「好き」は信じないのに、「嫌い」は素直に信じる女子筆者の友人に、どうしようもなくネガティブな女性がいます。彼女いわく、「常に最悪の事態を想定しておけば、それ以上のことしか現実には起こらないため、必ず良かったと思える結果がもたらされるから」とのこと。

でも端から見ると、いつも無駄に悩んでいるようにみえます。特に人の言葉には左右されてしまうようですが、同じ悩みを持つ方は、意外に多いのではないでしょうか。


■ 「好き」と言われたのに、まず相手を疑うことから始める

普段の彼女は人当たりも良く、誰にでも好かれるタイプです。彼氏にも困らず、会うたび色々な恋愛話が聞けて面白いのですが、恋愛に対してもとにかくネガティブ。

たとえば、気になる男性から「好き」と言われたのに、「絶対に言い慣れてるよね」「本心だったらもっと特別なシチュエーションで伝えてくれるはず」など、まず相手を疑うことから始めます。

同様に、「かわいいね」と言われても似たような反応を示すありさま。過去の恋愛のトラウマなのか、とにかく彼女は自分に向けられた肯定的な言葉に対し、疑いを抱きます。

なのに、否定的な言葉に対してはとても素直な反応を示します。たとえば、彼から短所を指摘され、「そういうとこ嫌いだな」と冗談めかして言われれば、何の疑いも持たず受け止める。そして、怒ったり落ち込んだりはするけれど、彼の真意を確かめようとはしません。「やっぱり私のことが嫌いだったのね」と、瞬く間に悲劇のヒロインになります。

その思考回路で生きていくのしんどくないかな? と思うのですが、その後彼と良好な関係に落ち着くと、すっかりそんなことがあったなんて忘れているようです。嫌なことは忘れるという楽観的な一面があることが、唯一の救いだなと思いました。


■ 愛される女性は信じる気持ちが強い!

女の勘ってバカにならないくらい当たることがありますが、たとえリップサービスだとしても、「好き」や「かわいい」という男性の発言は、彼女を喜ばせたい気持ちからくるものです。それなのに「ほんと~?」「誰にでも言ってるくせに!」なんて謙遜の気持ちで男性にツッコミを入れても、お互い何のメリットもありません。

難しく考えるよりも、もっとシンプルに。嬉しい言葉は嬉しい、悲しい言葉は悲しいと素直に打ち明けられる女性の方が、男性にも好かれますし、愛される秘訣ではないでしょうか。ネガティブな発想はストレスにもなりますから、暗い考えを抱くくらいなら、いっそ何も考えず本能に従った方が、人生をより豊かに楽しく送れるでしょう。

結局のところ相手を信じられないのは、自分自身と相手をよく知らないからです。彼に疑いを持ち不安に駆られるなら、もっと客観的に相手を観察し、その人の言葉や行動を見て本質を知ることが大切です。もちろん、その際には自分のことも客観視できればいいですよね。

何にせよ最終的な判断は、やはり自分でしなければなりません。当然その責任も自分に降りかかりますが、誰にも分からない未来に不安を抱くよりも、今を楽しく過ごす思考回路を持ちたいものですね。(恋愛ウォッチャーaYa)


<関連リンク>
こじらせ女子がこじらせ女子を嫌いな理由

この記事の執筆者


恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現。自他ともに認める恋愛体質と好奇心から趣味と仕事を兼ねた恋愛必勝テクニックを日々研究・発信中。