SNS盛Facebook、Twitter、instagram、LINE、多種多様なSNSサービスたち。独女たちも何かしらのSNSを利用している事だろう。独女通信でも「元カレ・元カノのSNSをチェックするのは何割?(http://dokujo.jp/archives/51877923.html)」など、SNSネタを度々取り上げ、色々な反響を得てきた。

そんなSNSを上手に活用し、自分の魅力を“盛る”為のテクニックが満載なのが、犬山紙子さんによる著書『SNS盛』だ。

『SNS盛』は、「SNSが普及する前は、自己顕示欲の発散のさせかたがわからなくって、でも痛いって言われるのも怖くってフラストレーションが凄かった」と語る犬山さん自身の体験談に、すぐ使えるアイデア、それぞれのSNSの特徴などが紹介された読み応え抜群の一冊。

「Facebookタグ付けの悲劇」など、読み物としても面白く、SNSをやっている人なら「あるある!」と共感してしまうネタが満載だ。

「Facebookで狙った男子の恋愛事情をリサーチ」、「夜中のエモいつぶやきは女友達の良いオカズ」など、気になる項目はたくさんあるが、今回犬山さんには独女むけSNS盛ポイント4つを教えてもらった。

盛り=自慢では無いので要注意!

Facebookでよくおこるのが、子供の写真、オシャレな女子会写真、海外旅行の写真などなど「それって自慢ですか?問題」。「“SNS盛”というのは本来その人が持っている魅力をより良く見せる為のテクニックなので、盛り=自慢では無いんです」と犬山さん。自分を“リア充”に見せようと、無理して小洒落たメニューをアップしたり、忙しいアピールする必要は無いというわけだ。

また、Facebookではそれが誰にむけての投稿なのか、一瞬考える事も大切だという。「例えばお菓子作りが趣味だとして、作ったお菓子をアップする時、男子にカワイイと思われたいのか、料理好きの人にコメントをもらいたいのか、でも文章が変わってきますよね」と犬山さん。書籍『SNS盛り』の中でも紹介されているが、料理をアップする時に「これとこれを混ぜるだけでカンタン」「○○を隠し味にすると美味しいよ!」など一言添えるだけで、ただの料理自慢にならないというのは、確かに納得だ。

新しい知り合いが出来た時には一発“男前”アピールを

「今日もラーメン」「居酒屋ではもっぱら日本酒とアン肝」などなど、女子がやりがちな男前投稿も、度が過ぎると逆にあざといと思われがち。しかし、Facebookで新しい知り合いが一気に増えた時や、いいなと思った男子とつながった時は「彼氏いないアピール」と「私居酒屋とかも誘いやすい女ですアピール」が出来て有効なのでは無いかと、犬山さん。

ここぞ! という時に使う為にも、日頃のあまり意味の無い男前投稿は止めておいた方が良さげである。

女子に多めのキメすぎプロフ写真に注意

SNSに登録する際、一番迷うのはプロフィール写真。『SNS盛り』の中には友好的な写真の使い方も紹介されているが、「旅行に行った時の写真、アウトドア中の写真、自然な写真の方がウケが良いと思います」と犬山さん。確かに、独女世代ともなると婚活を見越しているのか、キメキメな写真を使っている人も多い。中には「それスタジオで撮ってるよね!?」という気合いの入ったものも。ガッツいている感が出ない様にも、キメすぎの写真には気をつけたい。

“オシャレ欲”はインスタにぶつけろ!

そんな犬山さんが今一番ハマっているのが、インスタ(instagram)だそう。というのも、「インスタは写真をアップするという特性上、使っている人の顔がちょっとだけ見えますよね、だから変な事書かないんだなと思って、安心して使えます。悪口やおっさんからの変なコメントなど、そういった事も無くて平和なんです」と犬山さん。

筆者も知る限り、インスタの世界ではモデルさんがコーディネートを投稿すれば「like」や「どこで買ったの?」「カワイイ!」などの好意的なコメントや反応が多く、Twitterの様に荒れている様子は見られない。

また、犬山さんはこうも続ける。「インスタにももちろん男性のユーザーはいるんですが、女子が“女子ウケ”に走れる場所なんですよね。コーデを投稿している子も、男ウケは考えてない。女子校みたいな空気感がとても居心地が良くて。

私、インスタをやっていない頃はオシャレ欲をどこに発散すれば良いのか分からなかったんですが、今は思い切りぶつけています」と犬山さん。確かに、かくいう筆者も美味しい食べ物やコスメ、新しく買った洋服などはFacebookやTwitterに載せず、インスタに載せている。キレイなものばかりが並んだ一覧を見るだけで幸せだし、likeやコメントが付けばさらに嬉しい。これが良い感じにストレス解消になるのだ。

SNSの特性を知る事で上手な使い分けが出来て、自分の魅力をアップしようという、とてもポジティブな考えの『SNS盛』。読むだけで面白く、実践的なので、独女たちにオススメしたい一冊である。(石黒マミ)

SNS盛
犬山 紙子
学研マーケティング
2015-03-10

<関連リンク>
元カレ・元カノのSNSをチェックするのは何割?

この記事の執筆者


石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。日々独身スキルのレベルあげ中!アニメとか映画とか漫画が好きなインドア派。