2015年にやり残したことは!?2015年もあと僅か。大人になると時が過ぎるのは年々速く感じるもので、「やろうと思っていたことが、今年もできなかった…」などと自戒の念にかられている方もいるかもしれません。そこで独女通信では来年の目標設定に繋げるべく、「2015年にやり残したと思うこと」についてアンケートを行ってみました。


■ 「断捨離」してスッキリしたかった!

まずは、こんな回答から。「洋服を10着くらいに減らして断捨離するつもりだったが、結局できていない」「引っ越し、大掃除。まずは今の部屋を断捨離してみようと思ったが、暇なときも結局やらなかった」「エアコンの掃除」。エアコンの掃除くらいは、今から数時間でもできるように思いますが、大々的な掃除となると、なかなか重い腰が上がらないですよね。「断捨離の本を読んだだけで満足してしまった(笑)」という補足意見もありましたが、“開運”の意味でも、不要なものは溜め込まない主義でいたいものです…!


■ 趣味や特技を磨きたかった!

続いては、趣味・特技分野。「もっと山に登りたかった。忙しくて今年は2回しか行けず」「トレイル・ラン挑戦」「ずっと実家暮らしで料理もしなかった私。結婚して毎日作るようになったが、料理上手な旦那に『美味しいよ』と言わせてみたかった。ダメ出しされたら相当ヘコむので、怖くて聞けない」「市民オーケストラに入ってみたいと思いながら未達成」など。趣味に燃えていたり、何かのスキルアップに励んだりする人も多い時代ですが、仕事や生活に追われると、中々時間を作れないのが現実。忙しい独女にとって、「時間」は何よりの貴重品だな〜としみじみ思うこの頃です。


■ 独身はやっぱり、コレですよね…

そして鉄板の「恋愛・結婚」の目標もたくさんみられました。「結婚!」「今年は4年ぶりに彼氏を作ろうと頑張ったが、できなかった」「人を好きになるということ」「片想いの彼に告白できず」などのコメントが並びました。恋愛や結婚は相手あってのことですし、出会えたところで、関係構築も一朝一夕にはいかないもの。焦れば焦るほどうまくいかないことも多い一方で、時の流れに任せることが必要な場面もある。なかなか予測しづらい恋愛・結婚ですが、目標や期限がないと「現状維持」に甘んじ続けてしまうことも…。

漠然と大きな目標設定をすると、どう動いていいか分からず達成感も感じにくいいもの。“成果”を目指す方は、「春までに新しい男性と3人知り合う」とか、「毎月1回以上はデートする」といった風に、具体的な数字を盛り込んだ小さな内容を重ねていくのがおすすめです!


■ 「心の休養」をしたかった…という人も

回答の中には、「やり残したのは、心の休養。職場に“残念すぎる女性”がいて半年以上悩まされた。泣かなかった週がほぼない(苦笑)」という方もいました。「気にしすぎ、何もならないと分かっていても、頭と心の理解が一致せず」「来年はとにかく泣かない毎日を送るのが目標」人間関係の悩みって中々思い通りにならない事が多いですよね。自分でできるのは精神的な鍛錬くらい。効果的なストレス解消法や、できるかぎり「自分が心地よくいられる生き方」を模索して身につけていくのも、大人として大事な処世術のひとつと言えるかもしれません。来年は少しでも明るい心持ちで毎日が送れるよう、微力ながらお祈りしています…!

併せて来年の目標については、「職探し」「お客様を招けるような部屋のインテリアづくり」「人をちゃんと好きになる」「結婚」「好きな人との関係に白黒つけたい」「資格習得」などのコメントが並んでいましたが、大人の一年は、ぼんやり過ごしていたら本当にあっという間。年末年始、時間のあるときにぜひ幾つか大事な目標を考えて、手帳などにしっかり記しておきたいものですね。それでは皆様よいお年を!(外山ゆひら)

<関連リンク>
捨てる、捨てないに迷う「グレー」なモノをどう対処する?

この記事の執筆者


外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。カルチャーやエンタメ方面を日々ウォッチしています。