■飲み会が嫌いな若者は全体の56%!

気が付いたら飲み会で“ポツン”となる独女たちへ。それでも参加したほうがいい!忘年会やクリスマスなど、12月といえば1年でもっとも“パーティ”や“飲み会”が多いシーズン。だが昨年「第一三共ヘルスケア」が行った調査によると「会社の飲み会が嫌い」と答えた20代の男性サラリーマンは全体の56%だそう。若い世代における“飲み会離れ”はものすごい勢いで進行しているといえる。

だが、飲み会嫌いが多いのは20代サラリーマンばかりではない。

「気心しれない仕事関係の飲み会が大嫌い。特に最悪なのは立食パーティ!」と語るのは、独女のハナコさん(35歳・出版)だ。

「立食パーティに出ると、周りの輪に上手くは入れず必ずポツンとしちゃうんです…。手持ち無沙汰でやることといえば、料理とお酒をひたすらとって食べるのみ。できることなら参加したくないけれど、この年齢になるといろいろ付き合いもあるしそうもいかない。自分以外の人は一体どうやって上手くやり過ごしているんだろうかと思います」

一方「飲み会で上司にうまく気配りができないのが悩みなんです」と語るのは、若者世代のヨウコさん(25歳)。

「いわゆるお酌や大皿料理の取り分けといったことですね。『やらなきゃ!』という意識ばっかりしてしまい、全然楽しめません。しかもやろうと思ったら、別の気が利く同僚が先にやっていたりする。そもそも私はお酒がほとんど飲めないので、お酌のタイミングとか全然分からないんです。こんな風習、なくなればいいのに」


■立食パーティでポツンとしているのはあなただけじゃない!

立食パーティでのポツンや、お酌や取り分けでのオロオロ…飲み会が苦手な人にとってはかなりの“あるある”ではないかと思われる。かく言う筆者も実は大の飲み会嫌い。立食パーティでは高確率でポツンと過ごし、いい歳なのにお酌のタイミングをいつも見誤る始末。

そこで今回は筆者の目からみても、パーティでいつも中心にいるタイプの人に「どうしたら飲み会で上手に過ごせるのか?」を聞いてみることに。するとかなり意外な答えが返ってきたのである。

「立食パーティなんて、参加者のほとんどが同じようにポツンと居心地悪く感じているものでしょ。自分もそうだし、だからそういうものだと思って気にしない」

そう語るのはFacebookに書き込みをすると短時間でものすごい数の「いいね!」やコメントが集まるリア充(筆者目線)のチハルさん(37歳)。本当に? 飲み会が苦手な人からすると、自分以外のすべての参加者が楽しそうに見えるのだが…。

だがやはり人望が厚く友人が多い男性のAさん(38歳)も「パーティは自分も苦手」だと話す。

「こう見えてかなり人見知りなんですよ。見えない? 確かに営業の仕事をしているし、ある程度人と話すのは苦痛じゃない。でもそれはあくまで“仕事”だから。自分にとっては飲み会で上司にお酌するのも気心知れない人としゃべるのも全部仕事。そう割り切れば楽ですよ。だから過剰に相手にも期待しませんし」


■10回参加して9回つまんなくても、次は何かあるかも…

彼らの話を聞いていると、自分を含め「飲み会が苦手」と自認している人が感じる「自分以外の人はみんな楽しそう」というジレンマや劣等感は間違っているのかも? と考えてしまった。ただ彼らに共通しているには「飲み会に過剰な期待をしない」といういい意味での開き直り。だから自然体に振舞うことができるし、自然と人も寄ってくる(ように見える)のではないか。

ちなみに前述のチハルさんからはこんなアドバイスも。

「飲み会なんて大抵面白いものじゃないけれど、でもせっかく誘われたら行った方が絶対に自分にとってはプラスだと思います。参加すれば知り合いは増えるし、そこから仕事や人間関係が広がるチャンスは絶対あるから。10回参加しても9回は終始ポツンとなって『あーつまんなかったな』となるかもしれない。でも10回目には自分の人生を変える出会いがあるかもしれないでしょ。何も行動をしなかったら、自分に対して何もプラスになりませんよ」

確かに家に引きこもってテレビやネットを眺めていたり、気心知れた仲間とだけつるんでいるのは楽だし落ち着く。でもそうじゃない人だからこそ、まったく違った可能性が開けてくるかもしれないのだ。

そう考えると、飲み会参加にも勇気が湧いてくる。自分も今年は積極的にパーティに参加するぞ、うん。(橋口まどか:独女通信)

<関連リンク>
合コンの定番質問「休みの日の過ごし方」にはなんと答える?
リーマンセキララ白書 Vol.03 若者の「飲み会離れ」は本当か!?

この記事の執筆者


橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。ここ2年で6キロ太り、ますます女子力に磨きがかからない。取材でモテる女性の秘訣を探ることはや5年。知り合う男性にもつい取材モードで話を聞き、気がつけば自分の恋愛のタイミングをすっかり失っている。近年はサッカー観戦にハマるが、活躍する選手のほとんどが年下なことにショックをうける。