独女通信は、20歳以上の独身女性の本音を扱うコラムです。「独女」といわれる彼女たちの恋愛や結婚、仕事や将来について、ホンネのコラムを配信しています。

最新記事

スタンディングバーが女性の出会いを応援!「Standing Bar 333」でキレイになろう

スタンディングバーが女性の出会いを応援!「Standing Bar 333」でキレイになろう出会いが生まれやすいと言われるスタンディングバー。その中でも入店時に1枚333円のチケットを購入する手軽なスタイルなどが受けて、各種メディアで取り上げられ人気店となっている「Standing Bar 333」では、異性とコミュニケーションを取る機会を作ることで、女性が美しくなることを応援する『ひめ活プロジェクト』を11月10日(木)より開始します。

■『ひめ活プロジェクト』とは

なかなか出会いの場に行きづらいと感じている女性の出会いを応援し、異性とコミュニケーションを取る機会を作ることで、美しくなってもらうことを目的としたプロジェクトです。

続きはこちら


あと4年でどうなる!? 独身女性が「東京オリンピック」に対して思うこと

独身女性が「東京オリンピック」に対して思うこと連日、会場問題が報道されている東京オリンピック。東京在住の人は特に、この大イベントと無関係ではいられないですよね。ドラマ化も決定した大人気漫画『東京タラレバ娘』でも、独身女性たちが開催決定のニュースと共に、2020年の自分を想像して焦り始める…という姿が描かれていましたが、そんなふうに影響を感じている人は実際にどのくらいいるのか。独女通信ではオリンピックへの思いについてアンケートを行い、女性陣の意見を集めてみました。

■ リオオリンピック観戦にはハマりましたか? 夢中になった競技は?

まず、先のリオ観戦にハマったという人は6割程度でした。夢中になった競技も尋ねてみたところ、日本勢の強い「レスリング」「柔道」「水泳」「男子体操」などの定番人気競技を抑えて最多だったのが「陸上」や「リレー競技」。日本勢がメダルを取ることが少ない競技である分、400mリレーの快挙などは、普段興味がない人も興奮したのかもしれませんね。若手イケメン選手たちの活躍に胸をときめかせた、という意見も(笑)。「あまり期待してなかったけど、卓球がすごく面白かった!」という意見も複数見られました。

続きはこちら

大人になると「母と娘」は親友になりやすい!? 逝ってしまう不安も…

『92歳のパリジェンヌ』 (C)2015 FIDELITE FILMS - WILD BUNCH - FRANCE 2 CINEMA - FANTAISIE FILMS

普段はなんだかんだ文句を言いあっていても、よく長電話をしたり、一緒に旅行したり、自分の母親と仲のいい大人女性は多いですよね。独身女性からは、「周囲が子育て世代になって遊び友達が減った分、母親と出かける機会が増えた」なんて声も聞かれます。社会や家庭から重責を感じやすい世代の女性からは、「母親といるときだけは気が楽、娘に戻ってワガママが言える」なんて感じている人もいるようです。

しかしそんな母親も、いつかはいなくなってしまう。「そのとき」を皆さんは想像することがありますか?

■ 最愛の母親が逝ってしまうとき。あなたならどう受け止める?

10月29日公開の『92歳のパリジェンヌ(http://gaga.ne.jp/92parisienne/)』は、老いた母と大人になった娘を描いた映画です。92歳になり、日常生活もままならなくなるなか、自分の意思でひとり暮らしを続ける母マドレーヌ。ある日、以前から話していた「身体の自由が効かなくなったら、自分で人生を終わらせる」という計画の実行を発表し、家族を困難の渦に巻き込みます。

続きはこちら

2016年度版! 男性が周囲に紹介したくなる「いい子」の特徴

男性が周囲に紹介したくなる「いい子」の特徴彼氏がいる、いないにかかわらず、独身であれば恋の種まきはしておいて損はないと思います。

ということで、先日食事で同席した20代~40代の男性4人から聞いた、周囲に紹介したくなる「いい子だな」と思う女性の立ち振る舞いをご紹介します。


1.恋愛経験は少なめ

男性は女性に処女性を求めると言われますが、恋愛経験は少なめがいいという意見は4名一致していました。その理由は、「自分が経験豊富ではないから」「彼女をリードしたいから」「好きになったら過去の男に嫉妬するから」というもの。

過去の交際人数についても、3人以下、できれば自分と同じくらいが理想だと言います。ですから男性から交際人数を聞かれた際は、先に男性の交際人数を聞いてから、「えー!一緒!! あたしも○人と付き合ったことがある」と回答するのがベターなようです。

2.スマホばかり見ない

続きはこちら

結婚で壊れる友情と、続く友情は何か違うのか?

結婚で壊れる友情と、続く友情は何か違うのか?30歳になり、筆者の周りは第2次結婚ラッシュの真っただ中です。それに加えて出産ラッシュも続いています。だんだんと友人関係も変化を迎え始めるこの頃ですが、ふと周りを見渡すと、結婚や出産を機に疎遠になってしまう友人関係と、頻度は変わっても変わらず続く友人関係の2つに分かれる気がします。

それぞれの違いに共通点はあるのか、今日は壊れてしまった友情と続いている友情を比較しながら、女心を探っていきます。

続きはこちら

メイク&ファッションの赤っ恥あるある事件簿

メイク&ファッションの赤っ恥あるある事件簿かわいくなりたい、キレイになりたい。そのために気合いを入れたはずのメイクやファッションが、期せずして赤っ恥をかく原因になったことはありませんか?

恥をかいた、焦った、困った、etc……。メイク&ファッションにまつわる、あるある事件簿をご紹介します。


■ アイライン&ブローの失敗は女子の通過儀礼

まずは女子なら誰しも経験あり? メイクまわりのあるあるネタから。

「お見合いパーティーの帰りに鏡をみたら、パンダ目になっていた。」

「ふと鏡をみたら、つけまつげが鼻の下についていた。なにもそんなところに落ちなくても!」

「月曜朝イチの会社の定例会議に、寝坊して眉毛を書き忘れたまま出席。『なんか今日、顔薄いね?』と上司のジジイに言われて悔しさで悶絶した」

パンダ目、つけま落下、ガタガタのアイラインなど、女の子は皆もれなく、眉毛&アイラインまわりの失敗を乗り越えて大人になるもの。もはや現代女性の通過儀礼です。

続きはこちら

アラフォーが「若いころにもっと恋愛しておけばよかった」と後悔するワケ

アラフォー独女が「若いころにもっと恋愛しておけばよかった」と後悔するワケ人間誰もが生きていれば重ねていく年齢。今は若くても、いずれアラサーになりアラフォーになり、着実に若さは衰えていく。そんな中でも女性の一番のターニングポイントといえば、やはりアラフォー。年齢で言うと35歳だろう。

35歳といえば妊娠において「高齢初産」と呼ばれる年齢。そして東洋医学において女性は「7の倍数で体に変化がみられる」とされ、28歳で体が最も充実がするが、35歳を境に容姿の衰えが出てくると言われるのだ。そのほかにも「もう夜更かしできない」「新陳代謝が急に衰えた」「お肌の曲がり角」など、この年齢近辺の女性であれば、こんな愚痴を一度はこぼしたことがあるだろう。

続きはこちら

チョコの旬到来。プロ直伝「このチョコにはこんな飲み物がオススメ!」

プロ直伝「このチョコにはこんな飲み物がオススメ!」チョコとホットコーヒーの組み合わせがおいしく感じられる季節がやってきた。コンビニには芋、栗、かぼちゃなど期間限定の商品が続々登場したり、ラ・メゾン・デュ・ショコラなど有名ショコラティエの新作発表があったりする。

通年楽しめると思っていたが、「チョコにも旬がありますよ!」というのは、通信販売会社フェリシモでチョコレートのバイヤーをしているみりさん。

「日本は湿度と気温が高くチョコには向いていない気候ですが、乾燥して寒い12〜2月になると品質はもちろん、艶が良いチョコが楽しめます。
真冬でも高級チョコは冷蔵庫にしまっておくと思うのですが、出してすぐ食べてはいけません。常温に戻してから食べると持ち前の“口どけ”がより良く感じられますよ」

個人的にはコンビニやスーパーで手に入るのも、有名ショコラティエのものも大好き。今シーズンのトレンドはどんなチョコなのだろう。

続きはこちら



独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。