再出発を後押しするサービス「指輪買取」別れたパートナーからもらった贈り物。あなたはどうしていますか?

筆者は、バッグや洋服などに関しては「物に罪はない!」と言い聞かせ愛用していたこともありますが、さすがに指輪となると、処分するのを躊躇してしまいます。でも、ずっと手元に置いておくのも未練がましいような…。

■ 贈られた時は嬉しいけれど、別れてしまうと困るもの

『恋学』が実施した「元恋人からもらったプレゼントをまだ持っていますか?」というアンケート結果からは、プレゼントを手元に置いている女性が半数以上いることがわかります。(画像:『恋学』2015年2月26日現在のデータ)


この結果を見て、つい先日離婚が成立したばかりの友人がこんなことを言っていたのを思い出しました。

「二人で一緒に買った物はほとんど処分したけれど、どうしても婚約指輪と結婚指輪だけは捨てられないの。まだ未練があるし、この指輪は2人の結婚生活を見守ってきてくれた御守りのようなもの。必要ないと思えるまでは大事にしたいの…」と。

それを聞いた別のバツイチの友人は、「さすがに婚約指輪は取ってあるけれど、やり直すことはないし、そのうち結婚指輪なんてどうでもよくなるよ! でもさ、確かに婚約指輪ってダイヤがついているからもったいなくて捨てられないよね」と、結局はこちらも手元に残しているよう。

もらった時はあれほど嬉しかった指輪も、別れてしまえばこれほど処分に困るものもありません。


■ 断捨離して再出発!

そんなある日、とある集いで指輪買取業者社長と出会いました。タイムリーすぎる出来事に半ば驚きながらも話を聞いてみると、失恋や離婚をネガティブにとらえるのではなく、新しい出発のための手助けをするサービスとして「結婚指輪/婚約指輪の買取専門店」を展開しているそう。

さすがに離婚したての友人には紹介できませんでしたが、別の友人に利用を促してみたところ、彼氏から貰った指輪を「高く買ってもらえた~!」という弾んだ声が。利用者の中には、指輪を売ったお金で海外旅行に行きリフレッシュできたという方もいたそうです。

「断捨離して再出発!」と題し、元カレや元旦那さんとの思い出の品である指輪を手間なく、好条件で引き取ってくれるというこのサービス。指輪の処分に困っている方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。(恋愛ウォッチャーaYa)

<関連リンク>
【女性限定】元恋人からもらったプレゼントをまだ持っていますか?
結婚指輪買取 | 指輪買取専門店

<関連記事>
独女にとっては「紛らわしい」 結婚指輪をしない既婚男性の事情とは?

この記事の執筆者


恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現。自他ともに認める恋愛体質と好奇心から趣味と仕事を兼ねた恋愛必勝テクニックを日々研究・発信中。