既婚者がゲス!?男女どちらも陥る無自覚な不倫新年の大きな話題となってしまったベッキーと川谷絵音(ゲスの極み乙女)の不倫騒動。川谷はベッキーと知り合った当初すでに結婚していたにも関わらず、既婚者だと告げすに仲を深めたと報じられている。

川谷が結婚していたことをファンにも公表していなかったのは、事務所の意向か川谷自身の判断かはわからないが、こういった芸能人ではなくても、既婚者ということを隠して近づいてくる危険人物はウヨウヨいるのだ。

筆者の周りにも、相手が既婚者だと知らずに結果的に不倫に陥ってしまった友人がいる。


■ 友人A:女性・当時20代半ば

彼とは飲み会で知り合い、デートなど普通のカップルのような楽しい時間を過ごしていた。泊まるときは一人暮らしのAの家。

だんだん彼が泊まる頻度も増えてきたころ、Aのケータイに見知らぬ番号から着信が。出てみると「Aさんですか?(彼の)妻です」の声。Aはパニックになり、「違います」と言って電話を切ったそう。わけがわからず、奥さんから電話があったことを言えずに、彼に結婚しているのかを問い詰めてみると自白。

しかも奥さんは妊娠中。妊娠したことにより奥さんが精神的に不安定になり、家に居づらくなってAのところに入り浸るようになったらしい。それがさらに奥さんの不安を煽って、状況を悪化させたようだ。

「離婚するから」と彼に言われ、別れる決断ができずに関係を続けていると、何度かAに奥さんから電話がかかってきた。そのためもう会うのはやめよう、とAから彼に提案。家が近かったためなかなか想いが断ちきれずにいたAは、結局引っ越して気持ちの整理をつけていた。


■ 友人B:男性・当時20代半ば

バーで知り合った年上の彼女。すぐに意気投合して付き合い始めたものの、実は既婚者だと打ち明けられる。でも今は離婚しようと手続きを進めているところだというので、Bはそれを信じることにした。彼女がBの家に泊まりにくるようになった数週間後の朝、Bが起きると部屋に小さな子どもの姿が。それまで知らされていなかったが、彼女には子どもがいたのだ。子どもも可愛らしくて、彼女と子どもを幸せにしようと受け入れる覚悟をするB。

彼女は離婚するために、旦那と住む今の家を出たいと言うので、Bが一緒に住める部屋を借りることに。その部屋に子どもと引っ越してきた彼女。しかし、週に1回は話し合いをするために旦那の元へ。将来のために貯金をしないといけないと言って、Bはお小遣い制にされ、彼女に給料が少ないとぼやかれるまでになっていく。精神的に追いつめられていくB、2人を幸せにしようと決意していたのに……。

数ヶ月経っても離婚は成立ぜす、結局彼女は「やっぱり彼(旦那)には私がいないとダメなの」といってBの元から去っていった。

「離婚する」という言葉を信じて、なかなか抜け出すことが出来なくなる不倫。けれど、既婚者とわかってからも関係を続ければ、不貞行為に加担したことになる。身近に潜むゲスの魔の手に掛からないように、気をつけて。(non)


<関連リンク>
恐怖! 不倫が独女にもたらす3つの“害悪”

この記事の執筆者


non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。お酒を飲みながらだらだらとテレビを見るのが至福のひととき。