彼が遠回しに口にしている「別れの言葉」3選恋愛も結婚も、結ばれる時より終わりを迎える時の方が何倍も大変ですよね。しかも昨今の男女は、自分にも相手にも甘い人が多いのか、自分も相手も傷つけないための“曖昧な別れ言葉”を選ぶ人が増えているようです。

そこで今回は、「これを言われたらその関係、実は終わってるでしょ」と言える、別れの言葉を3つ上げたいと思います。


■ 別れの言葉その1:「距離を置きたい」
距離を置きたいと思うこと自体、相手から離れたいと思っている心情がうかがえますね。プラス思考の人は、「距離を置き、冷静になれば再び想いがよみがえる!」と考えてしまうのかもしれませんが、自然消滅を狙っているのがみえみえの発言です。「距離を置きたい」と言われたら、もう別れたいんだなと受け止めた方が賢明です。

■ 別れの言葉その2:「嫌いになったわけじゃないんだけど」
つまるところ「恋愛感情はなくなった」、そう言われているも同然です。先日、友人もこのせりふを彼氏に言われたそうですが、友人の脳内では“嫌いじゃない=まだ見込みはある”と変換されたそう。いやいやいや、どう考えても違うでしょ? 「女としてみれない」と言われているようなものですから、そんな男との未来はないと心得、あなたから見切った方がいいに決まってます!

■ 別れの言葉その3:「友達に戻りたい」
筆者が思うに、このセリフが一番図々しい! なぜなら、男の言う「友達に戻ろう」は、都合のよいときだけ友達に戻ろうという意味だから。筆者の周りではこのせりふを真に受けた女性の十中八九が、セフレに降格しています。残念ですが「友達に戻りたい」なんて言葉を発すること自体、あなたに対して失礼極まりないと思った方がいいかも? 友達ではいられなかったからこそ、二人は恋人になったはずです。それを忘れ、彼女の存在を失うことへの覚悟もないため、軽々しく「友達に戻ろう」と言える臆病さ、ひいてはデリカシーのなさは、一生治らないでしょう。

■ 優しい嘘は信じない!
結局のところ、二人の関係は二人にしかわからないですし、その人の心の内は、その人にしかわかりません。けれど、優しい嘘をつこうとする人は、自分にも甘く、弱い人だと思います。そんなふうに、別れても「いい人」であろうとする人は、結局は自分が一番可愛いのでしょう。時として必要な優しい嘘。だけど、本当に相手を想う気持ちがあるなら、厳しい嘘をつける人であってほしいものですね。

■ 彼から別れの言葉を告げられたら?
玉砕を進めるわけではありませんが、上記3つの別れを含んだ言葉をかけられた際には、彼に真相を突き詰めるもよし。彼の言葉の真意をのみ込み、あなたから立ち去るのもよしだと思われます。どうしても好きで、関係を絶ちたくないという気持ちもわかりますが、愛し愛されない関係を維持していると、本当に自分にふさわしい人が現れても気づけなかったり、たとえ新たな恋に気づけても、大事な一歩を踏み出せずに時が流れてしまうことも。別れに迷った時は、「運命の人なら、たとえ別れを選んでもまた結ばれるもの」そう言い聞かせ、一度は離れてみるのもよさそうです。(恋愛ウォッチャーaYa)

<関連リンク>
潔い女性は幸せを掴む!? 女性が恋の「別れ」を決断する瞬間は

この記事の執筆者


恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現。自他ともに認める恋愛体質と好奇心から趣味と仕事を兼ねた恋愛必勝テクニックを日々研究・発信中。