「結婚に至らない恋愛」にも意味はあると思う?生涯未婚率はすでに男性2割・女性1割を超え、“積極的非婚主義”の人も増えてきている昨今。“恋愛”そのものへの意欲も下がってきていると言われますが、「結婚に至らない恋愛」を皆はどう考えているのか。独女通信では読者アンケートを行い、調査してみました。

■「結婚に至らない恋愛にも意味はある」が9割超! その理由は?

まずは「結婚に至らない恋愛にも意味はあると思いますか?」と尋ねてみたところ、「意味はある(91.49%)」「意味はない(8.51%)」という結果に。9割以上の人が「意味はある」と答えました。

その理由としては、「どの恋愛からも何らかの学びが得られる」「一緒にいることで学べる事がある」など成長になるという意見や、「結婚が全てではないし、経験値になる」「良い異性を見抜く目を養える。異性との接し方がわかる」「今の自分を形成している経験だから」「学んで次の恋愛結婚に生かせる」など“経験”としての意義を語る意見が多く見られました。


そして、「盲目で勘違いでも、恋愛中の楽しさは他では中々得られないから」「恋愛は人生を豊かにしてくれる一要素。するだけで十分意味がある」など、恋愛=人生の豊かさだとする意見や、「出会ったこと自体が奇跡。そこから学ぶものを見つけ、楽しめているなら意味はある」「失恋のリハビリや好奇心を求めての恋愛でも、実用的という意味ではアリ」「楽しいだけや何かからの“逃げ”であっても、その関係から得ているものがあるという自覚があればOKでは」など、さまざまな恋愛の“意義”を語る意見も。「不安定な世の中、側にいて分かち合える人がいるだけでも不安が軽減します」と、恋愛で得られる満足感を語る意見も見られました。

そのほか、「20代のうちなら。結婚相手を見極めるためにも色々経験するのはあり」「25歳までなら」と時期限定でOKという人や、「本人がそれで良ければいいのでは」と価値観の自由を訴える人、「恋愛と結婚は別だから」「結婚が恋愛の集大成だと思わない」という割り切った意見や、「結婚はタイミングが大きく影響するし、必ずしも生涯1番好きな人と恋愛して結婚するとは限らないから」など結婚の“リアル”を語る意見も見られました。

一方、少数派の「結婚に至らない恋愛に意味はない」と回答した人たちからは、「何人もと付き合って身体の関係に至るのはどうかと思うから。女性は特に失うものが多すぎる」「2番手の恋愛(不倫)だとしたら時間がもったいない」など、女性の貞操や不倫の非について訴える意見が見られました。

■「自分は結婚に至らない恋愛をしたくない」と答えたのは、3割超!

続いて、「結婚に至らない恋愛を自分もして構わないと思いますか?」と尋ねたところ、「構わない(65.96%)」「したくない(34.04%)」という結果に。3分の2は自分もしてOK、という意見でした。

理由としては、前項と同様、「恋愛を真剣にすると色々と学ぶ。結婚できるかどうかだけが全てではない」「好きでも思うようにいかないことがある…と知る経験も大事」「結婚前に様々な恋愛を経験しておいた方が良い」「結婚に至る相手・至る相手の違いに自分で気づく瞬間が来る。その経験は自分にとってプラスになる」「構わない。特に男性は、多少経験があった方がリードできるのでは」など、恋愛から得られる成長や経験の意義を語る意見が多く見られました。

また、「最初は結婚するつもりでも、お互い気持ちは変わるし…。こちらの都合だけではどうにもならないので」「結婚は一人でするものじゃないから。色んな条件や状況が合わず、結婚に至らないことはよくある事だと思う」など、結婚の難しさを語る意見や、「結婚すれば幸せになる、とは限らない」「結婚だけが幸せではない」など、結婚=幸せの必須条件ではない、という意見も。中には、「今そういう恋愛をしています。彼には感謝しても感謝しきれないですが、結婚となると色々事情もあり、彼のお母様を説得する自信が全くありません」と結婚の“ハードル”について語る人もいました。

そのほか、「年齢による。まったなしの適齢期だけは、嫌ですね」と時期を限る人、「私は逆に結婚に至る恋愛をしたいと思っていません」という非婚主義の人まで、さまざまな意見が挙がっていました。

一方、「自分は結婚を考えない付き合いをしたくない」と答えた約3割の人たちは、シンプルに「結婚したいから」「結婚しないと分かって付き合うメリットがない」いう理由を述べていたほか、「最終的に別れてしまう恋愛は辛すぎる。美しい思い出とか要らないから、契約(結婚)という名の安心がほしい」と“別れ”のつらさを語る意見や、「恋人をなにかの“糧”みたいに考えたくない」と相手への愛や責任感を語る意見などが見られました。

他人の場合でも自分の場合でも、概ね「結婚に至らない恋愛」に肯定的な人が多いことが分かった今回のアンケート。結果的に結婚に至らない恋愛となってしまった場合でも、「仕方ないこともある」「それだけが幸せ、というわけじゃない」「成長や経験ができた」と現実を受け止めていく強さを持った意見が多く見られたのが印象的でした。皆さんは、「結婚」に至らないとしてもやはり恋愛はしたい、していたいと思いますか?(外山ゆひら

<関連リンク>
「もう夜遊びは卒業」そんな独女が選ぶ〝アウトドア道〟