告白しないで、男性に好意を伝える方法4選アラサー、アラフォーともなると、学生時代と違い「好きになったら告白!」というわけにもいかないことも多いですよね。

そこで、恋愛・結婚マッチングサービス『pairs』の30代、40代の男性会員約700名に聞いた「自分に好意を持っていると感じる、異性の言動は?」というアンケート結果から、男性はどんな言動を“自分への好意”だと感じるのかひも解いてみました。

■ 何も言わなくても、目線で勝負!

「目を見つめてくる…」(40〜44歳)
「目を見て話す」(35〜39歳)
「よく目が合う」(40〜44歳)
「目を見ながら話をする」(40〜44歳)
「よく目が合ってにっこり」(35〜39歳)

多かったのは「よく目が合う」「目をみながら話す」といった回答でした。会話をする際には、男性の目を見るようにすると好意が伝わりやすそうです。

■ 積極的に話しかけてくる

「積極的に話しかけられる」(30〜34歳)
「向こうから話しかけてくる」(30〜34歳)
「趣味の話しに乗ってくる」(40〜44歳)
「よく話しかけてくる、共通の話題を探そうとする」(45〜49歳)

「好き!」とダイレクトに伝える前に、積極的に話しかけることから始めてみてはいかがでしょうか?

■ 質問=好意と受け取られる?

「自分にたくさん質問してくる時」(30〜34歳)
「よく質問してくる人はだいたい気がある(内容にもよるけど」(35〜39歳)
「自分のことをよく知ろうと質問したり」(40〜44歳)
「突っ込んだ質問をされる」(45〜49歳)

積極的に話しかけるだけではなくて、彼自身のことについて質問をすると、より効果的なようです。

■ ズバリ、連絡をマメにとろう!

「連絡してくる頻度がたかい」(30〜34歳)
「まめに連絡をくれる」(35〜39歳)
「連絡先を聞かれる」(40〜44歳)
「何度も連絡してくるとき」(45〜49歳)

まずは連絡先をもらうところからですが、その後自分からマメに連絡をとると、好意が伝わりやすそうですね。


調査項目:自分に好意を持っていると感じる、異性の言動は?(自由記述)
調査対象:『pairs』男性会員 約700名

<関連リンク>
・恋愛・結婚マッチングサービス『pairs』
http://www.pairs.lv/

<関連記事>
恋愛に必要なのはポジティブシンキング!モテ子に学ぶ恋を叶える方法