株式会社資生堂「ゆかたファッション&ビューティトレンド2016」資生堂が発表した「ゆかたファッション&ビューティトレンド2016」によると、20代〜30代の女性が今年着たいゆかたの色は「紺」「白」という定番カラーとなりました。

今年着たいゆかたのイメージは「正統派」「クラシック」「伝統的」「レトロ」といった古典的イメージをあげる人が87.9%となっており、全体的に伝統的なゆかたファッションに注目が集まっていることがわかりました。


■「着て出掛けたい」9割 だけど…

同社によると、9割以上の女性が機会があればゆかたを着て出掛けたいと考えているにも関わらず、昨年(2015年)ゆかたを1回以上着た女性は、約27%。

ゆかたを着る際の悩みとしては、「ゆかたに合うメークがうまくできない」「ゆかたに合う髪型のスタイリングができない」といったビューティーに関するもの、そして、「ゆかたと帯をうまくコーディネートできない」という、ゆかたファッションに関する悩みが上位にあがりました。

同社では古典的なゆかたが人気の今年は“レトロ”を鍵と捉え、ゆかたファッションに合うおすすめのメークとして、トレンドカラーのブルーを取り入れた涼しげな目もとが“レトロポップ”なアイメークと、赤いルージュがポイントの“レトロロマンティック”なリップメークを提案しています。

さらに、ちょっとアレンジするだけでがらりと印象が変わるヘアスタイリングテクニックなども紹介されていますので、今年ゆかたを着る際には取り入れてみてはいかがでしょうか。

<関連リンク>
ゆかたファッション&ビューティートレンド2016 ゆかたの悩み、多くの女性が「ゆかたヘア&メーク」