2015-09-14-14-08-16多趣味で多忙な友人の話を聞き、既婚女性たちが「タフだね」「すごい!」と口々に讃えたところ、本人は「独身は暇なのよ、本当に!」と照れ笑い。

独り身で親も元気だし子供もいない、という状況だと、確かにプライベートで他人に煩わされることは少なく、仕事が忙しくても、それなりに自由になる時間が結構ありますよね。

すべて自分の自由になるからこそ、時にはちょっぴり持て余してしまう、そんな瞬間がある方もいるのではないでしょうか。そんなときにおすすめの過ごし方は? 独女通信では、アンケートを募って調査してみました。


■ ひとり時間を充実させる人、新しい世界にチャレンジする人

まずは女性陣に独身時代、「いつもの過ごし方」に飽きてきたとき、どんな事に取り組んだか尋ねたところ、回答は「ひとり遊び」派と、「新しいことに挑戦」派の2タイプに分かれました。

まずは、ひとり遊び派から。

「ひとり飲み歩き。ひたすら飲む」「図書館や、市の公共施設に行く」「占いにハマって自分で勉強し始め、他人も占えるようになった」「普段は好きなアニメやゲーム。飽きてくると、ヨガやエクササイズDVDを見ながら体を動かす」「仕事終わりにレイトショーに通う」「家の模様替え、インテリアに凝る」など。ひとりでも十分に没頭できる趣味・活動を持てると、たっぷりある時間も豊かに過ごせそうですよね。

一方、新しいものに挑戦した、という人も。

「よく行っていたイベントのボランティアスタッフを始めた」「ゴルフです。上司に長く誘われていましたが、ついに手を出してしまいました。でもゴルフができると交際範囲が広がって思ったより楽しんでいます」「前から興味があったフラメンコに通い始め、スペイン人の友達もできた」「習字やお茶、着物などの習い事」「マイナーな国に旅行をする」など。勇気を出して一歩を踏み出してみれば、新しい世界や交流が広がり、大いに充実感を得られることもあるようです。


■ 「料理」「運動」は長続きしやすい!? 長期間ハマった趣味は

また、独身時代が長くなってくると、「長くハマれる趣味や活動」を見つけることも大事になってきますよね。どうせお金や時間を使うのであれば、心から楽しめて、長続きできる趣味が欲しいもの。せっかく始めても途中で飽きてしまったり、“時間つぶし”や“義務”のようになってしまったりするケースもありますよね。そこで、「長続きした趣味にはどんなものがあるか?」についても尋ねてみました。

まず多く見られたのが、料理関係の趣味。

「料理教室はハマっています」「お菓子作り。オーブンも買った」「5年くらいパン作りにハマっています。しぶしぶ連れて行かれた無料体験にハマって、ライセンスまで取りました。お休みの日は焼きたてパンでブランチしています」など。料理は「作る」「食べる」両方の楽しみがありますし、周りの人にも喜んでもらえるよさもありますよね。身につければ一生モノの特技になりますし、一度はハマって損はない、そんな趣味と言えるかもしれません。

また、同じくらい人気だったのが、運動関係の趣味。

「ヨガ。体のメンテナンスがてら、のんびり続けています」「日本舞踊。お婆ちゃんになってもできる趣味なので」「ダンスを5年続けている。体も引き締まって一石二鳥です」「週に一度だけ、発汗するサウナスーツを着てウォーキングすること。デトックス効果抜群!」など。年齢を重ねて何もしないでいると身体のラインも緩んでくるし、体力も落ちてきがち。美しく健康でいるために「運動」を心がけている人も多く、こちらも一生モノの趣味・活動と言えそうです。

そのほか、「一人旅をたくさんしている」「世界遺産の旅」「K-POPグループのおっかけ。韓国にも何度となく行っています」など、旅行やエンターテインメント関連の趣味を長く続けている人も。かのカヒミ・カリィさんも、41歳で結婚するまでの独身時代は10年近くフランスに住んだり、モロッコの砂漠を旅したりとフットワーク軽く楽しんでいた…と以前インタビューでおっしゃっていたのが印象的でした。

自分さえその気になれば、本当に多種多様な趣味・活動に取り組める時代。人生の大きな“生きがい”となることもありますし、ひとり身で時間があるうちは、心から楽しめてハマれる趣味を、ひとつふたつは探したいものですね。ちなみに「趣味を通じて知り合った人と結婚した」という人もおり、独身男女にとってはパートナーを見つける良い場でもあるようです。皆さんは今、どんな趣味・活動にハマっていますか?(外山ゆひら)


<関連リンク>
あなたの「恋より夢中になれるもの」は何ですか? 

この記事の執筆者


外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。カルチャーやエンタメ方面を日々ウォッチしています。