年末は帰りたくない…独身女子が帰省をしない言い訳クリスマスが終わればあっと言う間に年末モード突入です。毎年この時期筆者は実家に帰るべきか迷い、ここ数年は帰っていません。

親不孝なのは自覚しつつも、ハッキリ言って帰ったってやる事は無いし、居場所もなく肩身も狭い。

今日はそんな筆者を始めとする、年末帰宅しない系独女の言い訳を集めてみました。


■ 実家で久々に会うのが面倒!

最初は帰宅しない理由のメインを、人間関係と回答した女子からご紹介します。

「家族の結婚しないのか圧力が凄いので、この時期はいつも帰省しません。また年末にはプチ同窓会のような飲み会がありますが、結婚したり子供が生まれたりした話しを聞いて寂しくなる。地方と都内はリズムが違うのは知りつつも、居心地の悪さから帰っていません」(33歳法務)

地方出身の方ならではの話ですね。地方の方が比較的結婚年齢が若いことを考えると、東京住まいの独女はなかなか肩身の狭い思いをしそうです。


■ 体力とお金が足りなくて…

続いては、日頃一生懸命働いている独女の体力とお金の問題をご紹介します。

「私は北海道出身です。この時期は飛行機代が高いので、毎年“帰らないの?”と聞かれるものの、帰っていません。シーズンをずらして帰省することがほとんどですが、今年は仕事が忙しくそれもできず…親が一層心配しています」(31歳営業)

確かに、この時期の交通費は割高ですし、悩ましいですね。

「小さい話なのですが、毎年お年玉を親戚にあげるのが嫌でこの時期の帰省をしません。父が4人兄弟なので、その子供の子供は合計8人。一人5000円だとしても4万円なんて、ただのOLには払えません」(28歳事務職)

お年玉は独女にとっては頭の痛い問題です。年に1回しか会わない子供に4万円って、正直払う気にならないですよね。自分が子供の頃はちゃっかりもらっていましたが、あのお金がこんなに頭を痛めて贈られたものだったとは…。

「帰ってもやることが無いので帰りません。親不孝とか周りから言われますが、実家に帰ってグータラされても(しかも自分の部屋はもうない)親も迷惑だろう!と、思うようにしています。都内にいれば飲み会のお誘いを受けることもあるし。日頃疲れているので、自宅でゆっくり体を休めます」(28歳企画職)

既に居場所のない実家では心身が休まらないので帰らない。この理由は意外と多いのではないでしょうか。お正月のカタチも、年々変化しているのかもしれませんね。

今年も帰省しない筆者としては、仲間がいる心強さを感じました。親不孝と言われてしまいますが、連休なんてたまにしかない事ですから、自分の好きなように楽しんでもいいですよね。(おおしま りえ)


<関連リンク>
年末年始の帰省を渋る独女必見!「結婚まだ?」攻撃に打ち勝つ方法

この記事の執筆者


おおしまりえ

おおしま りえ

雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター。10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。鍛えられた観察眼で男女の違いを研究し、恋愛コラムを執筆中。ブログ