お似合いだったのになぜ!? 別れてほしくなかった芸能人カップルといえば?「ええ~、あのふたり別れちゃったの!?」
お似合いだと憧れていたカップルや夫婦の破局報道を聞いて、他人事ながらがっくり肩を落とした経験はありませんか? 

「絵になる美男美女だったのに」「困難を乗り越えて結ばれた2人だったのに」とこちらとしては(勝手に)入れ込んでいたにも関わらず、別れてしまったビッグカップルといえば真っ先に思い浮かぶのは誰? 熱愛から破局へと至ったビッグカップルの思い出を振り返ってみました。


■ ハリウッド最強の美男美女(子だくさん)が12年目の破局

まずはつい最近、衝撃の離婚報道で世界を騒がせたビッグカップルといえばこちら。

「アンジー&ブラピの破局はショック。10年以上一緒にいて養子縁組までしてたのに」

「ブランジェリーナという新語ができるほどのおしどり夫婦だったのになんで!? トップ・オブ・ザ・美男美女の上に、男女の双子を授かるとか完璧すぎる運命の2人だと憧れていたのに……。私の日常には一切影響ないけど超ショック」

「アンジーとブラピは同じ子だくさん夫婦としても憧れていたのに無念です。もはや残る希望はベッカムとビクトリアのみ」

6人の子どもたちという大家族、10年以上の事実婚生活、さらにはアンジーの両乳腺切除手術などの困難を乗り越え、深く強く愛し合っているように見えたのに、「実は関係は冷え切っていた」と報じられているアンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット。現時点で離婚の真相は不明ですが、スピード離婚が当たり前のハリウッドで、10年以上に渡って「最高の美男美女による映画のようなロマンス」を現実世界で見せてくれただけでもすごいことだったのかも?

■ 気になるジャニーズ、美男美女の絵になる恋の行方は?

どんどんいきましょう。お次は恋愛にうるさいジャニーズのメンズとその彼女たち。オーバー35の心の琴線に触れる懐かしのカップル盛りだくさんです。

「国分太一とaikoは本当に別れてほしくなかった! 空気感が似ているところとか、本当にお似合いだったのに」

「稲垣吾郎と菅野美穂。王道ハンサムと美人の組み合わせだったと今も思ってる」

すれ違ったら誰もが振り返るであろう美男美女カップルといえば、ジャニーズ以外にもこんな人たちも。

「渡部篤郎と中谷美紀。キレのあるイケメンとキレイめ美女の組み合わせは素敵だった。結婚は……もうないですかね」

「高校生のときに松雪泰子と保阪尚希の熱愛報道を知って、なんてお似合いの美男美女なんだ! と激しく憧れた。まさかその後、保阪尚希が出家するとは……」

才能をリスペクトしあう業界憧れのクリエイターカップルもいました。

「三谷幸喜と小林聡美。小林聡美さんのエッセイが好きで彼女の結婚生活についても読んでいただけに残念。個性的な人同士、相手の才能ごと受け止め合っていたのでは、と勝手に思っていたのにな」

「北川悠仁とKeiko。どっちも好きだったけど、でも今の小室哲哉のKeikoへの献身を見ると、彼でよかったのかなとも思う」

美男美女だからって恋が続くわけじゃない。才能がある者同士だから離婚しないわけじゃない。芸能人カップルの熱愛・破局模様を振り返ると、そんな当たり前のことが我ら一般人の身にもひしひしとしみてきます。芸能人だって、恋や結婚を継続させるのは難しい。でもひとつの恋が終われば、次の新しい恋がいつか必ずやってくるはず。ビッグカップルの恋愛報道は、そんな教訓を私たちに伝えてくれるのかもしれません。(小鳥居ゆき

<関連リンク>
今でも心に深く残る傷痕「私が結婚寸前で別れた理由」