全身ユニクロで合コンに行ったらどうなる?婚活や恋愛って、お金がかかるって思いますよね。でも改めて考えると、本当に婚活や恋愛にはお金がかかるのでしょうか。たとえば最近は、ファストファッションが世の中に溢れ、おしゃれもグッとロープライスで楽しめるようになりました。はたまた、ワンコイン婚活パーティーや相席居酒屋など、安く出会える場所も増えています。そして筆者は思ったのです。

「もう恋愛するのにお金は必要ないのでは?」

そこで、たまたま開催されることになった合コンに、日本のファストファッションの代名詞「ユニクロ」で全身コーディネートして、参加してみました。
ひんしゅくを買うのか、モテを獲得できるのか、安く恋愛を楽しむことはできるのか楽しみです。



■ 改めて見ると、ユニクロにはモテ服がいっぱい!

ということで、まずは勝負のためのお洋服を買いにいきます。慣れ親しんだユニクロへの来店に、何の緊張感もありません。改めて見ると、シンプルな洋服と、雑誌やブランドとコラボした流行のカタチの洋服が混在しているユニクロ。
昔は「カジュアルのユニクロ」なんてキャッチコピーがついていましたが、いまや「流行と着回し満点のユニクロ」という感じでしょうか。

今回は、合コンということで極めてシンプルで無難な感じにまとめます。黒と紺のバイカラーのワンピースをチョイス。お値段なんとセール中につき2,990円! そして羽織ものはもちろんカーディガン。モテということで、もう何年も着ていないであろうベビーピンクをチョイス! こちらもセールにつき1,990円。合計5,000円以内でモテ服(と思われる)コーディネートが完成しました。


■ さっそく合コン参加!

ということで、全身ユニクロで固めたアラサーが、銀座の街に舞い降ります。ちなみにタイツもユニクロでゲットしました。着心地をお伝えすると、ワンピースに裏地がついていないため、心無しか透けている感じもするのですが黒ですし、タイツも履いているからOKということにしました。カーディガンも生地が薄くシワになりやすい感じはするのですが、5,000円で文句は言えません。

女性陣と合流し「ねえ聞いて! これ全身ユニクロなんだよ〜」と先にネタばらしをして感想をうかがうと、「全然わからない」と上々のリアクション。オシャレかどうかは別として、合コンファッションとしては全く問題ないという太鼓判をいただきました。

そうして開催された合コンで、男性に性格の印象をさりげなく伺ったところ「清楚そう」という感想を1件ゲット! 清楚とは対局の場所で生活しておりますが、ワンピース×ピンクカーディガンという組み合わせが、ぐっと印象を底上げしてくれたのでしょう。

筆者の、安っぽく見えるのでは? という心配も、特に男性には伝わっていないようです。これなら、普段のオシャレはガンガン自分の好きなブランドで買い物をして、婚活や恋愛シーンだけは全身ユニクロですごせばいいではないか! という野望すら抱きました。

今回の合コンはありがたくも男性陣がご馳走してくれたため、婚活にかかったトータル費用は洋服代5,000円のみ。次回も使えると思えば、すくなくとも婚活のためにお金はかからないと言っても間違いではないと思います。

もちろんそれで結婚できるのか? 恋愛までもっていけるのか? という話しはあるでしょう。しかし、結局は婚活に付きまとう面倒くささを何で乗り越えるのか、ということなのかもしれません。今回はオシャレというジャンルの面倒くささを、ひとまずお金でお得に乗り越えてみましたが、全てをお金で解決! という分けにはいかないのが悩ましいところですね。(おおしま りえ)


<関連リンク>
決め手は靴、髪、それから? ハズすと痛い目に遭う“大人カジュアル”の秘訣

この記事の執筆者


おおしまりえ

おおしま りえ

雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター。10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。鍛えられた観察眼で男女の違いを研究し、恋愛コラムを執筆中。ブログ