「結婚したって遊べばいい」30代にはない、20代女性の結婚観とは?現在30歳以上の独女の皆さんは20代前半のころ、「結婚」についてどのようなイメージ、または考えを持っていただろうか? 

もちろん人それぞれだと思われるが、多くの人は「まだ早い」「今はもっと遊びたい(または仕事したい)」というような、結婚に対する現実感のなさがあったのではないかと推測する。

だがその一方で、近年は20代前半でも結婚願望を持つ若い世代が増えてきているらしい。例えば国立社会保障・人口問題研究所が行っている2010年発表の「出生動向基本調査」によると、未婚者に対して「一年以内には結婚したい」と答えた18歳から24歳男性は26.0%で、女性が35.1%。一方その5年前の同調査結果では男性が23.5%で女性が32.7%。わずかだが着実に増えているのだ。

なぜ男女問わず20代前半という若さで結婚を急ぐ人が増える傾向にあるのか?


■「結婚したら遊べない」と考える30代と「結婚してから遊べばいい」と考える20代

「この前、会社の若い女の子と結婚観について話していた時、すごいカルチャーショックを受けましたよ」

こう語るのは、32歳で結婚したサオリさん(35歳)。サオリさんが20代のころは仕事も遊びも充実しており、まったく結婚願望がなかったというが……。

「20歳になったばかりの女の子の後輩は『早く結婚したい』と言うんですよ。私は思わず『まだ若いのにもったいないよ。もっと遊びたいと思わないの?』と尋ねたらこう言われたんです。『結婚してから遊べばいいじゃないですか』って」

サオリさんにとって結婚するということは「夜遊びもできないし、独身の頃と比べると自由な時間がない」ということ。実際サオリさんが結婚に踏み切ったのも、20代の頃に後悔しないほど自由な時間を満喫したからだという。

「例えば独身時代は長期休暇に海外旅行に行っていたけど、結婚したら相手の実家に里帰りしなきゃいけない。独身時代は自分の給料は自分のために使ってよかったけど、結婚したらマイホーム資金も必要だし、出産したら子供のために使う必要がありますよね。でも若い後輩は『結婚後も賃貸でいいです』と言いますし、何より驚いたのは『今、正直そんな物欲ない』と言うんですよ。ブランド物にも興味がないし、洋服はしまむらで十分らしいです」

海外旅行もブランド物も興味がなく、夜遊びもあまり興味がない。つまり後輩女性の今の生活は、サオリさんが独身時代に送っていた生活と全然違うのだ。


■ 現在の若い女性は皆「高齢出産はハイリスク」という事実を認識している

一方当事者である若い世代の女性は結婚についてどう考えているのか?

ルミさん(26歳)はサオリさんの後輩とは違い、夜遊びやイベント大好きというアクティブ派。ハロウィンになると仮装パーティで仮装する、いわゆる〝パーティーピーポー〟だ。だがそんなルミさんも「結婚しても遊びたい」と語る。

「イベントに参加すると、小さい子供を連れたママたちがいっぱいいますよ。ハロウィンなど親子で仮装している姿はすごくカワイイです。私もあんなママに憧れますし、早く結婚して子供産みたいな~って思いますね」

また「姉から『結婚するなら20代が絶対にいい』と言われて焦っています」と語るのは、30代で結婚と出産をした姉を持つユミさん(27歳)。

「姉からは『今は思わなくても、30歳過ぎたら絶対に子供が欲しいと思うよ』『そうなってからじゃ遅いから早くしな!』としょっちゅう言われます。というのも、姉は何年も子供ができなかったから。高齢だと卵子が老化するなどのさまざまなリスクがあると言われていますが、姉が若い頃はそんなことを声高に言う人は少なかったそうです」

ちなみに「妊活」という言葉が流行語になったのは2011年。一昔前、妊娠は決して困難なものではなく、結婚をすれば自然と誰でもできるものという認識が強かった。だから平気で「20代は自由を満喫して、30代に結婚して出産すればいい」と言える女性がたくさんいたのだ。でも今は違う。「高齢出産はハイリスク」と、若い女性は皆知っているのだ。

■ 若い女性に婚活で勝つなら積極性が重要?

20代の若い女性が本気で婚活を始めたら、正直30代以上で結婚したい独女はかなりつらい。やはり女性の魅力において“若さ”というのはかなり重要な部類ということは否定できないだろう。
だが、若くない世代ならではの戦い方もある。ここで、40歳で結婚したヨウコさん(バツイチ)の成功例を紹介したい。

「秘訣はズバリ積極性。断られてもへこたれない(笑)。今どきの若い子って、失敗するのをすごく怖がりますよね。ナンパも『断られたら嫌だ』といってしない。でも私の世代って、男性はナンパもしますよね。女性もグイグイいく。そうすると若い男の子って押しに弱いから『まあいいか』となる可能性がけっこう高いんですよ。若い女の子がぼんやりしている隙に奪っちゃえばいい!」

まさに肉食系女子を地で行くヨウコさん。とはいえ確かに若い女性に勝つにはそれくらいの積極性があったほうがいいだろう。若い世代の女性が婚活市場に続々と参戦しつつある現在、競争は熾烈なのだ。(橋口まどか

<関連リンク>
アラフォー以降で結婚できる確率は15%! 厳しい現実を打破するためには?