先日、女子会を開きました。
皆様にとって、女子会ってどんなイメージでしょうか?
おしゃれカフェで、ひらひらのワンピースなんぞ着て、
カフェラテ飲みながら恋話でキャピキャピ…。
そんな感じでしょうか。
私、梅村ゆずが行う女子会は、そんなナマ温かいものじゃございません!
(いや、そういう雰囲気は大好きで、むしろ憧れるんですけど)

今回の女子会会場は、潮干狩り場でした。
獲ったアサリで夕食を作るという、半自給自足的な感じで。
私はTシャツに長靴、帽子というラフな格好だったのですが、
友人は結構な、手作り網に年季の入ったクーラーボックスや
熊手にゴム長ゴム手袋、座って獲るためのイス…。
紫外線対策にも抜かりがなくサンバイザーに帽子、サングラス、
汚れてもいい長袖と、いっさい肌の露出がない、完全武装でした。
…正直「どこのオバサンだよ?」と思いましたが、潮干狩りには正しい姿なんですよね。
暑いぐらいの日差しの中、散らばってガリガリとアサリを探す三十路どもの姿…。
まったく絵にならないです。色気も何にもない。

そして話す会話ときたら、やれ疲れやすいだの、派遣切りだの、
みんな結婚して置いてけぼりだの、まぁ出てくる出てくる悲しい話。
その中で、厄年の話なんかも出てました。

今年、私は後厄なのですが、お払いすることなどすっかり忘れていました。
みんなが「急いで行って来たほうがいい」と急かすので、
「お払しなくたって、この半年は平和に過ぎている」と反論したさなかに、
イワガキで手の親指を切りました。大流血を起こし、しばしリタイヤ。
「それみたことか」と友人に言われ、たまたまじゃい!と返していました。

その後、なんとか人数分は獲れて、よかったよかったと運転していた帰り道。
後ろからパトカーが追いかけてきて、私の車のナンバーを呼んでいる!
止まったらお巡りさんがやってきて、一時停止を無視してたとのこと…
パトカーの中に入れられ、免許証を提出し、指紋を取られ、
一点減点&罰金7000円也。トホホ。

後日、すぐにお払いに行ったことはいうまでもありません。

来年休んだら、また前厄の始まり。女の30代は厄だらけ!
お払いはお早めに。

◆作家プロフィール◆
レオプロフ●梅村ゆず:33歳、独身エロ漫画家。まだアラサーと言ってもいい範囲なのか?毎月「エロい絵を描く仕事に追われ、ないとわりと不安」を繰り返して、ただただ年を取っている。生まれ変わったらちゃんと勉強して、ちゃんとした人生にしたい。漫画家歴14年目にもかかわらず、単行本すら出たことがない事実。あ、でもイラストで参加ってことなら経験アリ。『三十路女の借金返済days』(著・ゆりみそ イラスト・梅村ゆず)

エッセイ漫画を読みたい方はこちらから!

独女用ゆるっとcafe
独女用ゆるっとcafe