星からのメッセージ・春本番!これからの1年は「熱く自己表現」!3/20に春分の日を迎えます。この日は、太陽が12星座のトップバッターである牡羊座に入る日であり、占星術上では新しい1年の始まりとされています。

その瞬間のチャートを作ると、これからの1年はどのような流れになりそうなのかを見ることができます。ではその流れとは?それにうまく乗るポイントは?以下に早速お伝えしていきましょう!


■ 熱く一心不乱にクリエイティビィティを発露せよ!

今年の春分のチャートは、東の空の地平線から獅子座が上昇してきており、さらに月も獅子座に位置しています。獅子座は、情熱的で華やかな自己表現を得意とする星座であり、そのエネルギーがとても強調されているのです。
さらに細かくこれらの配置を読み解いていくと、自分の理想を激しく一心不乱に表現するという、獅子座の中でも非常に熱い雰囲気を漂わせています。
獅子座に星を持っているかどうかに関わらず、誰もが自分の内側からあふれ出てくるものを思いっ切り表現していきたいと想う1年となりそうです。


■ 爪先立ちではなく、のびやかに『今のあなた』を表現

さらに月は、「自分にないものを今から身につけようとするよりは、既にあるものを活かして表現すればうまくいく」ことを示唆してくれています。
2015年の春からの1年は、自分が既に持っている資質を活かしながら、豊かな生活を創り出していくことがテーマでした。そのテーマをしっかりと引き継ぎながら、2016年の春からは、ほとばしる情熱もそこにONしていくイメージと言うことができるでしょう。
今から無理に新しい自分に作り変えていく必要はありません。今できることをのびのびと表現していくことを意識していくとよいでしょう。


■ うまく流れに乗るポイントは?

では、どのようにすれば軽やかにその自己表現の流れに乗ることができるのでしょうか。それは、太陽の位置がヒントを示してくれています。太陽の配置を見ると「信念」や「理想」といったキーワードが浮かび上がってきます。「何のためにわたしはこれをしようとしているのか?」「これをすることで社会にどのような影響を与えたいのか?」ということをハッキリ語れるかどうか。これがポイントと言えるでしょう。
今はまだ自分の手から生み出せるものが稚拙だったり、完璧には出来なかったりしたとしても、「何のために」を明確に伝えられる人ほど、共感してくれる人や応援してくれる人があなたの周りに現れてきそうなことも、他の惑星の配置から読み取ることができます。

『あるがままのわたし』を自らの手で華やかにプロデュースしていくこの1年、あなたはどのように挑んでいきますか?(伊藤雅子)


<関連リンク>
星からのメッセージ・春目前の今、光も闇も抱きしめて

この記事の執筆者


伊藤雅子

伊藤雅子

様々な成長ステージの企業において、財務、人事、法務などのバックオフィス業務全般に携わってきた独女。社会人10年目にして西洋占星術に出会い、プライベートにおいて占星術家として活動。NLP(神経言語プログラミング)も勉強中。