30代に入ると痩せにくくなると言われている。悲しき「中年太り」だ。

一日のカロリー総消費量のおよそ7割を占めるのは「基礎代謝」。けれど年齢を重ねるごとに筋肉量は減り、代謝の悪い体になっていく。とくに女性は下腹部に脂肪がつきやすく、20代のころと同じように生活していると、いつの間にか「おばさん体型」になることが……。ただ、遺伝などさまざまな要因から、太りにくい体質の人もいる。痩せている人はどんな生活を送っているのか?

20歳のころから体重が変化していないという千穂さん(36歳)は、現在身長161cm、体重50kg。痩せているのに胸は大きいというグラビア体型である。

「基本的に食に執着がありません。できることなら、植物みたいに水と空気だけで生きていきたい(笑)。私の場合、脂っこいものを食べ過ぎたり、揚げ物の油が古かったりすると、数時間後には腹痛でのたうち回るほど……。だから自然と高カロリーな食事を避けるように。痩せている人は胃腸が弱い人が多いような気がしますね」

こってりしたものが苦手で、カルボナーラ、ピザ、クリームたっぷりの洋菓子は絶対に口にしないそう。「夏場はそうめん、冷麺、冷やし中華のローテーションになる」ので、たいてい痩せてしまうとか。千穂さんに「夏こそガツンと焼肉!」といった発想はない。

「少なくともここ3年はラーメン店に入っていない」のは、身長163cm、体重46kgの聡美さん(34歳)。聡美さんも小食で、大人の一人前の量が食べられない。

「ランチを外で食べると1/3くらい残してしまうので、会社にはお弁当を持参。ただし、すぐにお腹がすくのでおやつは必要。少ない量を1日5回くらい食べるサイクルですね。ラーメンはどんぶり一杯を食べきった経験がない。カウンター席で残すのが気まずくて、なかなかお店に入れません」

背脂系こってりラーメンだったら、半分も食べられる自信がないそう。時間をかければ食べられるかもしれないが、麺がのびてまずくなる。ラーメンって痩せている人には難易度が高いのだ。

こうした<天然系痩せ女子>とは対照的に、体型維持に努めている<努力型痩せ女子>もいる。エリカさん(25歳)は身長159cm、体重46kgだが、「油断するとすぐにお腹周りがきつくなる」そう。

「しっかりとした食事は昼食のときしか摂りません。できるだけ身体を動かすようにしていて、通勤時は1時間くらい歩きます。寝る前のストレッチ&マッサージ、歯を磨きながらのヒップアップは日課。おふろ上りは裸のまま全身鏡で体のラインをチェックしています」

美意識の高いエリカさんだが、職業はモデルではなくOLである。同じ女性として見習いたい。
さて、さまざまな痩せ女子に話を聞いていくと、意外な共通点が見つかった。それは「一日に何度も“大きい方”をすること」である。美春さん(37歳)は、「食べ放題でピザ2切れしか食べなかった」経験のある<天然系痩せ女子>。

「休日など、家にいるときはコーヒーを何杯も飲みます。だけどコーヒーを飲むとお腹がゆるくなるのか、一日に何度もトイレで大をしてしまう。友達に『牛か!』とつっこまれます」

前出の千穂さんも「ポンプのように、食べたらトイレに行きたくなる」と笑う。
「一日に2~3回出るのが普通ですが、多いときは5回くらい出ます。我ながら、きちんと栄養を吸収しているのだろうか?と、不思議ですよね」

車に例えるなら「燃費が悪い」ということ。体型維持の面ではうらやましい限りである。最後に、痩せ女子たちに悩みを聞いた。

・顔に肉がつかないため、少し痩せると「顔色悪いよ」と周囲から心配される。貧相に見えるのでしょうか?(34歳)
・悪気なく「ダイエット中です」というと嫌味にとられることが。「痩せなくていいじゃない」「こう見えて痩せていないのよ」というやりとりも煩わしい。(27歳)
・風邪をひくと、「細いからねぇ」と言われる。痩せて見えるのは胸が小さいからで、お腹は出ているのに……。(36歳)
・痩せている人は神経質な性格のイメージ。ふくよかな人の大らかな空気に憧れます。(33歳)

なお30代以降は安易に食事量を減らすと、より基礎代謝が低下する場合がある。下剤の乱用は危険性が高い。やはり一般人が痩せるためには地道に運動するしかなさそうだ。(来布十和)





独女通信 配信中!フォローして下さいね!

この記事の執筆者

来布十和

来布十和

出版社、編集プロダクション勤務を経て、2002年よりフリーランスライターに。中学生向けから主婦系まで女性誌を中心に幅広く執筆活動を行っている。得意分野は美容、料理、30代女性の恋愛&結婚ネタ。