アラサー独女でも幸せになる方法先日、相反するタイプの女友達と会っている時、二人が口論になりかけました。さて、みなさんはどちらの女性により共感できますか?


■ 白馬の王子様を夢見るA子


A子(30)の夢は専業主婦になること。本人いわく平凡な幸せを求めているだけだそうで、「年相応の年収で見た目も性格も普通でいいから、家族を大切にしてくれる人と結婚したい」。そう望んで早5年は過ぎるでしょうか、残念ながら未だ白馬の王子様は現れていません。

待てど暮らせど王子様が現れないA子はいつも、合コンや紹介で出会ったそこそこのイケメンと恋に落ち、交際までこぎつけます。その時は「この人が王子様に違いない!」と信じ結婚に向けてスタートを切りますが、一年と経たないうちに破局。その理由は「思っていた人と違った」「結婚相手には相応しくない」と、A子が見切ることがほとんどです。そしてまた、白馬の王子様を待ち続ける日々が始まる。結局のところ、普通の人では満足できない理想の高さが、結婚を遠ざけているタイプなのでしょう。


■ 楽しい恋愛だけ繰り返し、お姫様扱いを受け続けるB子

B子(32)は経済的にも自立した男顔負けのデキル女。もちろん彼女にも結婚願望はあるけれど、いかんせん誘惑に弱い。本人いわく「好きって言われるとすぐに自分も好きになっちゃう」という尻軽タイプ。そんな彼女でも男性を選ぶ合格ラインがあるそうで、「自分より年収が低い人」「尊敬できない人」はNGだとか。

彼女を見初める男性は幸いA子が求めている合格ラインに非常に近く、一般的にレベル高めの男性が集まってくるよう。

しかし、誘惑に弱いB子。二股や三股をしているときもある上、何故か付き合う男性からは尽くされお姫様扱いを受ける日々。なのに、結婚したいと思える男性に出会えないorすぐに気持ちが冷めてしまい、自分に欠陥があるのではないかと悩んでいます。


■ それぞれの言い分

話を本題に戻すと、二人の口論の原因は、相手を羨む気持ちからきているよう。

白馬の王子様を待ち続けるA子からすると、男性からチヤホヤされお姫様扱いを受けているB子が羨ましくて仕方がない。それなのにB子ときたら一向に一人に絞る気配がなく、いつまでもチャラチャラしている。「私はこんなに真面目に本気で恋愛に向きあっているのに、何でB子の方が幸せそうなの?」と嘆く。

一方B子は、A子のように専業主婦に憧れ、恋愛に一途になれる気持ちが理解できない。責任ある立場がそうさせるのか、あるいは過去の辛い恋愛経験がそうさせるのか、「恋愛よりも仕事」という考えが絶えずある。そのため、A子のような恋愛観で、男性に忠誠を誓うような人生を歩める女性を、理解できない反面、内心羨ましいと思っているようでした。


■ 幸せになる方法

収拾がつかなくなったので、3人が昔からよく知る男性に連絡をしてみることに。

すると、「男が追いかけたくなるのは自分よりちょっと上の、手に届きそうで届かないレベルの女」というコメントとともに、A子には「自分を愛してくれる奴と一緒になれば、愛されたい願望が満たされてお前はお姫様になれる! そして男に愛されているA子は、他の奴らから羨ましいくらい幸せに見えるぞ!」と断言。B子には「平凡な幸せなんて興味がないくせに嘘ついて羨ましがるな! 狙うならとことん上を目指せ!」というアドバイスをくれました。

結局、望む条件なんか揃っていなくても、誰かに羨ましがられなくても、他人と比べたりせず、自分が幸せだと思う恋をすることが、その人にとって本当の幸せと呼べるのではないでしょうか。一度きりの人生、後悔はしたくないですね。幸せはいつも自分の心が決めるのかもしれません。(恋愛ウォッチャーaYa)


<関連リンク>
初デート後、「2 回目も会いたい」と思った女性の特徴は?

この記事の執筆者


恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現。自他ともに認める恋愛体質と好奇心から趣味と仕事を兼ねた恋愛必勝テクニックを日々研究・発信中。