時間・エネルギー・お金を費やしたくなる女性とは仕事をさせても恋愛をさせても「この子デキる子だな」と感じさせる27歳のセイ君。彼は聡明なだけでなく人間性としても抜群のバランス感覚を持った男性です。決して完璧な人間ではありませんが、仕事ができるから、友達が多いから、外見がカッコいいからといった理由でモテるのではなく、結局はセイ君が“魅力的”だから人を惹きつけています。今回はそんなセイ君に、魅力的な女性についてお聞きしてきました。


■気が多いのは女性の方!?

学生時代ならまだしも、手当たり次第に女性を口説くような社会人男性はそういないもの。特に女性は軽々しく近寄ってくる男性には警戒心を抱く傾向がありますから、それなりに恋愛経験を積んできた男性であれば、軽くアタックしただけでは女性がなびかないことをわかっているのです。

「そんなに収入があるわけじゃないからターゲットは一人。ピンポイント狙いじゃないと、時間もエネルギーもお金も投資できません」

セイ君がそう語るのはもっともなこと。一般的な男性は一人の女性にアプローチをかけ、ダメなら次へと目を向けます。そう考えると、複数の男性に目を向け吟味している女性は、男性よりも気が多い生き物なのかもしれません。


■ピンポイントで狙われる女性の特徴

では、男性が時間とエネルギー、お金を投資してもいいと思える女性はどんな人物像か。デキる男代表、セイ君の意見をまとめてみました。


1.男をハッとさせるものを持っている

「例えば本を貸して返される時に、可愛いメモ用紙にちょっとした御礼の言葉が添えられていたとか、ロングヘア―の印象が強かった子がある日いきなりショートカットにしたり? いい意味でのギャップとか女子がよくいう“モテ技”をベストタイミングで自然と使える女性って男心をくすぐりますね」

この手のことはいろいろな恋愛コラムで語られているわけですが、いかに「相手の予期せぬタイミングでハッとさせられる言動を投げかけられるか」が明暗をわける気がします。相手がどのタイミングでハッとするかは千差万別。つまり、一般的に言われているモテ技をむやみやたらに使っても、万人には通用しないのです。それらの仕草や言動は、好きな人に響くタイミングがとても大事。だからこそ、常日頃から相手をよくみて、変化や進化を試みる努力と姿勢が求められるのだと思います。

自分だけが備えている魅力やモテ技は誰にでも絶対にあるはずです。それにちゃんと気づいてくれる男性と縁があり、結ばれるのではないでしょうか。

2.年齢相応の経験を積み重ねて成長できている人

「この人の将来が見てみたい。そう思える女性が僕は好きです」

要は20歳の女性に大人の色気や落ち着いた考えを持ってもらいたいと願うわけでもなければ、30歳を過ぎた女性に恋愛経験が未熟というウブさを求めているのでもない。その年齢に見合う経験をしながら、着実に年を重ね心身ともに成長し続ける女性を“魅力的”だと言っているのでしょう。

身だしなみを整えたり若さをキープしたりといった外見的な価値を高めることは確かに大切ですが、加齢とともに衰えるのが現実ですし、それは目減りする価値です。けれども経験や知識、工夫や知恵はその人の資産価値となるもの。そういった部分を高めていこうとする女性は、同性から見ても魅力的な人物ですよね。


■年を重ねる=自分の資産価値を高めること

何事も自分の価値観や視線だけで判断しては見誤るものです。セイ君の話しを聞いていると、だからこそ時代や空気を読む力を養い、客観性や他者を思いやる心の余裕をもって年を重ねていけば、素敵な出会いに恵まれる機会も必然的に訪れる、そんな気がしました。(恋愛ウォッチャーaYa)

Photo via Visual hunt

<関連リンク>
いい男はSNS上に存在しない説を検証する

この記事の執筆者


恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現。自他ともに認める恋愛体質と好奇心から趣味と仕事を兼ねた恋愛必勝テクニックを日々研究・発信中。