9月に入り、まだ暑い日もあるものの、秋めいた風を感じる瞬間が増えてきた。この夏の海外渡航者数は、推定263万人と多くの人がバカンスを楽しんだようだが、忙しい独女の中には「夏休み? 何それ?」状態の人も多いことだろう。

今月公開される新作映画は、そんな独女の気持ちを知ってか知らずか、世界各地を舞台にしたトリップ・ムービーが勢揃い。長い休みがとれない働き独女に、映画で楽しむ世界旅行はいかがだろうか。

〜パリ〜
『ウィークエンドはパリで』/9月20日公開


独女世代にはたまらない『ノッティングヒルの恋人』監督最新作。結婚30周年を祝いに、パリ旅行にやってきた熟年夫婦の危機と絆を描いた人間ドラマ。好奇心旺盛な女性が巡る観光地、フランス料理の美しさは観ているだけで心踊る。夫婦は一筋縄ではいかないから面白い、なんて、結婚してもいないのに思ってしまうほど爽快な仕上がり。

ウィークエンドはパリで


〜リスボン/ポルトガル〜
『リスボンに誘われて』/9月13日公開


2004年に敢行以来、31ヶ国で発売、全世界で400万部を突破したベストセラー小説が原作。離婚後、孤独な独り暮らしを送る高校教師が、この世に100冊しか存在しな本と出会う事からはじまるストーリー。本の作者に想いを馳せ、思わずリスボン行きの列車に飛び乗ってしまう主人公の姿は、「このまま遠くに行ってしまいたい」という大人の気持ちを代弁してくれるよう。また、主人公がロマンスグレーの紳士な所もポイント高。


〜世界半周旅行〜
『バツイチは恋のはじまり』/9月20日公開


「一度目の結婚は失敗する」というジンクスにとらわれ、「同棲中の大好きな彼の前にテキトウな誰かと一度結婚しておこう!」と考えた主人公が巻き起こすラブコメディ。さっさと結婚し、さっさと離婚するつもりだった相手の世界半周旅行に付き合う内に、次第にその“練習台”の彼に惹かれていって……。日本でも大ヒットを記録した『最強のふたり』の製作陣がプロデュース。世界の名所がギュッと詰まったキュートな物語だ。


〜インド〜
『聖者たちの食卓』/9月27日公開


インドの「黄金寺院」に500年以上続く、人種も、階級も関係無くお腹を満たす事ができる共同食堂を映したドキュメンタリー。大きな大きな鍋で煮込む10万人分(!)の豆カレーは圧巻。毎日忙しくて一人でデスクランチ、家でもコンビニごはん……なんて独女にとって「食べること」の意味を今一度教えてくれる貴重な映像の数々だ。


〜フランス〜
『世界一美しいボルドーの秘密』/9月27日公開


お酒好きの独女なら観た後に必ずワインを飲みたくなるので、仲良しの友達を誘って。フランス・ボルドーワインに魅了された人々を追ったドキュメンタリーだが、ワイナリーや作り手に密着したのでは無く、ビジネスを紐解いていくところが珍しい作品。ワイナリーを持つ映画監督、フランシス・フォード・コッポラにも取材しているところも注目。(石黒マミ)

※ 写真は『ウィークエンドはパリで』。
(C)2013 Free Range Films Limited/ The British Film Institute / Curzon Film Rights 2 and Channel Four

<関連リンク>
なぜ別れない? 映画『捨てがたき人々』『私の男』に見る“ダメ男”の魅力

この記事の執筆者


石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。日々独身スキルのレベルあげ中!アニメとか映画とか漫画が好きなインドア派。