「私もあんなふうになりたい」20代独女の心に潜む “モーニング娘。”先月無期限活動休止していた後藤真希さんが、芸能活動を再開したというニュースがあった。

後藤さんといえば、一世を風靡した国民的アイドルグループ「モーニング娘。」のレジェント。とはいえ彼女たちが人気絶頂だった2000年頃、アラフォー世代の筆者はすでに社会人。世代的にはダイレクトではないので、復帰のニュースにも「良かったね」くらいの軽い感情しか浮かばなかった。


■恥ずかしながら、今でもアイドルになれるかもと考えます

だが、先日20代の女性たちと話をする機会があったのだが、彼女たちが興奮気味に話していたのが、この話題だったのだ。

「私にとってゴマキは神」と語るハルコさん(27歳)は、中学生の頃、後藤真希さんのサイン会に足を運ぶほど大ファンだったそう。

「モー娘。の中でもクールな存在感。そのすべてが私の憧れでした。私もあんなふうになりたい、どうしたらなれるんだろう? 中学生の頃は本当にそればかり考えていた気がします。私とゴマキは同年代ですが、その影響もあって『いつか自分もゴマキみたいなアイドルになれるんじゃないか?』なんて夢を見ていた時代もありましたよ」


モー娘。が輝いていた2000年頃、現在20代の女性たちは小中学生。自分と同年代の女の子たちがオーディションを勝ち抜き、アイドルになるためにさまざまな修行を経て、国民的スターになる。その当時、彼女たちはその過程をダイレクトで眺めていた世代なのだ。そんな時代背景の中、ハルコさんのように「いつか自分もアイドルに…」と夢見てしまうのは、むしろ自然なことなのかもしれない。


■いつか私のもとに素敵なジャニーズ系の男の子が来てくれる?

一方「万が一今スカウトされて『アイドルにならないか?』と言われたら、確実に『なります!』と即決しちゃうと思う」と語るのは、チエさん(24歳)だ。

「恥ずかしながら今でもいつか自分はアイドルになれるかも? と夢見ています。それはやっぱり昔モー娘。をみていた影響だと思う。だから恋愛も同じノリで、夢見ちゃうところがある気がします。そんな私にこの前仕事の先輩が『お前はいつか私のもとに素敵なジャニーズ系の男の子が来てくれるかも? って夢みているだろ。正直、自分の存在価値を高く見積もりすぎ! お前はアイドルじゃないんだから』と言われまして(笑)。ひどいって思ったけれど、否定できない」

そういえば「AKBでもモー娘。に憧れていた子は多い」と、テレビで大島優子さんや篠田麻里子さんが語っていたのを目にしたことがある。モー娘。の存在により、当時多くの女の子たちが「私もアイドルになりたい!」と夢見たのは、間違いないだろう。

しかしその夢が今でも続いており、それがチエさんのように恋愛にも影響しているとしたら…?


■アイドルじゃなくても、今は恋愛より仕事が大切!

そこで筆者は23歳のカオリさん(職業クリエイター・彼氏ナシ)に、「彼氏がいないこととモー娘。の影響」について話を聞いてみることに。

「確かに私の世代はみんな何かしらモー娘。の洗礼を受けています。ただ私の場合は正直、モー娘。よりも雑誌の読者モデルに憧れましたね。でもルックス的に無理だから、雑誌をつくる裏方になろうと思ったんです。確かにモー娘。の出現以来、憧れの対象がなんとなくみんな身近で『私もなりたい!』と思いやすいのかもしれませんね。で、私もいま彼氏がいませんが、『恋愛より今は仕事よ!』と考えてしまいます。それってモー娘。の影響ですかね? なんとなく自分の同世代がたくさん芸能界で活躍しているので、負けられない! と思っちゃうのかも」

同年代の女の子が、努力してスターになる姿を見てきた20代独女。現在のAKBもそうだが、かつてのモー娘。は恋愛スキャンダルがあると、グループを脱退するといった「恋愛禁止の掟」のようなものが存在した。もしかするとそれは、20代の女性たちが「今は恋愛より仕事!」と考える大義名分になっている部分もあるのだろうか。

当然だが彼女たちはアラサー、アラフォー独女とは違い、結婚に対する現実味や焦りなどがまだそれほどないという面もあるだろう。しかし筆者をはじめ、30代以上の独女は皆知っている。20代という貴重な女性としての旬は、ものすごい速さで過ぎてしまうこと。そしてそれを悔やんでも、その時は二度と戻ってこないこと…。そう考えると20代独女たちにとってモー娘。の存在というのは、なかなか罪深いものなのかもしれない(橋口まどか)

<関連リンク>
女性に訪れる「第二次アイドルブーム」 かわいいから応援したい!
<独女通信 アンケート実施中!>
アラフォーの薄着はどこまで許される?(7/25まで)
独身者への不躾な言動を受けたことはありますか?(7/25まで)

この記事の執筆者


橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。ここ2年で6キロ太り、ますます女子力に磨きがかからない。取材でモテる女性の秘訣を探ることはや5年。知り合う男性にもつい取材モードで話を聞き、気がつけば自分の恋愛のタイミングをすっかり失っている。近年はサッカー観戦にハマるが、活躍する選手のほとんどが年下なことにショックをうける。