お得で美味しい飲めるファミレスはどこ?「あー飲みたい!」そんな気分になる日もありますよね。
多くの女性は飲みたくなると缶チューハイなどを買って“ひとり家飲み”をするのかもしれませんが、せっかくならリーズナブルでカジュアルな、外でのひとり飲みをしませんか? そう、ファミレスで!

「は?ファミレス?」と驚いた方もいるかもしれませんが、ここ最近、ファミレス各社はアルコールメニューに力を入れているんです。ハッピーアワーが設けられているのは当たり前、昼でも夜でもリーズナブルに飲めると、おじさんから主婦まで大好評なのだそう。

そんなに流行っているなら活用しないともったいない! というわけで、今回主要なファミレス3店舗をアラサー呑んべえ的目線でジャッジ! 飲み物、つまみ、雰囲気、金額の4つの基準(5ポイント満点)で独身女性の一人飲みに最適なファミレスを考えます。



■ エントリーNo1 安くて便利な「ガスト」

最初はファミレス界のスマップ的存在「ガスト」です。和洋中と種類豊富で学生からシニアまで万人に愛される存在。そんなガストで飲むとなると、どんな楽しい時間が待っているのでしょうか。

まずはメニューを確認すると、スーパードライは449円、ハイボールは399円と、以外と普通の値段設定です。種類は他にもグラスワインや缶酎ハイなどがありますが、約10種類しかなく多いとは言えません。

おつまみメニューはからあげやソーセージグリルなど主に5品。ここでも「ちょっと種類少ないかも…」と気になります。

とりあえず唐揚げ(299円)とハイボールを頼んで一人乾杯をしますが「あれ、量が少ない!」。たまたま来店したお店がそうだっただけかもしれませんが、何かと足りない気がしました。でも安いから許せちゃうし、安心感がガストにはあります。

飲み物:★★☆☆☆
つまみ:★★★☆☆
雰囲気:★★★☆☆
金額 :★★★★☆


■ エントリーNo2 私の青春「サイゼリヤ」

続いては多くの学生が通い、そして愛した経験があるであろう「サイゼリヤ」。誰もが一度は通いつめるその存在は、まさにファミレス界のタッキー。タッキーが今や大人な役を演じているように、サイゼリヤの大人向けメニューも注目です。

まずはお酒のメニューを見ていきますが、ガスト同様種類は少なめ。しかしサイゼリヤはイタリアン専門店なので、ボトルワインの種類は豊富です。これなら女子会を開いても楽しそう。今回はボトルではなく定番の「グラスワイン(93円)」を頼み、おつまみを選んでいきます。

一応「おつまみ」と書かれたページはあるのですが、サイゼリヤの値段設定がそもそもほとんどおつまみ価格。今回はチョリソー(369円)を注文しましたが、199円おつまみも豊富なのはありがたいです。

ワインも飲みやすくチョリソーも安定した味。青春の味は30歳をすぎても十分楽しめるクオリティでした。

飲み物:★★★☆☆
つまみ:★★★★☆
雰囲気:★★★☆☆
金額 :★★★★★


■ エントリーNo3 ドリンクバーが豊富「ジョナサン」

最後はドリンクバーのお茶が豊富で、つい長居したくなる「ジョナサン」。ガストとサイゼリヤに比べるとお値段が少し張る印象がありますが、安定したクオリティはまさにファミレス界の少年隊。

ハマる人はガッツリファンになってしまうジョナサンには、こだわりのメニューが豊富です。たとえばここ数年、季節の限定メニューとして旬のお野菜を使ったおつまみがあります。今のシーズンは大阪産の水なす(599円)、これを楽しみに足を運ぶお客さんも多いのだとか。

今回は定番のおつまみメニューから甑島産きびなごの唐揚げ(250円)をチョイス。大好きなハイボール(399円)を頼んで一時の癒しを感じます。

ジョナサンのメニューで特徴的なのはサングリア(399円)や梅酒(499円)など、女子が好きそうなアルコールメニューがあること。3店舗の中ではアルコールの種類は1番と言えそうです。

なんとなくガストやサイゼリヤよりも高そうというイメージでしたが、お酒メニューだけでみると、ガストとジョナサンの価格設定はほとんど同じでした。ただジョナサンの前菜メニューは16種類。そうなるとジョナサンの方が食べる楽しさは味わえそうです。

飲み物:★★★★☆
つまみ:★★★★★
雰囲気:★★★★☆
金額 :★★★★☆

今回改めて飲み比べてみましたが、ファミレスで飲むといっても内容は各社かなり違うということが感じられました。個人的にはジョナサンの季節限定メニューが気になりましたが、どこも1000円以内でひとり酒を楽しめるのは、本当にありがたいです。(※表示価格は全て税抜き金額です)(おおしま りえ

<関連リンク>
ちょっと恥ずかしい!?ストレス発散の新定番「一人カラオケ」をリアル体験