全て男性まかせはNG! ありのままも程々に私事ですが、半年ほど前からどうにも好きになれない取引先の人がおり、接するたびに心を痛めております。

でも、ふと気づいたんです。相手は私の写し鏡なのだと・・・。そして、恋愛でも同じことが言えるのではないでしょうか。


■ 苦手なその人は、自分の写し鏡

どうしても合わない人は、何をどう変えても好きになることはないのかもしれません。しかし、それでも付き合っていかなければいけない間柄なら、お互い少しでも気持ちよく接した方が、場の空気も精神衛生上もいいにきまっていますね。

相手は自分の写し鏡です。私も苦手意識を持つ人とは、間接的に接するだけでもイライラすることがあります。しかし、自分が好意的に接するよう心がければ、相手の意識も多少なりとも変わるはず。良い行いも悪い行いも、すべて自分にはね返ってくるものです。私の場合も、全部が全部とは言いませんが、相手の欠点は、見たくない自分の姿だったのかもしれません。


■ 恋愛も自分を見つめ直す絶好の機会

筆者の場合、苦手な取引先の人と向きあったことが、結果的に自分を見つめ直すきっかけになりました。よく考えると、前にも同じような経験をしたことがあります。それは、片思いをしたときと、一方的に想いを寄せられたときのことです。

片思いをしていると、「何で私じゃダメなんだろう」「どうしたら振り向いてくれるの?」と思うことありませんか? 同様に想いを寄せてくれる男性に対して、客観的に見ると素敵な人だけど、「何でこんなに好いてくれるんだろう」「私はあなたの想像しているような人間じゃないのに」などと考え、相手の気持ちではなく、自分の気持ちと向き合うことになります。

想いを寄せるのも、寄せられるのも、どちらも自分を見つめ直す行為に繋がります。“恋愛は独り相撲”と例えられるのは、つまるところ自分の気持ちしか確かなものはないからでしょう。相手の心はどうしたって、正確に読むことはできません。


■ 男性に全てを受け止めてもらおうとするのはNG!

さて、自分を見つめ直す過程において、「自分が変わろう」という結論に行きつくことがあるかと思いますが、最終的に「やっぱり自分は変われない」というところに辿り着きがちです。

そうすると、「ありのままの自分を愛してくれる人と結ばれたい」って思いますよね? 先日、ちょうど友人がそういう気持ちになったのですが、それを聞いていた男友達がこんなことを言い返しました。「女の人って本当に勝手だよね。男にはあれダメこれダメ、もっとこうして欲しいって言うのに、自分のことはありのまま受け止めてほしいなんて自己中すぎる!」と…。

ありのままを…なんて言葉に甘えて、全て男性まかせにしていませんか? 変わることが難しいとしても、男性にはせめて「いつもあなたのことを考えているよ」とあなたの気持ちを伝えておいた方が、うまくいくのかもしれません。みなさんも大切な人にほど、あなたの全てをぶつけ過ぎないようにご注意を。(恋愛ウォッチャーaYa)


<関連リンク>
男性にもわかってほしい! “面倒くさい女”だって本当は自覚しているんです

この記事の執筆者


恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現。自他ともに認める恋愛体質と好奇心から趣味と仕事を兼ねた恋愛必勝テクニックを日々研究・発信中。