既婚女性に聞いた! 「過去の恋人」と「結婚相手」で違っていたポイントは?「恋愛と結婚は違う」なんてよく言われますが、皆さんはどう思いますか? 結婚のために、意識的に「結婚向きの男性」を選ぶ人もいれば、「今までと違うタイプだったから、結果的に結婚にまで至れた」という人もいることでしょう。恋人と結婚相手はやはり違うものなの? 独女通信では既婚女性たちにアンケートを行い、調査してみました。

■ 居心地のよさ、経済力、年下……。結婚相手と恋人とが違っていたポイントは?

まずは恋人と結婚相手は大きく違った!という意見から。最も多かったのは、「一緒にいてくつろげる」という意見。「飾らなくても自分を認めてくれた」「ドキドキやワクワクよりも安心感」「気をつかわず、互いに甘えられる」「自分を飾らず、嘘をつかずすべて話す事ができ、受け入れてくれる人」「好きな人は緊張する。結婚相手は安心する」「恋人=嫌われないようにムリする。夫=素の自分でいられる」等々。


“容姿”に関する意見も多くみられました。「外見。夫はむしろ私の嫌いなタイプ(笑)」「顔」「歴代の恋人はイケメンだったけど、将来が考えられなかった。旦那は仕事がデキる男で安心感があった」「彼氏は好みの顔じゃないと無理だったけど、旦那はブサイクでも全然いい」など。結婚相手の場合、容姿は重要ではない…という意見が多かったですが、中には「男性たちに大きな違いを感じなかったので、顔がタイプの人と結婚。この顔を見ていれば何でも許せると思ったので(笑)」という真逆の意見も。

“年齢差”を語る人たちも多数。「夫は初めての年下」「今までは全員年上。主人だけ同い年です」「昔は自分よりできる人がいい、と思って年上か同じ歳ばかりだったが、夫は3つ下です」「今までは優しく、甘えてくる年下男ばかりだった」など。「過度な期待をしていなかったのがよかったのかも」「年下が合うとわかっていれば、最初からそうしたのにと思う。年上が素敵、などの先入観をなくすことをおすすめします」などのアドバイスも見られました。「私には年上(年下)が合うはず」と思い込みを持っている方も少なくないですが、年齢への偏見は、今すぐ無くしたほうがよさそうです!

“尊敬”を語る意見も見られ、「人としての真っ当さ」「誠実さ」「まじめで、女性を大切にする気持ちがある人」「上司からの信頼も厚く、聞き上手なところが尊敬できた」などのほか、「夫とは一緒の方向を見て、共に人生を進めていけると感じた」「夫は男らしいグイグイ引っ張ってくれる人」という人も。「結婚相手は何よりまず経済力」「経済力があって、暴力をふるわないこと」「生活が関わって来るという現実です」など、生活・経済力重視の意見も見られました。

そのほか、「夫には、初めて見た時から“いいパパ”になってくれそうなイメ-ジがあった」と父親として判断した人もいれば、「相手の親兄弟との距離感が近かった」など家族関係を語る人、「夫とは追われる恋だった事。好きは好きだけど、自分から追いかけていない」と恋愛の力関係に言及する人もいれば、「夫はビビッときた」「死ぬ時に、この人の妻であると胸を張って言える人を選んだ」などの感覚的な意見も見られました。

■ もともと“結婚向き”な異性がタイプだと、あまり苦労しない!?

一方で、恋人と結婚相手に特に違いはなかった……という人も。「元々真面目な人が好きなので、違いはなかった」「一緒にいて居心地のいい人が恋人になり、そのまま夫になった」「誠心誠意好きになった人が恋人から結婚相手になっただけ」「好きになってくれて付き合った人を徐々に好きになり、そのまま結婚できた」など。“縁”によるところもあるでしょうが、もともと“結婚生活向きの異性”がタイプだという女性は、それほど苦労せず、すんなり結婚していかれることが多いのかもしれませんね。

結婚相手を探しているからといって、無理に好みを変えるのは難しいですが、身近な女性たちを見ていると、自分自身に本当に「結婚したい意思」や「心の準備」ができてくる時期になれば、自然とそういう相手に惹かれ始める傾向もあるように思います。「それまでは自分で選んで失敗続きでしたが、夫は友人が紹介してくれた人だった。新鮮でよかったのかも!」という意見もあり、パートナーがなかなか見つからないという人は、“出会い方”を変えてみるのも一案かもしれません。

また、結婚相手には何かしら“初めて”の要素があったという意見も多くあり、「ずっと自分をさらけ出せないでいましたが、彼には初めて素直な自分を出せた」「趣味も仕事も性格も初めて出会うタイプで、何もかも違っていた」「人間として好き、尊敬できる、という感覚は今まで持ったことがなかった」など。先入観を持たずにいろいろな異性と関わってみると、思いがけない相手と結ばれることもある模様。結婚相手を探している皆さんは、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。(外山ゆひら)

<関連リンク>
女からプロポーズして幸せになった6つのパターン

この記事の執筆者


外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。カルチャーやエンタメ方面を日々ウォッチしています。