「趣味は料理」というテッパンは本当にモテるのか?突然ですが、あなたは料理が好きですか? 得意ですか?

筆者は一人暮らしが長いのに、大の苦手です。しかし耳が痛くなるほど「胃袋を掴め!」という話を聞くため、「なんとかしなくては…」と焦る気持ちを募らせています。と、同時に「男は料理上手な女子が本当に好きなのか?」という疑問も湧いてきます。

そこで今回は、初対面の男性に料理好きをアピールしたら、どんなリアクションが返ってくるのか、そしてどんなモテ力を発揮するのか調査してきました。


■ 普通の男性は「へぇ」と思うだけ?

最初は合コンや街コンで出会った、いたって普通の男性達に、「趣味は料理」とコメントしたときの反応です。

回答者1:20代建築系の営業
「へ〜、俺料理しないから出来る人って凄いって思う」

このあと得意料理などの追加質問があるわけでもなく、連絡先を前のめりに聞かれることもなく、いたって普通に受け止められたという印象でした。

回答者2:30代精神科医師
「そうなんだー。俺も一人暮らし長いから、結構やるよ」

医者だからでしょうか? 彼の性格でしょうか? 妙に張り合ってくる印象がありました。そんな彼のよく作る料理はカレー(レトルト使用)だそうで、それは料理好きというよりただの自炊する人だろう、と突っ込んでしまいそうになりました。

このように、特別遊んでいる感じのしない人からは、特に面白いリアクションもなく、「モテた」という実感もありませんでした。


■ 合コン慣れした人はイジってくるも…

続いては、明らかに遊び慣れている男性と合コンした際に、「趣味は料理」発言をくり出してみた結果です。

回答者3:コンサルティング会社勤務、自称合コンキング
「はい、出ました〜趣味は料理!何?何?得意料理なに?」

自称合コンキングの男性は(合コン推定参加回数は300回とのこと)、発言した直後に大きくのけぞり、もちろん得意料理を突っ込んだ後に「作って欲しいわ〜」と、非常に嬉しいリアクションをしてくれました。

回答者4:IT系企業マネージャー
「いいねー料理!作ってほしい!俺も料理するけどさ、凝り性で…」

彼は豚の角煮などの凝った料理をするのが好きらしく、普通にいいリアクションをいただきました。ちなみにこのあと料理談義で盛り上がるのですが、当然筆者は料理が苦手(日常的な調理はしますが)。そのためイマイチ盛り上がらない料理談義となり、嘘がバレないかヒヤヒヤしていました。


■ 料理が趣味で印象が上がるタイプは?

結果として4名の男性の内、連絡先を聞いてきたり、デートに誘ったりしてくれたのは意外にも3名。この結果は、私の普段の力を鑑みると、趣味は料理作戦が「男ウケの良さを発揮した」と判断しても良いと思います。

そのうちの1名、IT系企業マネージャーと後日デートをしたのですが、彼のご実家は飲食業を営んでいる事が判明。幼少より食事に気を使う家柄だったことがわかりました。

つまり、食育環境が充実している男性ほど、「趣味は料理」に好感度を示すのではないでしょうか。

ウソはダメだよ! という声も聞こえてきそうですが、料理を今すぐ「特技」にするのは難しくても、「趣味」にすることは可能。今日の話に興味を持った方は、2016年の趣味は、料理にしてみてはいかがでしょうか。(おおしまりえ)


<関連リンク>
同性でも感心! 私が見かけた「彼女の秀逸なモテテク」とは?

この記事の執筆者


おおしまりえ

おおしま りえ

雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター。10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。鍛えられた観察眼で男女の違いを研究し、恋愛コラムを執筆中。ブログ