男性のアプローチが本気かどうか見極める、2つのポイントとは男性からアプローチを受けた際、相手がどのくらい本気かどうかの見極めは大切。

「騙されたくない」「都合のいい女にはなりたくない」なんて思っている方も少なくないでしょう。とはいえ、甘い言葉や優しい態度だけでは判断しきれない部分もありますよね。

そこで独女通信ではアンケートを行い、男性からのアプローチが本気なのか遊びなのか、皆がどんな点で見極めているのかについて調べてみました。


■ 「友人や家族に紹介してくれるかどうか」が最大の決め手!?

1位は「友人知人に紹介してくれる」という回答でした。

「自分の幼馴染や友達を紹介された時」
「自分の親しい友人や家族、会社仲間に紹介してくれた」
「共通の友人を本気で巻き込む」
「自分の友達の輪に私も連れていこうとするかどうか、友達を紹介するかどうか」
「早い段階で自分の家族に会わせようとするか」
などなど。

「結婚を前提なのか私に意思確認した後、双方の両親に挨拶してくれた時に感じた」と経験談を語ってくれた人もいれば、「とはいえ、初対面から親に会わせられても困りますが…(笑)」なんて注釈付きの意見もありました。

友人や家族に会わせてくれると、「ちゃんと誠実に付き合おうとしてくれている」と判断する女性は少なくないようですね。実際、著者の周囲にも交際1ヶ月で結婚を決めた知人がいますが、彼女も「交際後すぐ、大事な友人たちを紹介してくれたこと」を、彼を信用できると判断した最大の理由に挙げていました。

自分に置き換えて考えても、大事な友達に紹介できるかどうかは、ひとつの大きなハードルになるもの。男性の好意の本気度の判断に迷うときは、友達の話題を振ってみて、「面白そうな人ばかりだね、会ってみたいな」なんて言ったときの反応や態度で考えてみるのもいいかもしれません。


■ 「すぐ手を出してくるかどうか」も重要な判断基準に

続いて多かった意見が、「すぐに手を出してこない」でした。

「先を急がない。すぐ手を出さない」
「ベタですが、下心をあからさまにするかしないか。下心なしのアプローチは、あまりあり得ませんが…(汗)」
「1か月くらいプラトニックだった男性がいました。交際後に聞きましたが、彼の方は早い段階から、キスするタイミングを見計らっていたようです。私のペースに合わせてくれていたみたいで、本気かなと感じました」
といったエピソードが並びました。

本能の部分だけで言えば、「興味のある女性とは、あわよくば男女の関係になりたい」と思うのが男性の“性”と言われますが、本気の恋愛の場合、早々に手を出して嫌われるのが怖い、不誠実に思われたくない…と感じて我慢する男性も少なくない様子。容易に手を出してこなかったり、女性側の気持ちが温まるまで待ってくれたりする姿勢は、本気の好意のあらわれと考えてもいいのかもしれません。

ただ最近は、そもそも性的な関係にあまり興味のない草食系(絶食系)男子だったり、本気の交際や結婚を迫られるのが嫌で、手を出そうとしなかったり…なんてこともある様子。これだけでは見極めが難しい場合もあると言えそうです。


そのほか、「自分と過ごす時間を作ってくれるかどうか」「メールの返信が割と早い」など日頃の態度から判断するという人もいれば、「2年以上、交際続くかどうか」など長い時間をかけて判断する人、「SEX後の濃厚なキスをしてくれるかどうか」など身体表現で感じ取ろうとする人もいれば、「やっぱり本気のプロポーズの言葉があるかどうかでしょう」と、最終的な言葉を言うまで本気とは判断しないという強者も!

プロポーズまでされるとさすがに本気と分かりそうですが(笑)、軽いものから重いものまで、皆それぞれの判断基準がある様子。「既婚者に騙されたことがあって、以来滅多なことでは信じなくなった」など、辛い経験によってハードルが上がったという人もいました。皆さんはどんな点で男性の好意の本気度を判断していますか?(外山ゆひら)


<関連リンク>
結婚相手としてやっぱり気になる、3つのポイント

この記事の執筆者


外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。カルチャーやエンタメ方面を日々ウォッチしています。