1169452_41235159今年の秋、結婚予定のサユリさん(28歳・不動産関連)は、姉夫婦の会話の無さに不安を覚えている。子どもたちがいるときは、家族4人で楽しそうに話しているのだが、夫婦2人になると、ほとんど話をしないという。「姉に聞いたら『ただ話すことがないだけで、嫌いなわけではないし、他の家もそんな感じじゃない』って。夫婦ってそんなものなんですか? 私と彼もそうなるのかしら?」と。しかし、結婚してから、何年たっても相変わらず会話が多い夫婦もいる。一体何を話しているのだろうか?

平日でも1時間から2時間近く会話をしているという、結婚20年目の山本さんご夫妻(夫・コウジさん、妻・ノリコさん)にお話を伺った。コウジさんの帰宅時間は21:30から22時の間。その後24時に寝るまでの間、コウジさんがお風呂に入っている時間以外は、ほとんど話しをしている。

「一番多いのは、中学生と高校生になる娘たちの話です。お互いの仕事の愚痴も言い合いますね。その他、新聞だったら、『あの記事読んだ?』とか『これ読んでみて。すごくいい話だよ』みたいな話もします。最近は、NHKの『ゲゲゲの女房』のビデオを見てから、『ゲゲゲの鬼太郎』の思い出について語ったりもします」(ノリコさん)
1歳違いのコウジさんとノリコさんには、小中学生の頃に見ていたアニメやドラマ、好きだったアイドルなど、共通の話題が多い。例えば、コウジさんがリビングで山口百恵さんの曲を流せば、2人とも歌えるし、曲にまつわる思い出をそれぞれが語りだすという。当時のアニメやドラマの数だけ、アイドルの数だけ、会話のネタがある。

「どちらかが面白い漫画や本を読んだら、相手にも読んでもらって、感想を言い合ったりします。でも、自分が読みたくないもののときは、無理して読んだりはしません。会話のコツは、お互いの話に興味を持つことと、適当に受け流すこと。そのバランスが大切なんだと思います」(ノリコさん)

40代半ばを過ぎても、ディズニーランドのアトラクション待ちのときは、永遠に終わらない「しりとり」で盛り上がるそうだ。「くだらないことほど、コミュニケーションでは大切だと思います」というコウジさんの言葉が興味深い。

次にお話を伺ったのは、結婚39年目を迎える中田さんご夫妻(夫・誠さん、妻・マサコさん)。自営業の中田さんご夫妻は、仕事でもプライベートでもいつも一緒。どんな会話をしているのだろうか?

「思えば、結婚前から会話は多かったですね。うちの場合は、旅行や食事の話題が多いです。去年からは2人で町会の理事になったので、近隣の事情などがよく話題にのぼります。気がつけば、39年間仕事でも、家でも2人でしゃべり続けています(笑)」とマサコさん。「町会でも2人ともパワー全開で、しゃべりまくっているので、周りからみると、夫婦漫才のようだとよく言われます」と誠さん。

中田さんご夫妻の場合、他の人との会話もとても多く、初めてのレストランでも、すぐに店長さんなどと親しくなり、2回目からは常連さんなみになるそうだ。できそうでできないことだけに、中田ご夫妻のコミュニケーション能力が羨ましい。

最後にマサコさんに「話のキャッチボールを続ける上で大切なポイン」について伺った。「共通の趣味や価値観が同じだと話題に事欠きませんね。似たもの夫婦は、考え方が似ているのでしょう。喧嘩をしそうになったら、どちらかが一歩引くといいかも…。我が家では、誠さんが2~3歩引いていますね」(マサコさん)

少し前の話で恐縮だが、「がっちりアカデミー」(TBS系列)というテレビ番組で、勝間和代さんが「夫婦の会話が1日16分増えると、月10万円分の『トク』」と話していた。仮に夫の給料が10万円減ったとしても、日常の会話が16分あれば、それで同じくらいの幸福度が保てるのだという。しかし、1日16分の会話でさえ難しい夫婦が少なくない。

先に紹介した山本さんご夫妻は、2人でしゃべりながら散歩をしているのを見た知人から「夫婦だったらあんなに話すはずはないから、もしかして愛人?」と聞かれたことがあるそうだ。「妻と話すのがめんどう」という男性や「夫と話しても、面白くない」という女性も少なくないだけに、この勘違いは笑えそうで笑えない。

何はともあれ、縁あって一緒になったのだから、2人でいて楽しい方がいい。夫婦の会話が少なくなってきたと感じたときは、新婚の頃を思い出して、共通の話題を見つけるのもおススメ。昔のアルバムを開いたら、思い出もあれこれでてくるはず。長い人生を2人で楽しく暮らして行くためにも、会話を増やす努力と工夫も大切だ。

この記事の執筆者

神田はるひ

神田はるひ

埼玉在住。メーカー勤務を経て、紆余曲折の末フリーライターに。コラムやエッセイの他、メルマガ制作やコピー制作など守備範囲は広い。趣味は料理と散歩。冷蔵庫にある物を使って作る創作料理には定評がある。占いによると「大器晩成」らしいが、まだそのときはきていないらしい。
公式ブログ