元カレ・元カノのSNSをチェックするのは何割?どこにいてもSNSさえやっていれば、ある程度行動を把握できてしまう現代。恋人と別れた傷跡は「時間が忘れさせてくれるよ…」なんて言葉の説得力は、SNSによって薄れてきつつあるのかもしれません。

果たして別れた恋人たちは、元カレ・元カノのSNSをチェックしてしまうものなのか? チェックするきっかけはどんなことなのか。恋愛・結婚マッチングサービス『pairs』の会員約6000名に聞いた結果からは、意外な男女差が浮かび上がりました。


まず「元恋人のSNSをチェックしたことはありますか?」という質問を投げかけたところ、男性の約4割が「はい」と回答。一方、同じ質問をした女性の約6割が「はい」と回答しました。「男のほうが過去の恋人を忘れられない」なんて言われていますが、この結果をみる限り、女性の方が元恋人のSNSが気になっているようです。

また、「元恋人にSNSをチェックされていたらどう思いますか?」という質問からは、「どちらでも良い」「少し気になる」に次いで、男性の約2割が「チェックされたくない」と思っていると同時に、それを上回る約3割の女性がそう思っていることもわかりました。

では男女ともに、どんな時に元恋人のSNSをチェックしたのでしょうか。「はい」と回答した方のエピソードをご紹介します。

■ 元恋人のSNSをチェックしようと思ったきっかけは?(女性)

「相手の奥さんの顔が見てみたかった」(25〜29歳)
「別れたあとに、他の女の人と遊んだりしてるのか気になった」(25〜29歳)
「友達の友達でリストにのっていたので、見てしまった」(25〜29歳)
「結婚しているかの確認のため」(40〜44歳)
「相手が落ち込む形になってしまったので、しばらくしてからどんな状態なのか少し気になりチェックしました」(30〜34歳)
「友達と元彼の話題になって、さみしいとき、など」(25〜29歳)
「今を幸せに生きているかの確認」(25〜29歳)

■ 元恋人のSNSをチェックしようと思ったきっかけは?(男性)

「少しでも元に戻れたらって思うから」(35〜39歳)
「今なにしてるなかなぁ、とかたわいもないことを気にしてしまいます」(25〜29歳)
「幸せになれたかどうか気になるから」(18〜24歳)
「さみしくて暇なときに見てしまった」(25〜29歳)
「別れた理由が本当だったかどうかの確認」(40〜44歳)
「元気してるかなと思ってチェックした」(18〜24歳)
「チェックというか友達リストに入ってて近況のアップがあったので」(30〜34歳)

一度は恋人にまでなった相手のことは、未練あり・なしに関わらず気になっていることが伺えますね。

調査項目:元恋人のSNSをチェックしたことはありますか?(単一選択)
元恋人にSNSをチェックされていたらどう思いますか?(単一選択)
元恋人のSNSをチェックしようと思ったきっかけは?(自由記述)
調査対象:『pairs』会員 約6000名

<関連リンク>
・恋愛・結婚マッチングサービス『pairs』
http://www.pairs.lv/

<関連記事>
わかっちゃいるのに、SNSで自慢してしまう理由