女性側の手腕も鍵に!? 効果があった「浮気防止対策」は浮気に悩まされたくなければ、「浮気をしない男性」を選ぶことは何より大事。しかし色々なカップルの話を聞いていると、女性側の浮気させない“手腕”が効いているケースも少なからずあるようです。

例えばタレントの田丸麻紀さんは以前、恋人男性に「あなたはかっこよくないから、私くらいしか選ばないよ」と自信を奪っておくことが浮気対策になる……なんて持論を語っていましたが、世の女性はどんな浮気対策を実践しているのか。

実際にやってみて効果が高いと思った方法について、アンケート調査してみました!


■ 北風と太陽。「信じる態度」が大事!

「何があっても相手を信じること。細かいことには動じない」
「相手に信頼を置く。疑わない」
「魔が差すときはあると思うので、踏みとどまれるよう、日頃から“良心”に訴えておく」
「信じているという姿勢」
「相手を試さない」

など、童話『北風と太陽』で言うところの“太陽”派の意見が並びました。恋人女性に「心の底から信じているよ」という態度で接されていたら、確かに男性も良心がうずいて浮気しにくいのかも。「縛り付けると逃げていく。男性とはそういうものだと思います」という含蓄深い意見もありました。


■ 魅力的・ミステリアスな女性であり続ける!

「一目置かれる。もしくは、ミステリアスな面を持つ」
「すべてを相手に見せない」
「ずっと女性として愛されるように振る舞う事」

といった意見もありました。たしかに男性を“安心”させすぎると、別の女性に関心が向きやすくなるのは真実。何もかもを見せてしまわず、「まだ知らない一面があるのではないか」「本当に俺を愛してくれているのだろうか?」「本気で怒らせたらヤバいかも」と多少の“不安”を感じさせるくらいのほうが、男性をよそ見させにくいのかも(!?)しれません。


■ 普段から「心」を満たしてあげる!

「話をたくさんする。感謝の言葉を日頃から伝える。お互いの時間を大切にする」
「今日もお疲れ様、いつもありがとう、と毎日伝える」
「子どものパパ好きを少し過剰に伝える」

など、日頃のコミュニケーションを大事にすることが浮気防止にもなる…という意見も見られました。世の中には、「家で構ってもらえない」「妻が冷たいから」という理由で浮気してしまう男性も少なからずいる様子。普段から「心」の面を満足させてあげることも、地道な浮気防止対策になると言えそうです。


■ 「体」を十分に満足させる!

一方で、
「効果があったのは、健全な全身マッサージ。H以外の気持ちいいことを体に覚えさせて骨抜きにした」
「彼氏の欲求を満足させることが一番。他の女性としたいと思わせない。実際に浮気された事は一度もない」

など、“体”を満足させるのが一番…という人も。この方法は相性や向き・不向きがありそうですが、自信のある方は実践してみるといいかもしれません。


■ でもやっぱり、「見る目」を養うしかない!?

しかしながら、最も多かったのが、「効果的な対策はない、見る目を養うしかない」という意見でした。

「打つ手なし。病気みたいなもの。タバコと同じで、やる人はやるし、やらない人はやらない」
「浮気をしないような男を選ぶしかない。誰でも浮気心は持っているが、それを理性で止めておける誠実な人を選ぶ」
「浮気されるのは、単に見る目が無いだけ。自己責任」
「貴方といると幸せ、と心から思えないような人と一緒にいても無駄だし、選んだ時点で終了」
「浮気は性癖の一部。いくら対策を取っても無駄では」

といった厳しい意見が並びました。

中には、「誰が見てもパッとしない童貞君と結婚しましたが、とても誠実で家族を大切にしてくれる人。もちろん浮気もしない。幸せです」なんて実際の経験談を語ってくれた人も…! 見る目を養うためには「知り合いや友達でいいので、沢山の男性と話す事」、その上で「常に尊敬と感謝の念を持って相手に接する事」といったアドバイスをくれた人もいました。


そのほか、「浮気してもいいよ、死ぬまで内緒にできるなら…と旦那には話している」という人もいれば、「金と時間を与えない」という超現実的な意見も。「浮気防止法なんてあるのか? 証拠をそろえて逃げ道をなくして責めても逆ギレされそうだし…」なんて悩ましい気持ちを吐露してくれた人もいました(笑)。

最初から「誠実な男性を見極めること」が何よりの対策とはいえ、信頼関係は二人で築いていくものと考えれば、日頃のコミュニケーションや魅力的であり続ける努力、快楽の提供なども、浮気防止にそれなりの効果があると感じますが、皆さんはいかがでしょうか。お互いに「釣った魚に餌はやらない」とはならず、永く良好な関係を築く努力は忘れないでいたいものですね。(外山ゆひら)


<関連リンク>
価値観は男女ほぼ一緒 “どこからが浮気? TOP5”

この記事の執筆者


外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。カルチャーやエンタメ方面を日々ウォッチしています。