引越し疲れブスにならないための、独女流引越テクニック引越しは気分転換にもなるし、新しい出会いもあるけれど「とにかくあの面倒くささがイヤ」っていうことありますよね。引越し会社の手配にはじまり、荷造りから新居のインターネット手配や住民票の移転まで…。途中で「あっ、あれやってなかった」と冷や汗をかいた経験がある方も多いのでは。

結果、引越しが終わったら心労でヨレヨレ、筋肉痛でバキバキ。回復するのに何週間もかかったという事になりかねません。


■独女の味方! 使える引越しリマインダーサービス

引越ししたいのにあの手間が…という独女に最適なサービスができたと聞いてお話を伺ったのは、『引越しラクっとNAVI』を運営するリベロの横川さんです。以下敬称略でお届けします。


編集部
「引越しが独身女性にも楽にできるという噂を聞きつけてやってまいりました」

横川
「ありがとうございます(笑)。『引越しラクっとNAVI(https://hikkoshi-rakunavi.com/)』はとにかく引越しをラクに、そして安く便利にするためのサービスです。引越しに関するほぼすべてのリマインダーをセットできるので、あれを忘れた! みたいな事が無くなるんですよ」

編集部
「それは安心ですね。昨年引越ししたのですが、そのときに一番大変だったのは、引越し同時見積もりでした。見積もり依頼した瞬間に電話が鳴り続け、対応するだけでぐったりで」

引越し疲れブスにならないための、独女流引越テクニック横川
「そうでしょうね。いわゆる引越しの相見積もりサービスは見積もり依頼をすると、そのメールを引越し会社が1本いくらで買っているんです。だから争って電話がかかってくるわけです。そうすると結果として同じ内容を何度も別の業者にしないといけない。これは大変です。

弊社は企業の転勤時の引越し代行サービスから始まっていまして、弊社のサポートセンターが引越し内容をお客様から詳しく伺い、各引越し会社に伝えます。見積もりもすべて弊社のサポートセンターからとりますので、その手間は一気になくなるんですよ」

編集部
「それはありがたいです! でも引越し各社と直接やりとりするのと比べて、価格的にはどうですか?」

横川
「お客様が引越し会社と話す場合、ほとんどのケースでは素人さんですので、少なめ、軽めに伝えられます。すると引越し会社にとったら見積もりの内容と全く違って大赤字! ということになりかねません。だから引越し会社は余裕を持って見積もらないといけないので、なかなか安くはなりにくいのです」

編集部
「ええーー!」

横川
「これに対して、私どもはまず引越しのプロであるサポートセンターがお客様の状況を詳しく聞いて、その後見積もり依頼をしますので、業者側も安心して精一杯の見積もりを出してくれます。お客様によっては安いより丁寧なところがいいとか、いろいろご要望もあると思いますのでそういった提案もいたします」

編集部
「なるほど。そうすると手数料はどれくらいかかるんですか?」

横川
「無料です。契約が決まった業者さんから弊社が手数料を頂く仕組みですので。だからといって手を抜いたりはしませんよ。100%お客様の立場で交渉します」

編集部
「それはいいですね! 他にはどんなサービスがありますか?」

横川
「うちが得意なのは、事前に引越しされる先の状況を調べて、一番オススメできるインターネット会社さんをご紹介するサービスです。実はインターネットって全国どこでも均一のサービスではないんです。この地域ではここが安定しているとかあるわけで、転居先からそれを調べ、引越しした日から使えるように手配します」

編集部
「私はインターネットについては引越してからでいいやと思っていたら、マンションの管理人は『よく分からない』とか言うし、キーーーッ! ってなりました」

横川
「(笑)ほかにも、そもそも引越ししたい場所の賃貸物件から探すなど、新たなサービスもスタートしています。
今ならオープン記念として、弊社で発行した「引越しする前に絶対読んでおきたい本」という電子書籍を無料で進呈しています。iBookストアでは550円で販売されているもので、この一冊があればパーフェクトな引越しができます」

編集部
「どうもありがとうございます。わたしも次回は利用させていただきます!」

横川さん、おっとりした感じですが、言うことは言うね! という方でした。みなさんもぜひ引越しが決まったらご利用下さい。なお引越しシーズンの4月と10月の直前は引越し料金が高くなるそうなので、なるべく余裕を持って手配するのが賢いそうです。

<関連リンク>
・引越しラクっとNAVI(https://hikkoshi-rakunavi.com/

<関連記事>
もうダメ物件は卒業!次に引っ越すときには重要視したい「アノ部分」