2015-09-14-14-08-51運動不足を感じた時、脂肪燃焼には有酸素運動が良いからとウォーキングやランニングに精を出して、筋トレは軽視していないだろうか。

運動を激しく行うわけではない独女は、筋トレの必要性を感じにくいのだが、実は女性こそ筋トレは必要なのだとか。

その理由をパーソナルトレーナーでトレーニングブログ「アイデアジム(http://idea-gym.com)」の管理人である、佐藤雅恭さんに聞いてみた。


「筋トレはアラフォーの女性にはぜひ始めていただきたいですね。年齢を重ねるほど、体力や代謝が低下して太りやすく痩せにくい体になります。トレーニングで筋肉を付ければ代謝が上がり、日常生活の中の運動も楽に行えるようになって、太りにくく痩せやすい体・生活習慣になります。

また、骨粗しょう症・骨折対策にも効果的なんです。女性は男性より骨粗しょう症になるリスクが高く、50代からそのリスクがアップします。もともと筋力が男性よりも少ないので、早めに予防したほうがいいですね。筋肉をつけるだけではなく、トレーニングには骨を強くする効果もあるんです」

筋肉をつけるだけかと思えば、骨のトレーニングにもつながるとは。

ちなみに、骨粗しょう症対策には「特に脚の筋力を高める事で、転倒のリスクや、転倒した時の骨折のリスクが下がる」のだとか。

今までほとんど運動をしてこなかったが、今年からジムで週に一回筋トレを始めたマミさん(39歳)は言う。

「筋トレはまったくおもしろくないし、全然体重も減らないし最初は不信感でいっぱい。でも続けるうちにできることが増え、実際に階段が辛くなくなったり、日常生活が楽になりました。大きく体重は減っていませんが、身体が引き締まって見た目的に痩せたと言われるようになったのは嬉しいですね。あと、食べすぎても太りにくくなったのは、筋トレのおかげかも」

また、ダイエット目的でジムに通い始めたユウコさん(37歳)は、やればやるほど結果が出る筋トレに夢中になっている。

トレーナーについてもらって週に2回のトレーニングを行っているが、「最初は効果が見られないのですが、続けていくと身体能力が上がっている実感もわくし、疲れにくくなります。きちんと結果がついてきているのもわかるし、やればやるほど効果もある。ちょっとサボっても簡単には消えない。本当に筋トレは裏切らないと断言できます(笑)」とのこと。

では、おすすめの筋トレはどんなものがあるだろうか。前出の佐藤さんに聞いてみた。

「エクササイズは全身をくまなく鍛えられて、手軽に続けられるゴブレット・スクワットとプッシュアップ。ダンベルなどを両手で持って、スクワットをするゴブレット・スクワットは脚だけでなく姿勢を維持するために腹筋・背筋も使います。一度でいろいろな部分が鍛えられる、とても効率のいいエクササイズです。また、いわゆる腕立てのプッシュアップは、主に胸や上腕三頭筋が鍛えられ、女性が気にする二の腕が引き締まりますよ」

それぞれ10回を3セットが目標だが、無理のない範囲で最初はやってみて欲しいとのこと。

筋トレは運動をする人だけが必要なものではないようだ。健康維持と太りにくい身体づくりのために、ぜひ取り入れていきたい。(北村美桂)


<関連リンク>
運動をやってこなかった人間がランニングするなら“夜ラン”の理由

この記事の執筆者


北村美桂

北村美桂

企業のWEBコンテンツアドバイザーや講師・ライターのほか、戦国時代と柴田勝家が好きすぎて「カツイエ」という戦国メディアを立ち上げ運営中。初心者向け戦国イベント「名古屋歴史ナイト」も主催。