みんなのプチ贅沢!実践している“おうちエステ”日々溜まる疲れとストレス。癒やされたい!と思っても、エステに行くには時間もお金もない。

そんなときに予約なし、身近なものでできるのが“おうちエステ”。

「癒やされたいとき」、「気分転換に」、「少し贅沢なボディケア」など、周囲の独女がどんな“おうちエステ”を楽しんでいるのか聞いてみた。


■ お風呂&マッサージは鉄板

・ココナッツオイルを入浴剤として入れたり、はちみつと砂糖と混ぜて自家製スクラブにしてお風呂でマッサージしたり。顔のパックにも使って、塗ったままお風呂に浸かって、上がってそのまま余りで体もマッサージする。入浴剤として使うと浴槽を洗うのが少し面倒だけど、いい感じに汗をかける。

・本当に疲れた時は、ちょっと高い入浴剤を浴槽に入れつつお風呂でアロマキャンドルを炊いて、上がったら加湿器をガンガンに掛けた中でマッサージオイルで全身マッサージ。

・部屋でアロマオイルやバスソルトを入れてフットバス。上にバスタオルをかけて保温するとお湯が冷めにくくて、そのままテレビを見たりして過ごせる。


■ 香りでリラックス

・ヘアパックしてからお気に入りのブランドの香り付きのヘアオイルでケア。

・寝る前にアロマキャンドル炊いたり、枕元にリラックスできる香水をかけたり。


■ スペシャルドリンクでほっと癒やしのひととき

・良い紅茶や緑茶を丁寧に淹れて、少し高級なクッキーやチョコレートを添えていただくとすっごく贅沢な気分になれる。

・寒い朝にココアにマシュマロを入れてボーッとすると幸福感がやばい。

ココナッツオイルを支持する声は多数。肌に塗るのもいいし、摂取するとダイエットにもいいと言われていたり、まさに万能アイテム。他にも、寝る前に布団の上でするストレッチや、気分転換になるセルフネイルなども“おうちエステ”として手軽。

少しでも日々を楽しく乗り切るために、身も心もエネルギーチャージは不可欠。話を聞いてみると、さまざまな独自のケアをしている独女たち。すぐに取り入れられる“おうちエステ”を実践している友人が周りにいるかもしれないので、聞いてみては?(non)


<関連リンク>
結婚したら無理かも!? 独身のうちにやっておきたい贅沢ベスト3

この記事の執筆者


non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。お酒を飲みながらだらだらとテレビを見るのが至福のひととき。