独女通信は、20歳以上の独身女性の本音を扱うコラムです。「独女」といわれる彼女たちの恋愛や結婚、仕事や将来について、ホンネのコラムを配信しています。

最新記事

男ウケの悪い服で婚活するとどうなるのか?

婚活を成功させるには、男性に好印象を残さなくてはいけない。そう思って1番に手をつけるのが「服装」ではないでしょうか。女子アナウンサーのような柔らかく女性的な服装で婚活パーティーに参加すれば、ニコニコしているだけでモテるはず。そんな思いのもと、みなさん可愛らしいお洋服に身を包むことでしょう。

「しかし、本当にそれは正解なのか?」

筆者は常々疑問を抱いておりました。だって、無理して男性の好みに合わせたって、限界があります。そこで今回は、「男ウケの悪い服」で婚活パーティーに参加してみることにしました。

続きはこちら


結婚となると急にハードルが!? 「外国の方との交際」を考えるときに

結婚となると急にハードルが!? 「外国の方との交際」を考えるときにアラサー世代の独身女性を描いた人気漫画『東京タラレバ娘』が遂にドラマ化。第1話では、「このままだと“ひとりオリンピック”になってしまう!」と連呼していたのが印象的でした。オリンピックムードも高まるなか、近年は来日外国人の数も急増中。日本政府観光局のデータによれば、訪日外国人の数は、この12年で約4倍も増えているそうです。必然的に外国人との出会いも増えるなか、いざ付き合うとなるとどういう点が楽しいの? 友達にはなれても、一生のパートナーになるのはやっぱり大変じゃないの?…などなど、経験者たちに改めてそのあたりの実情を尋ねてみました。

■ 年齢より個性を見てもらえる! 外国の方との恋愛、「ここが幸せ」

まずは、外個人との交際でよかった点から。よく言われるのが、愛情表現ですよね。「何でも言葉にしてくれる(かわいいねなど)」「誉める、からかう、のバランスが良い」と言葉面をあげる意見もいれば、「人前でのスキンシップを恥ずかしがらない」「楽しませようと頑張ってくれるし、外出デートも頻繁にしてくれる。日本男性は“家でまったり”が好きで、外出に積極的ではない人が多かった」といった行動面での意見も見られました。世界的に見ても、拘束時間が長いと言われる日本企業。仕事で疲れを溜めすぎているのも、外デートを頑張れない人が多い原因のひとつなのかもですね…。

続きはこちら

結婚はしたくないけれど、子どもが欲しい。「未婚の母」という選択肢

結婚はしたくないけれど、子どもが欲しい。「未婚の母」という選択肢「結婚はしたくないけれど、子どもは欲しい」

このコラムを読んでくださっている独女の中には、そんな気持ちをひそかに抱いている方もいらっしゃるのではないか? だが実際日本における「シングルマザー」ないし「未婚の母」での子育ては非常に難しい。そのため、なかなか踏み出せないという人も多いかもしれない。


■ 母子家庭の貧困率は54.6%、生活受給率は14.4%

シングルマザーにおける一番の課題は、やはり経済的不安だろう。

厚生労働省による調査「ひとり親家庭等の現状について」によると、日本の一般家庭の平均給与所得は男性で507万円。しかし母子家庭の場合、平均所得は181万円だという。結果、母子家庭の14.4%は生活保護を受給しており、貧困率54.6%にも及んでいるのが現状だ。自ら選択して未婚の母となる場合はそこをクリアできる経済力があるか、貧困を覚悟する精神力が不可欠だ。だがいくら母親に覚悟があっても、生まれてくる子供が果たしてそれで幸せになれるのかを考える必要はあるだろう。

ちなみに経済的不安がないと思われる有名人には、未婚の母として子どもを産んでいる人は結構存在する。例えば有名どころでは安藤美姫さん。意外なところではモデルの道端カレンさん、歌人の俵万智さんも結婚をせずに出産をしている。ほか離婚でシングルマザーとなった芸能人は、数えきれないほどだ。

続きはこちら

三十路でも振袖を着るべし! その昔、振袖は恋愛アプローチの必須アイテムだった!?

三十路でも振袖を着るべし! その昔、振袖は恋愛アプローチの必須アイテムだった!?今年も全国各地で行われた成人式。街角で艶やかな振袖を着た女の子たちとすれ違い、かつては筆者にもあんな時があったなあ…と目を細めつつハッとした。

「そういえば、成人式以来着ていないあの振袖はどうなった⁉」。母はレンタルでもいいかな、と考えていたらしいが「大事なお祝いだから」と祖母が見立てて買ってくれた振袖だった。実家の母に電話をすると、まだ大事にタンスにしまってあるという。とはいえ、筆者は二度目の成人式を過ぎ、さすがにもう着られないと諦めているが30歳だったらどうだろう?

そこで、着物の着装、礼装に詳しい『公益社団法人 全日本きものコンサルタント協会』に問い合わせてみた。

「率直にいうと、30歳を過ぎても独身ならば振袖を着てもまったく問題ありません。江戸時代には28歳で袖を留める(短くする)風習があって、その名残が現代にもあります。でも、結婚の適齢期も違いますし、30代でも若々しい方が増えていますしね。そもそも振袖は、袖を振ることで人の魂を呼び寄せるという一説があるんですね。つまり、昔は好きな人に向けて袖を振っていたんです。独身の女性にふさわしいというのはそういうわけです」

続きはこちら

プレミアムフライデー、空いた時間は何をする?

プレミアムフライデー、空いた時間は何をする?2月末の金曜日から実施される「プレミアムフライデー」。毎月末の金曜日は15時で就業し、自由な時間を過ごそうという政策だ。

これにより経産相と経団連は個人消費の促進も見込んでいるが、報道によると街の声は「消費喚起というけれど使えるほどお金がない」「結局、家で仕事をすることになるのでは?」という声も多いよう。

さて、独女のみなさんはプレミアムフライデーをどういう風に過ごすのだろうか?

事務職のゆかりさん(35歳)は「空いた時間でバイトしようかな」と考えている。

「遊びたいけどそんなお金はないし、かといって家にいても特に趣味もないからダラダラ過ごすだけでつまらないし。友達がオフィス街で小さなバーを開いていて、“これを機会に早く店を開けることにするから、忙しくなりそう”って言ってるのでそこでバイトでもしようかと思います。空いた時間でお金を稼げるし、普段の仕事とは180度違う業務だから気分転換にもなるし、接客していれば人脈が広げられるし、いいことづくしですね」

昨年ロート製薬が公に副業を認めたことで、今後も寛容的な企業は増えていきそう。ゆかりさんのように終業後は副業をしてみたいと考える独女は少なくないようだ。

続きはこちら

女同士はやっぱり難しい!? 気持ちよく「異世代交流」をするコツは

女同士はやっぱり難しい!? 気持ちよく「異世代交流」をするコツは生き方が多様になる時代。女性の結婚・出産の時期も幅広くなり、そのぶん、職場や趣味の場などでは異世代の同性と一緒に過ごす機会も増えているようです。ただ、気が合いそうな人に出会えても、異世代ならではの付き合いの難しさを感じる瞬間もあるようで…。異世代交流を上手にやっていくコツを探ってみました。

■ 異世代友人との交流、どんなところがやりにくい?

「異世代交流のいいところ、難しいところ」について、交流の経験があるという複数の女性たちに尋ねてみました。いいところとして最も多く挙がったのが、「自分の知らない世界を教えてもらえる」という意見。「異世代のトレンドを教えてもらえる」「異世代のリアルな意見を聞けると、仕事に役立つ」「自分の将来の参考になる」「趣味や仕事を極めている先輩の話を聞くのは面白い」といった意見が挙がっていました。

続きはこちら

積極的じゃない男性にむしろ魅力を感じることも!? “非肉食男子”の魅力を分析

積極的じゃない男性にむしろ魅力を感じることも!? “非肉食男子”の魅力を分析「自分から動くより、男性のほうからアプローチされたい」という女性は多いですよね。ですが最近、逆の意見を聞く機会もちらほら。「こちらのペースも考えずにガンガンくる男性は、自分勝手で好きになれない」「積極的に言い寄ってくる人は、大体無責任な人が多いと思うようになった」等々。世相かもしれませんが、「恋愛にガツガツしすぎていない男性のほうが好ましい、信用できる」と考える女性は増えているのかも!?

独女通信ではアンケート調査を行い、そのあたりを探ってみました。

■ 大人の恋愛では、「距離感」や「自立度」がかなり重要に!?

まずは「アプローチは積極的じゃないけれど、好感を持った男性はいたか、その魅力はどんなところだったか?」について尋ねてみました。すると回答は、幾つかのタイプがありました。

続きはこちら

久しぶりの恋愛で勘が鈍る!? タイミングを逃した”あの時”

久しぶりの恋愛で勘が鈍る!? タイミングを逃した”あの時”2016年はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が爆発的にヒットした。元カレに「小賢しい」と言われたトラウマから恋愛に臆病になっている主人公・みくりと、恋愛経験ゼロの“プロの独身”平匡の、不器用な男女の恋愛模様にむずキュンした人も多いはず。
 だが、現実はドラマのようにはいかない。ぼーっとしていたら相手のサインを見逃してしまうだけでなく、自分の感情にも気がつかないなんてことにもなりかねない。

大学時代から恋愛に遠ざかっているというともみさん(30才)は、「恋愛の勘が鈍りすぎて、チャンスを逃してしまった」とため息をつく。

続きはこちら



独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。