森三中・黒沢の擬似結婚から見えた、理想の夫婦像日曜の昼間にテレビをつけていたら、女芸人「森三中」最後の独身・黒沢かずこが電撃結婚!? ウエディングドレス姿の黒沢と、イケメンの結婚会見が始まった。この衝撃映像は「サンバリュ 『私たち結婚しました』」(日本テレビ系)という番組で、もしも芸能人同士が夫婦になったら? という想定のもと、擬似新婚生活を送るという企画のようだ。

8月10日に放送された同番組では、森三中・黒沢とイケメン俳優・田中幸太郎が初対面で新居を与えられ、共同生活へ突入。椿鬼奴によると恋愛経験「ゼロ」で人見知りの黒沢が、いきなり結婚というハードルの高い展開となっていた。


目を合わせようとせず緊張気味にみえる黒沢に、夫役の田中はいいかんじのサポートをする。料理ができると言う割に何も出来ない、ちょっと残念な田中だが、黒沢の料理を「センスすごいね、本当」「美味しい!」と、素直に褒める。仕事が早く終わった時はデートに誘うなど、距離を縮めようと積極的にアプローチしていた。

また、ごはんを食べさせ合ったり、手をつないだり、朝食を用意して優しく起こしにくる朝の“じゃれあい”など。新婚っぽい甘い場面もあり、見ているこっちはキュンとしっぱなし!

田中のサポートもあって、徐々に心を開いていく黒沢。なぜかちょっと自信家で天然な田中は、何事もポジティブに捉えてくれ、どちらかというと暗い黒沢と相性がいいようにみえた。そんな2人がお互いを思いやり、支え合う姿に「結婚っていいな~」と憧れた視聴者は少なくないはずだ。

結婚に憧れる独女はつい、気が利いてなんでもこなせる素敵な夫との、完璧な夫婦生活を夢見てしまいがち。でも、番組の最後に黒沢は、「(幸ちゃんは)完璧じゃない、わたしも完璧じゃない。そこをお互いが埋められるのが結婚なのかなって思った」と語った。

完璧じゃないからこそ、助け合い支え合うという基本的なことを、初々しい2人の新婚生活から改めて感じさせられた。また、つい自信を失ってしまいがちな独女には、お互い完璧じゃなくても楽しい夫婦生活は送れるんだ! と、希望に繋がったのではないだろうか。

今回は1度きりの企画で終わってしまったが、韓国で制作されているほぼ同じ趣旨のバラエティ番組「私たち結婚しました」は、シーズン4を迎えるほどの人気番組となっている。キュンとなりたい方は併せてこちらもどうぞ。(non)

<関連リンク>
日常にラブチャンスあり! 新婚カップルが語る「結婚したきっかけ」

<独女通信 アンケート実施中!>
ひとり暮らしの女性のみなさん、時短のコツを教えてください。(8/26まで)

この記事の執筆者


non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。お酒を飲みながらだらだらとテレビを見るのが至福のひととき。