以前から気になっていたラブホテルでの女子会。最近は「女子会プラン」を打ち出しているラブホテルもあり利用者からの評判も上々のようです。

また「女子会プラン」の有る無しに関わらず、女性グループでの宿泊や休憩もじんわりと増えているというお話も耳にします。興味津々で体験談をお聞きしました。

「ラブホで友だちのバースデーパーティーをしました」と話してくれたのはリホさん(28歳・販売)。きっかけは、誕生日を迎える友だちが「ラブホに行ってみたい!」と言ったことだそうです。

「どこのホテルにするかは事前にHPで確認して決めました。凝った内装のところもあってビックリ! 当日は最終電車を気にしないでゆっくり話せたし、大きなジャグジーバスに皆で入ったりして楽しかったです」

でも、ちょっとばかり気まずいことも……。「入り口で部屋を選んでいるカップルに遭遇してしまって、『何? この人たち』みたいな顔をされましたが、まあ一瞬のことだし想定内のことですね」とリホさん。

他にも「ラブホの女子会はカラオケよりもくつろげる」「誰かの家に集まるよりも気軽に盛り上がれる」といった体験談もいただきました。一方で「昼間から女性グループがラブホテル街をウロウロというのはどうかと思う」という苦言もあります。

お気に入りのアーティストを追いかけて全国各地のライブ会場へ遠征する“バンギャ”の皆さんにもラブホテルは好評のようです。ツバキさん(27歳・アパレル関連)は「遠征するときはもちろんですが、友だちとDVDを観るときなどもラブホを利用しています」と話してくれました。

ラブホテルに泊まることに抵抗はなかったのでしょうか?
「以前、ライブで遠征したときに泊まったビジネスホテルがあまりに酷くて……。友だちに愚痴ったら『ラブホの方が良いよ!』と勧められました。最初は『えええっ!?』って思いましたが、友だちの話を聞くうちにラブホの見方が変わりました。夜中に別の部屋の男性たちにドアをノックされるようなことは無いので安心です」

ホテルを選ぶ際には事前にHPを見て、宿泊料金や部屋のタイプ、料理の評判やお風呂、アメニティーなどもチェックするそうです。もちろん友だちからの口コミは重視!

「大阪で泊まったラブホは、プロジェクターがあったのでライブDVDが迫力満点で楽しめました! 七色に光るお風呂も楽しかったしアメニティー類も充実していました。朝食はもちろんルームサービスで、とても美味しかったです」

ライブ会場に近いラブホテルの中には、ライブの半券を見せると割引になるところもあるのだとか。女子3人組なら通常料金の1.5倍になるし、部屋もキレイに使いますからホテル側にとってもメリットはありそうですね。

利用目的が多様化しているラブホテルですが、昔ながらのちょっと怪し気な所もまだまだ存在しています。ホテル選びには十分注意をして賢く楽しく利用しましょう。(オフィスエムツー/モーリー・由子)

女子向けコラムがもっと読める! 無料ニュースアプリ「Peachy アプリ(Android)」


独女通信 配信中!フォローして下さいね!

この記事の執筆者

モーリー・由子

モーリー・由子

なんでもこなさなければいけない低予算のWeb制作の仕事をしているうちに、いつの間にかライターが本業に。得意分野は恋愛と女性心理。ドラマ「相棒」の大ファン!