打倒アラサー! 20代婚活女子の本音とは?30オーバーの女性なら、一度は20代女子に対し「若くていいな」「選びたい放題」と思ったことがあるのでは? しかし、20代の彼女たちにも悩みがあるようです。それは、同年代の男子を、年上であるアラサー女子に取られてしまうこと…。実はお互い、ないものねだりだったんですね(笑)。

■ 20代男子は年上好き!?

先日、25歳前後の女子が集う会に参加させてもらいました。そこで驚いたのが、彼女たちが年上女性に対し、ライバル意識を持っていたこと。

確かに筆者の周りを見渡しても、20代の頃は年上男性ばかり追いかけていた子が、30歳を超えたあたりから年下男子に乗り換えるケースが増えています。そこで、年上女性に対するイメージを彼女たちに聞いてみると…。


「身近で精神的にも金銭的にも自立している30歳前後の女性を見ると、社会に出たばかりの私が子どもに思えるみたいです」(23歳/金融)

「仕事ができて趣味もあって交友関係も豊か。そんなすべてを兼ね備えるような魅力的な女性に敵う気がしません!」(25歳/事務)

「結局男はマザコンだから、包容力のある女性を選ぶんですよね。結婚願望の強い男子は、特に年上を選んでいるように思います」(26歳/販売)

彼女たちの言うことは確かに一理ある気がします。しかし、筆者が彼女たちと同じ年頃の時、上記のようなことを考えていたでしょうか。どちらかというと、「年増のおばさんに負けるわけがない!」と若さゆえの根拠のない自信はあった気がするのですが…これも時代の違いでしょうか。いまどきの20代女子は、謙虚で奥ゆかしいのかもしれません。


■ 逃げ道を作って恋愛を!

さてさて、そんな出来事を三十路会に持ち帰り出てくるのは、「結婚向きの男をかっさらうのはお前たち(20代半ば)だろー!」という声。まぁ、事実やっと結婚する気になった頃合いの男性が選ぶのは、ちょうどよく社会人経験を積み、それなりに遊びを覚え、女性の色気を醸し出し始めた20代半ば以降の女性が多いですよね。

それぞれ言い分があるわけですが、客観的に考察すると、20代女子も30代女子も、考えていることは同じ。隣の芝生が青く見えているだけ。結局は、“彼氏ができない”“結婚できない”という理由を、年齢や経験値のせいにして、言い訳しているのです。

とはいえ、何をするにも「逃げ道(=言い訳)」があると気持ちは楽になるもの。ならばいっそのこと、割り切って逃げ道を作りながら恋をすれば、婚活ももっとうまくいくのではないでしょうか。ずるいかもしれませんが、結婚を約束してくれないような彼氏は右目で見て、もしかすると結婚する可能性がある男性を左目で探してみると、案外効率良く婚活も運べるかもしれませんよ。 (恋愛ウォッチャーaYa)

<関連リンク>
アラサーピンチ! 恋活・婚活の若年化

この記事の執筆者


恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現。自他ともに認める恋愛体質と好奇心から趣味と仕事を兼ねた恋愛必勝テクニックを日々研究・発信中。