雨が待ち遠しい! うきうきのレイングッズパァっと晴れたらキャンプ、サイクリング、登山など、アウトドアが楽しい季節だが、ジメジメとしたイヤ〜な梅雨がもうすぐそこまで来ている。私事で恐縮だが、梅雨になると髪が膨張し、湿度と汗で肌がベタベタになるためあまり好きではない。そして今年も、何十回目かの梅雨を迎えようとしている。嫌だな……。

ヘコんでいてもしょうがないので、今回は梅雨を逆に楽しく過ごせるようなグッズを見つけることにしよう。周囲の“雨降り好き”の独女から、最近のレイングッズの情報を収集してみた。

さて雨が降ったらまずは傘! もともと傘はカラフルなものが多いけれど最近はどんなものがあるのだろう?


「チープなイメージのビニール傘もキュートなプリントが施されているものがたくさん出ていますね。英国王室御用達ブランドのFULTON(フルトン)は特にイチオシで、ポップなプリントだけじゃなくてドーム型の形がカワイイ」というのはまりこさん(35才)。

ビニ傘までも英国王室御用達! 早く広げたくて雨が降るたびにワクワクしそうです。また、さゆきさん(33才)は濡れたかさを収納できるケースに注目しているとか。

「濡れたままだと収納に困る折りたたみ傘の収納ケースは、中に吸水パッドがついているものがオススメ。水漏れしないので、満員電車の中でも気兼ねしなくなりました」

雨の日の満員電車は、人の濡れた傘がずっと足に触れていたり、またその逆もあったりして本当に憂鬱だ。いっそのこと傘なんてささないという選択肢はいかがだろうか?「レインコートがオススメ!」というみきさん(35才)は、こう語る。

「レインコートは着ている部分は濡れないし、小さく畳んで収納できるのがいいです。干しておけばすぐ乾くし。着ていると雨粒がレインコートに当たる“ポツポツ”という音が心地いいですよ。アウトドアやサイクリングなどスポーツするなら、シャツとパンツに分かれたセパレートタイプ、町歩きにはポンチョタイプがおすすめですね。全体をすっぽり包み込んでくれるので、バッグなどの荷物も濡れずにすみますよ」

最近ではバッグを雨から守るレインバッグ(トートバッグなど)やザックカバー(リュックサック用)、ひざ下から足の甲までの水濡れを防ぐレッグカバーもある。こうしたグッズを傘やレインコートと併用してみるのもいいかもしれない。

服は濡れたとしても拭けばいつの間にか乾いていたりするが、靴は濡れると厄介だ。素直にレインシューズを選んだほうが賢明である。

「いわゆる長靴(ロングブーツ)だと本格派のHUNTERとかが有名ですけど、ファッションブランド発のレインシューズがたくさん出ています。パンプス、スリッポン、ショートブーツまで。カラーもデザインもバリエーション豊富です。ラバーやPVCで作られた、いかにも“雨の日用”じゃなくて晴れた日にも履いていけそうなものもあるので、通勤や普段履きに違和感なく使えそうです」(ちかさん・35才)。

調べてみると、コンパクトにたたむことができる長靴もあるそうだ。傘、レインコート、レインシューズと大きく3つにわけて紹介してきたが、気になるアイテムはあっただろうか?

雷雨やゲリラ豪雨が突発的に発生することが多くなったせいか、雨対策のグッズがよりオシャレに機能的になっている気がする。

天気が不安定なこれからの季節。せめて晴雨兼用の折りたたみ傘くらいは持っていたほうがよさそうだ。今のうちにかわいいデザインの機能的なアイテムをゲットしておこう!(パンチ広沢)

<関連リンク>
雨が待ち遠しい! うきうきのレイングッズ

この記事の執筆者


パンチ広沢

パンチ広沢

今ごろになって東京スカイツリーに行ってみようと思います。登りながら独女らしい切り口が見つかったら記事にします。独女らしい楽しみ方、募集中!