今でも心に深く残る傷痕「私が結婚寸前で別れた理由」有名人の結婚ラッシュに沸いた今秋。その裏で、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんとフリーアナウンサーの田中みな実さんが、結婚寸前といわれながら破局していたことが発覚した。報道によれば、田中さんの両親がふたりの結婚に猛反対したことが原因ともいわれている。

衝撃的な話ではあるものの、結婚寸前で破局するという話はままあるようだ。同棲5年目で破局したゆうこさん(35才)もそんな悲しい経験をしたひとり。


「前職の先輩に紹介されお互いお酒好きということで意気投合しました。同棲して4年目、彼の様子が少しずつおかしくなり、会社を休みがちに…。彼はうつ病になっていました。具合が悪いと言いながら、失業保険で昼間はパチンコ、明るいうちからお酒を飲み始め、家賃や生活費一切を私が負担するようになりました」

でも、彼と結婚を意識していたため「ここで私が支えなきゃ!と思った」とゆうこさん。そんな中、彼の家族と会うことに。ここで事態は急変する。

「彼のお母さんは、とても彼を可愛がっていて、失業中であることを知って嘆いていました。彼は病気のせいかそんな話もうわの空。怒りは私に飛び火し「こんなときに(彼を)支えるのは当たり前、ちゃんとフォローできているの!?」というようなことを強い口調で言われました」

感謝して欲しくて黙って彼をフォローしてきたわけではないが、ゆうこさんは腑に落ちない。むしろ彼の母からは労いの言葉をかけてもらえると思っていた。ゆうこさんは怒りを通り越して悲しくなってしまった。

「家に帰ってからも彼はそのことに関して何も言わず、私に対して謝罪もなければ感謝のカケラもなかったんです。そのとき、「あ、この人とはやっていけない」と思って、別れることを決心。あんなに好きだったのに、一瞬のうちに嫌いになれるものですね」

当時はすごく傷ついたというが、「今ではやっぱり別れてよかった」と笑顔で語るゆうこさんだった。

そして、お互いの気持ちはひとつなのに、信仰の違いから別々の道を歩むことを決心したというゆみこさん(38才)にも話を伺った。

「お互いに好きだったので、信仰は違ってもやっていけるかなと思ったのですが、両親を交えて相談したところ、生活習慣が違うと結局は離婚することになるだろうと。結局、お別れすることになりました。そのあと、他の人とも恋をしたけどやっぱり彼のことが心の奥にあるんですよね」

こう話しながら悲しそうに笑うゆみこさんを見ていたら、筆者も胸が疼いた。

「恋はタイミング」とか「結婚は運命」などとも言われるが、今回、話を聞かせてくれた二人のケースも「たまたまご縁がなかった」のだろうか。少々、神様の用意した試練はキツかったように思えるが、きっとその分、運命を感じる大きな幸運が二人を待ち構えているに違いない。(パンチ広沢)


<関連リンク>
潔い女性は幸せを掴む!? 女性が恋の「別れ」を決断する瞬間は

この記事の執筆者


パンチ広沢

パンチ広沢

今ごろになって東京スカイツリーに行ってみようと思います。登りながら独女らしい切り口が見つかったら記事にします。独女らしい楽しみ方、募集中!