“嫌いになったわけじゃないけど別れる” 理由は「彼の仕事」20代半ばを過ぎると、長く付き合った相手と別れるカップルが増えてくる。どうしても女性側が結婚を意識してしまう年齢だし、この人とこのまま付き合い続けていていいのか、と考える時期なのだろう。

相手が子供嫌い、相手の家族とうまくいかない、女癖が悪いなど別れる理由は様々だけれど、最終的に相手のことを“嫌いになったわけじゃないけど別れる”という選択をすることもある。その理由のひとつとしてあがるのが「彼の仕事」。


アラサーだとリアルに考えてしまう、決して遠くない将来の生活。結婚して、子どもも育てるとして、相手の収入は大丈夫? シビアな話だが、無視できないお金の問題だ。

友人Aはお互いの両親にも紹介し合い、同棲もしていた。しかし、彼の仕事がなかなか続かない。新たな業界にチャレンジする姿を毎回応援するも、職を転々としてばかりの彼との結婚に踏み切れず、結局別れてしまった。

友人Bの30代後半の彼は、安定した、端から見てもいい職場を突然辞めると言い出した。Bは、2人にとって大切な時期なのに「なぜこのタイミングなのか」と受け入れられないとこぼした。やりたいことがあるなら構わないが、そういうわけでもないらしい。不安になり別れを決めたBは「なんでもっと早く真剣に婚活してこなかったんだろう」と嘆いている。

もちろん、仕事や収入だけで結婚相手を決めるわけではない。自分も当然働くけれど、それでも妊娠したら仕事を休まなければならないし、相手を支えたい! と思うくらい好きだとしても、そうは上手くいかないのが現実だろう。出産、子育てのことを考えると、あまり迷っている時間がないアラサー女子の判断はシビアだ。(non)

<関連リンク>
20代、30代の女性のうち約1/3は「彼が結婚を意識してくれなかったので、別れを考えた」

この記事の執筆者


non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。お酒を飲みながらだらだらとテレビを見るのが至福のひととき。