モテ期先月27歳になったフミエさん(商社勤務)から、思いがけない相談を受けた。誕生日の前後2週間の間に3人の男性から告白されたというのだ。

学生時代も今も、同性からは「優しい安心感のあるお母さんタイプ」として慕われているフミエさんだが、恋愛といえば片思いばかり。これまで男性から告白されることはなかった。

「誕生日の2週間前に会社の同僚から『付き合って欲しい』と言われ、なんて返事をしようかと考えていた矢先に大学時代の同級生から、その翌週には友人の結婚式で会った男性から告白されました。こんなことは初めてなので、どう対応すればいいのかわからないんです」とフミエさん。ちなみに、友人たちは「フミちゃんにモテ期到来!」と興味津々なのだという。

「モテ期」は、一生に2回あるという説もあれば、一生に3回あるという説もあるようだ。モテ期の体験談は自慢話に聞こえる場合も多いので、自分からは話しにくい話題だが、「教えて! goo」や「Yahoo! 知恵袋」、「発言小町」などで、モテ期について検索すると、実はかなりの人が「モテ期」を体験していることがわかる。

「モテ期は2回ありました」と言うのはヒロエさん(37歳・専業主婦)。「1回目は19歳~21歳、2回目は24歳~25歳の頃です。1回目のときは、アルバイトに行けば必ずデートのお誘いがありましたし、スクランブル交差点の真ん中で、いきなりお茶に誘われたりもしました。2回目のモテ期では同僚から遠回しにアプローチされている間に、2人の男性からプロポーズされまして、そのうちの1人が、今の夫です」と照れながら話してくれた。ヒロエさんは、笑顔が可愛いキュートなタイプだが、特別な美人というわけではない。

今回お話を伺ってみて興味深かったのは、1回目のモテ期に交際することになった男性からヒロエさんが言われた「ものすごくキラキラして見えて、はまった」という言葉。モテ期とは知らず知らずのうちに特別な「キラキラ」を発する時期なのかもしれない。

モテ期のキラキラを感じてくれる男性がとても限定的な場合もあるようだ。「22歳から24歳の頃、外国の方にばかりモテた」と話してくれたのはコノミさん(27歳・派遣)。「都内のカフェで、ブラジル人の方にナンパされたり、旅行で知り合ったフランス人にいきなりプロポーズされたりしました。一番の思い出は、アラブの大金持ちに『私の第4夫人にならないか』と誘われたことです。さすがにお断りしましたが、記念にとアクアマリンの指輪をいただきました。今は、もう一度、モテ期が来て欲しいと思っています(笑)」(コノミさん)

体験談を聞いていると、楽しそうなモテ期だが困ったことも起こる。苦手なタイプの男性にばかりモテて困った、あるいは、自分が知らないところでファンクラブを作られ嫌な思いをしたという女性もいる。友人は「電車で一目惚れをしたという男性につきまとわれ、怖い思いをした」と話してくれた。

ライター仲間のミワさん(38歳)は、33歳で結婚するまで、夫のYさん以外に声をかけられたり、告白されたりという経験はなかったのだが…。「35歳~36歳にかけて、なぜかモテました。飲みに行っては声をかけられ、取材先でも声をかけられたりしました。不倫は嫌だし、既婚だってわかっていて声をかけてくる男性は本当に嫌なので、全部お断りしました(笑)。モテるなら結婚前の20代の頃がよかったです」とミワさん。確かにその通り!

一方、「モテ期はなかった」または「今のところモテ期は来ていない」という女性も少なくない。ただ、その中には、容姿端麗な女性もいて驚かされる。友人のミドリさん(36歳・派遣)は「夫以外にアプローチしてくれた男性はいなかった」と言うが、実は学生時代、彼女に憧れていた男子が何人もいたことを知っている。ミドリさんは、彼らにとって憧れの存在であり「高嶺の花」だったのだ。

ミドリさんに限らず、地味系のおとなしい男性にばかりモテてしまうと、自分のモテ期に気づかないまま過ごしてしまう場合も多いはず。「好きなら、好きと言って!」というのが女ゴコロだが、ときにはゆっくりと周囲を見回してみることも大切だ。

いつ来るかわからない、自分ではコントロールできないモテ期だが、仕事や住まいなど環境が変わるとやって来るという説がある。また、彼と別れた後や大失恋の後などや、人間関係の環境が変わったときに、「集中的にモテた」という話も。「モテ期はなかった」という人は、例えば、いつもは着ない色の服にチェレンジしたり、新しい習い事を始めたり、できることから自分の環境を変えてみてはどうだろうか? ポジティブに頑張る女性から発せられる「キラキラ」に惹きつけられる男性は多いはずだ。

この記事の執筆者

神田はるひ

神田はるひ

埼玉在住。メーカー勤務を経て、紆余曲折の末フリーライターに。コラムやエッセイの他、メルマガ制作やコピー制作など守備範囲は広い。趣味は料理と散歩。冷蔵庫にある物を使って作る創作料理には定評がある。占いによると「大器晩成」らしいが、まだそのときはきていないらしい。
公式ブログ