「最近、 体重がなかなか減らないと感じますか?」という問いを、20代〜60代の男女300人に投げかけたところ「減らないと思う」と答えた人が30代、40代では60%を越えた。これは20代の約50%に比べ10%以上高い結果となっており、若い頃に比べ体重が減りにくくなったと感じている人が多いようだ。(※)

20代の頃と同じように動いていても、なかなか減らない体重。原因は、年とともに低くなる代謝にもあるだろう。でも、春が終われば容赦なく夏がやってくる…。なんとかしてその前に痩せたい! と思っている方に、日々の生活の中で気軽に代謝をよくする方法について、ダイエットカウンセラーの大西ひとみさんに伺った。


■ 適度な運動とカリウムがポイント!

トロピカーナ ココナッツウォーター 470ml大西さんによると、近年ダイエットや美容に良いとココナッツが注目されている中、特にオススメなのが「ココナッツウォーター」なんだそう。

「ココナッツウォーターがダイエットに注目されている理由は、カロリーが低く、ココナッツウォーターに含まれるミネラルの一つ、カリウムにダイエット効果があると言う点です。カリウムは利尿作用を高める効果があり、身体に不要な老廃物や余分な水分を尿として排出してくれます。利尿作用が高まると、身体に余分なナトリウム(塩分)を排出してくれるので、むくみを解消する事が出来るのです。

むくみが解消されると自然と身体がすっきりした感じになり、ダイエットを頑張る気持ちも一層高まります。むくみは血液の流れやリンパの流れを悪くすると考えられていて、新陳代謝を低下させてしまう事も考えられます。

また、カリウムが体外に不要な老廃物を排出してくれる事で、体内の代謝を阻害する毒素が減り、代謝アップの手助けにつながる可能性を高めてくれます。ココナッツウォーターは、毒素排出効果のあるカリウムとマグネシウムが含まれているので、運動と合わせて飲むとよりダイエット効果を感じられるようになるかもしれません」(大西さん談)


適度な運動に加え、カリウムやマグネシウムを上手に取り入れることがダイエットには効果的なようだ。夏になる前に、身体に不要な老廃物や余分な塩分を排出しむくみを解消することで、少しでもスッキリした身体に。さらに、代謝アップが期待できるなんて一石二鳥だ。

でも、南国でココナッツにストローをさして、チューっとすっているイメージの「ココナッツウォーター」は、日本でも手軽に飲めるのだろうか? 探してみると、日本でもいくつか「ココナッツウォーター」を取り扱っているメーカーがあるよう。夏がくる前に、お味も含めて一度試してみてはいかがだろうか。

■ トロピカーナ ココナッツウォーター 470ml(140円/税別)

昨年夏季限定で発売され、ココナッツウォーター飲料として売り上げNo.1となった同商品。ゴクゴク飲める水分補給飲料として、低カロリーでよりスッキリした味わいになり4月21日(火)から全国発売。ペットボトル1本あたりで470mgのカリウム入り。

■ 森永乳業 トロピココ 330ml(137円/税別)

日本人の味覚にあわせ、ココナッツウォーターに果汁やはちみつなどをブレンド。カリウムをはじめとしたココナッツ由来のミネラルが豊富な、ナチュラル志向の方に向けたスポーツドリンク。


■ 大西ひとみさん(パーソナルトレーナー・ダイエットカウンセラー)
9 年間アメリカ、ロサンゼルスでパーソナルトレーナーとして経験を積み、帰国後は自身が提唱する「Trans4fit」の考えを広めるべく、様々なメディアで活動。運動と食事はダイエットに欠かせない要素であることを伝え続けている。


(※)株式会社ネオマーケティング調べ(2015年3月19日〜3月20日実施)
首都圏在住の20代〜60代の働く男女300人を対象にした「健康意識」に関するインターネットリサーチより

<関連リンク>
耳グネグネと、あとは? 皮膚科医直伝「ラクして美肌」を手に入れるコツ