと夏が近づき、花火やお祭り、海水浴など、開放的になれる催しが満載です。友人や異性からのお誘いも増えてきますよね。私の周りでも、それぞれのイベントに合わせた出会いを求め、どのイベントへ出かけようか女子たちの中でも、話題になることもしばしば。

ただ、夏の出会いは、その開放感で突っ走り、後々ガッカリなんてエピソードも少なくないですよね。夏にはちょっと早いですが、私もそんな体験を早速してしまいました。

先日、友人のバースデーパーティ後に二次会で知り合った男性とふたりで会うことに。二次会での彼の印象はとても素敵で、外見も私にとってイケメンと呼べるような人だったので、この日は私にとって特別な日だったのですが……。

待ち合わせ場所に向かう時から、ドキドキしてしまうほど久しぶりの緊張。会うのは2回目といってもふたりきりは初めて。また、いま流行りの某外資系ファストファッション企業で働くオシャレな人という印象が残っていたので、少し不安があるものの、大きな期待に胸が膨らみます。

しかし、待ち合わせ場所で彼を発見した瞬間、私が発した心の第一声は、「あれ……?こんな人だっけ?」。期待が高まりすぎたのか、前回ほろ酔いだったせいか、少し暗めの照明だからか、顔の印象がまったく違ってみえたのです。相手も同じことを思ったのかもしれませんが、正直ガッカリしてしまいました。

もちろんその場で帰るわけにも行かず、違和感を覚えながらもレストランで食事をすることに。お酒と食事を楽しみながらも、やはりタイプではないと再認識。挙句の果てに、お店の店員さんの方が格好良くみえる始末。話もそれなり。結局終電近くまでお付き合いしましたが、時間が経つに連れ、外見もそうですが“それなりの話”に魅力を感じず、恋愛対象に入るかどうかは悩ましいお相手でした。

ムーディな照明のオシャレなお店は、女子にとってはありがたい存在。少し綺麗に見えますから。しかし、2回目以降に会うときには要注意かもしれません。化粧をしない男性の顔でさえ違って見えるということは、化粧をした女性の顔は、ずいぶんと印象が違う可能性があるということです。

やはり男女間において、初めての出会いでは、外見が重要になってくるといえます。男性は特に、女性の外見の美しさから入る場合が多いというのは、前回の独女通信「結婚相手に妥協できるもの、できないもの」でも実証済み。

しかし、夏の開放感は危険さが増し、さらにお酒の勢いの中では、異性の外見など、普段よりあやふやになってしまうもの。好みでもない外見の人でも良く見えてしまい、一夜の恋なんてことになってしまうこともでてくるでしょう。しかし大人の独女なら、相手とニュートラルな自分でいられる2回目、3回目の約束で、本来の彼の人となりをじっくりと知ることが“大切”ということも知っているはずです。

確かに、外見には惹かれてしまうのは仕方がないこと。しかし表面的なものでしかなく、知識が豊富だったり、会話能力に優れていたら、顔に限らず惹かれるでしょう。私も前出の彼がそれなりの会話でなく、魅力的な話しをされる方だったら、外見にがっかりしても恋愛対象としてもう一度会いたいと思ったように思えます。むしろ外見だけで惹かれた異性よりも、絆が強くなり、結婚への近道になるのかも知れないですね。

この記事の執筆者

編集部M

編集部M

イギリス留学をキッカケに外国に興味津々、婚カツも時々。たまに日本自虐に走る。
現在はニュースの編集&独女通信に携わって1年。理想はペキニーズを飼うセレブ妻になること!




結婚してもときめきはある?

結婚した後も人生の伴侶である相手に、ときめきを持続することはできるのだろうか結婚とは、「一生この人と生きていく」という契約を交わすこと。「一生モノ」の相手が決まることは、心の安定につながるはず。一生モノの相手との、気持ちが安定した暮らし。そこには、「心のときめき」はあるのだろうか?
 
「最近、ときめいてます」とこっそり告白してくれたのは、会社員の正子さん(仮名/34歳)。相手は、会社の同僚だ。

「同じチームで仕事をするようになって、『この人、いいな』と思うようになりました。私の誕生日に、ケーキでお祝いしてくれたことがきっかけで、携帯メールで個人的にやりとりするようになって…」
 
相手から積極的にアプローチされ、正子さんも次第に恋愛モードに入っていったという。

「自然に心の距離が縮まった、という感じです。普通の恋愛と同じ」と、はにかむ正子さん。しかし、メル友から先にはどうしても進めないのだという。

「彼は、私の方も好きだとわかっていると思います。だから、仕事後や休日にいろいろなところへ誘ってくれるのですが、私はその誘いにうまく乗れなくて。一度、キスされたのですが、これ以上進んだら大変だとわかってるので、気持ちを抑えるようにしています。なのに、彼が他の女性社員と楽しそうに話しているのを見ると、すごくモヤモヤする。勝手なのはわかってるけど」。

ちなみに、夫との関係は極めて良好で、夫婦仲に特に変化はないそうだ。

「夫には愛されている実感があるし、私も夫を大切にしています。でも…夫は大切な人で、彼は好きな人。夫には悪いけど、彼のことを考えている時は、夫のことは頭から消えてる」
 
独身時代は恋愛には積極的だったが、今回ばかりはどうしていいかわからないそうだ。

「楽しいけど苦しい、行きたいけど行けない。そんな、相反する気持ちの間で常に揺れています。恋愛本って独女向けだから、まったく参考にならないし」
 
ちなみに、同僚にときめくようになってから、ダイエットやスキンケアに励み、身だしなみにも気をつけるようになったという。

「夫にときめいていられたら、一番幸せだと思うんですけどね」
 
一方、会社員の華子さん(仮名/36歳)は、ドラマでときめきを「疑似体験」しているという。

「最近、黒木瞳さん主演のドラマ『同窓会』を見て、黒木さんがときめいている姿に憧れています。私の場合、友達の恋愛話やドラマを通して、『ときめき』を疑似体験するだけで十分なんですよ」
 
華子さんいわく、結婚後は「ときめかないようにしている」という。

「結婚以来、ときめきはないですね。夫以外の人にときめいてしまったら、どちらがいいか悩むし、その先には地獄しかない。うちの夫は、私にとってこれ以上ないほどいい人だから、絶対に失いたくないんです。一時の熱に浮かされて血迷ったりしないよう、自分を戒めています。」
 
夫婦間ではなかなか感じられない「ときめき」を、他のところでカバーする人が多い中、デザイナーの晶子さん(仮名/31歳)は、交際10年を経て結婚した夫に、今でもときめいているという。

「夫にときめくのはしょっちゅう(笑)。私のことを思って注意してくれる時や、男っぽい大きな手に触れた時、手紙をくれた時とか。毎日、『早く帰ってこないかな』と夫の帰りを待ちわびてます。結婚してからは、ときめいた後、あったかい気持ちになります。それが、恋愛時代との違いかな」
 
晶子さんは、親しい友達にも呆れられるほど、夫のことが好きでたまらないのだという。結婚してもなお、夫にときめくのは、理想の恋人夫婦と言えるかもしれない。
 
一方、自営業の道子さんは、「相手が夫でも他の人でも、結婚後もときめきを感じられるのは、余裕がある証拠」としみじみ語る。

「夫が転職して以来、生活や経済状況が一変。仕事や毎日の生活に必死で、ときめきどころじゃない。独女でも既女でも、何かにときめくってことは、何かを始める余裕や準備ができてるってことだと思うから、うらやましいですね」。
 
結婚とは、相手の人生に責任を持つということ。責任を果たしつつ、ときめきを感じることができるのは、余裕のある大人の女の証なのかもしれない。

この記事の執筆者

栗頭渋子

栗頭渋子

女性たちの「気になること」や疑問を追求するコラムライター。






独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。