浴衣レポートいよいよスタートした、夏の花火大会シーズン。今年こそは浴衣で遊びに行きたい!

でも、浴衣用の髪型とメークをどうすれば? そもそも浴衣の選び方が分からない……。そう思っている独女の皆さんも多いはず。

もちろん筆者もその一人。そんな浴衣初心者の為にSHISEIDO THE GINZAが「今年は自分で着られるようになる!ゆかたの着こなしとヘア&メーキャップ講座」を開催。

■色と模様で雰囲気はガラリと変わる! 上手な浴衣選びのコツ

広告をはじめ着物のデザインも手がけ、さまざまなアートディレクションをおこなう「西岡ペンシル」の代表の西岡範敏さんが、柄、染め、素材といったゆかたの基礎知識をレクチャー。


浴衣レポート

浴衣と言えば、藍色や青を基調にした涼しげな色や柄を選ぶ事が多い。しかし、今年の洋服の流行カラー、パステルカラーも浴衣にピッタリ。黄色のふんわりとした浴衣に水色の帯! そんな普段選ばない組み合わせはプロならではのチョイス。

浴衣レポート

また、同じ色の「縞模様」でも、縦、横、格子でイメージがガラリと変わる面白さ。縦はスッキリ、横はカジュアルに、格子はレトロでオシャレ上級者。大人だったらあえて格子にトライするのも◎。

浴衣レポート

■ 浴衣メークのポイント

さらに、セミナーでは資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト鎌田由美子さんによる、ゆかたに合うヘア&メークのレクチャーが。

浴衣メークのポイントとしては、

1:普遍的なキーワード「涼やかさ」
2:今年のトレンド「色っぽチーク」


を大事にすると良いのだとか。「涼やかさ」と言うと、ブルー系のアイシャドウ? と考えてしまいますが、クリームタイプのピンクやゴールドの細かいラメの入ったアイシャドウをまぶたにつけると、汗にも強くキラキラ涼しげ。

また、流行の「赤リップ」もべったりつけると暑苦しさを感じますが、透け感のある色をチョイスして、ポンポンと指でつけると薄付きで涼しげ。

チークは、普段の洋服の時のメークと雰囲気を変えて、目の下、黒目の延長線上から、高めにつけてあげると良いそう。上気した様な肌で色っぽさアップ。

■まとめ髪はブロッキング+小さなゴムで作る

浴衣レポート

浴衣の時にやりたい、まとめ髪。ただ結ぶだけじゃなく、ラフにまとまった髪型ってオシャレで素敵ですよね。

浴衣レポート

ラフなまとめ髪を作るコツは、髪の毛を左右、前、後ろとブロッキングして小さなゴムでしばり、二つの束を交差してねじりながらまとめていくと楽なのだそう。

浴衣レポート

ボブヘアなど髪が短い人は、サイドの髪の毛をねじったり、三つ編みにして片方だけまとめ、飾りピンをつけるだけで浴衣にピッタリの涼しげヘアに。メークもヘアスタイルも、いつもとちょっと違う演出を加えるのが浴衣を楽しむコツ。今年こそは浴衣を着て、花火大会や街歩きにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自分でのヘアスタイリングが苦手な方には、SHISEIDO THE GINZAのヘア&メーキャップサロン「ビューティーブーストバー」がおすすめ。プロが4,500円(税抜)でゆかたに合うヘアアレンジをしてくれますよ(2015年8月31日までの期間限定)。(石黒マミ)

<関連リンク>
SHISEIDO THE GINZAのヘア&メーキャップサロン「ビューティーブーストバー」今年の夏はゆかたでお出かけを★期間限定ゆかたヘアアレンジメニュー登場
<関連記事>
夏モテの王道! 浴衣デートでの注意点

この記事の執筆者


石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。日々独身スキルのレベルあげ中!アニメとか映画とか漫画が好きなインドア派。