今さらですが、トイレで用を足した後、トイレットペーパーの先をみなさんはどうしていますか?

「家のトイレでは普通に切り取りますが、余所のお宅に伺った時には先を三角折りにします」
というのはヤスコさん(34歳・会社員)。
「母がいつもお客様が家に来る時は、清掃した後でトイレットペーパーの端を三角折りにしているので」
同じくミホさん(27歳・派遣)も、自宅ではしないが、「彼の実家に初めていった時にトイレをお借りしたのですが、きちんと三角に折ってありましたので、私も使用した後はきちんと三角に折っておきました」とのこと。

2人とも訪問先ではトイレットペーパーの端を三角折りにするのはマナーだと思っているようだ。

この三角折り、もともとはホテルやレストランなどで、清掃担当者が清掃完了の証に折るもの。それを真似て折るようになったという人が多いのだが、自宅でトイレットペーパーを三角に折る人はどのくらいいるのだろうか?

クリーンネットサービス株式会社が実施した、トイレットペーパーに関するアンケート(有効回答数3,242人)によると、「トイレットペーパーの端を三角に折りますか?」の質問に、「折らない」と答えた人が80.6%と大半を占めた。

男性は「折らない」が92.3%だったのに対し、「折る」「外出先では折る」は、わずか7.6%。
女性は「折らない」が73.6%だったのに対し「折る」「外出先では折る」は26.3%。
年齢別にみると、20代後半から30代前半の女性の多くが三角折りを実施しているようだ。

ところが三角折については「後に入る人のことも考えてよ」というこんな声がある。

「用を足した手でするわけでしょ。汚ないじゃないですか」
「手を洗わない手で折った三角の先を後に入った人が触るんですよ。上品や親切という気持ちでやっている方もいるみたいですがやめてほしいです」
「前に入った人が三角に折ったんですけど、汚いからその部分はちぎって使いました」

気配りだと思っていた三角折りが、こんなに不評だったとは!
実は筆者は三角に折れたトイレットペーパーが汚いとは感じたことがなかった。自分の前に入った人が三角に折ってあると、なんて礼儀正しい人なのかとその人の評価が上がったし、自分も訪問先では三角折にしていた。
しかし、三角折にするのは用を足した使用後の手。確かに不潔です。
企業などで社員教育をしていたマナ―講師の青山さんにも聞いてみたが、「マナーだと思って三角に折っている人がいますが、用を足して、手を洗う前に折るのは不潔です。マナーでもなんでもありません」とのこと。
トイレ使用時にトイレットペーパーを三角に折っていたという独女のみなさん、これからは、トイレットペーパーはミシン目できちんと切る。これだけで十分トイレでのマナーになるようです。
年末年始、出かけることも多い季節ですが、トイレでは次に使う人のことも考慮して、清潔に使うよう心がけましょう。 (オフィスエムツー/佐枝せつこ)

参考:http://www.toiletpaper.co.jp/vote/result01.html

独女通信 配信中!フォローして下さいね!

この記事の執筆者

佐枝せつこ

佐枝せつこ

テレビ局勤務を経て小説を書き始める。著書に第24回横溝正史ミステリー大賞最終候補作「ベッド・イズ・バッド」「家内安全」「光冠」ほか。2007年より「独女通信」の執筆陣に参加。「婦人公論」に母親たちの極寒婚活模様が掲載。婚活、介護、婚外、恋愛など女性の様々な生き方をテーマに執筆活動を展開中。
オフィス saeda 公式サイト