星からのメッセージ・乙女座と蠍座のコラボで見えてくる星の動きは、何かしらのメッセージをわたしたちに投げかけてくれていますが、いわゆる生まれの星座の切り替わりタイミングである、毎月20日前後の太陽の星座移動を取り上げる占星術家は、さほど多くはありません。春夏秋冬の3ヶ月ごとの流れや、新月もしくは満月の1ヶ月ごとの流れの解説のほうが、どちらかというと皆さんの目によくふれているのではないかと思います。

ただ、今月24日の天秤座から蠍座への太陽移動のチャートは、木星乙女座入り(参考:「星からのメッセージ・木星が乙女座入りするその前に!自己◯◯感をチェック!!」「星からのメッセージ・この秋のテーマは「本質回帰」! ささやかなことに意識を向けて」)の流れを含んでいることをまざまざと示していることもあり、そのストーリー性が面白く、独女の皆さんにもぜひおさえて頂きたいところです。


■ 蠍座の時期は、恋愛気分が盛り上がりやすいはずだけれど?

ちょうど秋が深まっていく蠍座の時期(10月下旬~11月下旬)は、同星座が大切な人と一体化したいと思うほどに深い人間関係を築くことや、感情を味わい尽くすことなどをテーマとしていることから、多くの人が恋愛したいという気持ちになりやすいと言えるでしょう。

恋愛ではドキドキ、ハラハラ、ときにはイライラ、シクシクと、感情が揺さぶられることがよくあります。そのような状態だと、仕事が手につかなくなったり、お部屋の片づけができなくなったり、ということはめずらしいことではありませんよね。

そうしているうちに、「愛だの恋だのって面倒くさい。お付き合いをやめてしまおう……」などと考えだすのは、星座で言えば、夏に木星が入った乙女座の特徴のひとつなのです。


■ 乙女座が恋愛をバッサリ○○する?

太陽蠍座入りの瞬間の星の配置は、乙女座がとても際立っています。乙女座には「徹底的に自分をブラッシュアップしていこうとする性質がある」と以前お伝えしたことがありますが、自分を磨きあげようとするがゆえに、「自分には不要だ」と感じた部分はバッサリと切り捨てていく一面も持ち合わせています。不要だと思うその背景には、防衛本能が見え隠れしており、整った生活リズムを乱すものはリスクととらえて排除しようとするのです。よって、ご自分の星座が乙女座かどうかにかかわらず、感情を乱し、その影響で生活リズムにも影響を与える恋愛は、まさに「切り捨てるべき対象」になりやすいと言えるでしょう。


■ 感情が動く恋愛は人間力底上げのチャンス!

しかし、「なぜ感情が動くのか」ということにフォーカスをし出すと、繰り返してしまう自分のある行動パターンに気づく可能性があります。

例えば貴女の中に、子供の頃に父親に優しくしてもらいたかったのに、たまたま何らかの理由で優しくしてもらえなかった記憶が強く残っているとします。その記憶が強すぎて「男性はみな優しくしてくれない」という思い込みにまで育ててしまったとしましょう。「優しくしてくれない相手」と認識している相手に、貴女は心を開くことはなかなか難しいでしょうから、貴女も貴女で、相手に対し硬い態度をとってしまったとします。そうすると、相手の男性は、そんな貴女に優しく接してくれるでしょうか?……難しそうですよね。

これはあくまで例えばのお話ですが、こういった大なり小なりのパターンは、心の中の傷を傷として認識するだけで随分と癒されていきます。それだけでなく、貴女自身も行動パターンをよりよいほうへ変えようと意識できるようになるでしょう。たくさん感情が動く恋愛には、切り捨ててしまうにはもったいない、人間力底上げのチャンスがあると言えるのです。


■ 意識したいポイントはココ! 切り捨ててきたことにもう一度チャレンジを!

過去に、恋愛を面倒くさいものとして切り捨ててきた方は、それを見直して再チャレンジするにはちょうどよい流れが今きています。

乙女座の防衛本能をやわらげてくれるかのように、チャート上では乙女座の真向かいである魚座に、海王星が位置しているからです。

この惑星が象徴しているもののひとつに「ワンネス」が挙げられます。自他の境をなくし、やわらかくひとつにまとめるようなエネルギーを持ちあわせているのです。この海王星のおかげで、過去に置きざりにしてきたものを、もう一度自分の中に取り込んで統合しようとする意識が働きやすくなると言えるでしょう。

今まで恋愛を遠ざけてきた方は、ぜひこのタイミングでもう一度、ご自分と向き合ってみることを意識なさってみてはいかがでしょうか。

いいパートナーがなかなか見つからなくて……と嘆いていらっしゃる方も。もしかすると自分自身の行動パターンが、未来のステキな相手を遠ざけてしまってはいないか、少しご自分に問いかけてみるのもよいかもしれませんね。(伊藤 雅子)


<関連リンク>
眺めているだけじゃダメ! 月を意識した生活で女をアゲよう

この記事の執筆者


伊藤雅子

伊藤雅子

様々な成長ステージの企業において、財務、人事、法務などのバックオフィス業務全般に携わってきた独女。社会人10年目にして西洋占星術に出会い、プライベートにおいて占星術家として活動。NLP(神経言語プログラミング)も勉強中。