アラサーは死ぬほどの恋ができない?「20代までに死ぬほどの恋をしたほうがいい」という説がありますが、これだけ晩婚化、未婚化が進んでいるんだから、30代で死ぬほどの恋を経験してもいいのではないでしょうか。いや、むしろそんな恋ができたら素晴らしいと筆者は思うのですが、アラサーが死ぬほどの恋をするってものすごく難しいことに感じませんか?

今回はアラサーが死ぬほどの恋をできるのか。もし、そんな恋をしたらどうなるのかを考えてみました。


■ 死ぬほどの恋の定義

“相手のためなら私は死ねる!”というのが死んでもいいと思えるほどの恋ですから、自分の命を引き換えにしても守りたい、大事にしたい恋、つまり自分の命と同じくらい尊く相手のことを考え、想い、愛すことを意味するのではないでしょうか。ズバリ『人生を捧げる情熱的な覚悟ある本気の恋』ということで今回は“死ぬほどの恋”を定義してみたいと思います。

■ 死ぬほどの恋を恐れるアラサーたち

今回このコラムを執筆するにあたり、周囲のアラサーに「死ぬほどの恋がこれからできると思う?」と聞くと、みんな口をそろえて「そんなの怖くてできない!守りに入っちゃう」と答えました。女性に限らず、男性もです。

でも、“死ぬほどの恋”を恐れてしまうのって、何だかちょっと寂しいなと思います。だってそれは、本気で人と向き合うことを避けているのと同じだから。一概には言えませんが、“ちょっと遊びの恋”ならできるのに、“死ぬほどの恋”になると身構えてしまうという傾向がアラサーを超えるとあるようです。

単に気持ちの上で余裕が欲しかったり、自分が傷つかないための逃げ道を作るためについ避けてしまう“死ぬほどの恋”ですが、実のところ恋する気持ち自体には、大きな差はないのではないでしょうか。

■ “死ぬほどの恋”はアラサーを超えてもできる

恋愛でも仕事でも、家族や友人関係でも、何か一つのことに注力するのはパワーがいります。真摯に取り組んだ分だけ、精神的に負担がかかるのは当たり前です。でも、愛情・時間・労力をかけた分だけ、そこから得られるものは絶対に大きいでしょう。

一度“死ぬほどの恋”を経験し、それがトラウマになっていたとしても、心のどこかでは、あの頃のような気持ちでもう一度恋をしてみたいと思っている人もいるでしょう。また、これまで一度も“死ぬほどの恋”をしたことがないなら、生まれてきた以上、一度はそんな体験もしてみたいという気持ちは誰にでもあるのではないでしょうか。

結局のところ、“死ぬほどの恋”かどうかなんて、自分の心の中の問題で、意中の相手や周囲に「これは死ぬほどの恋です!」なんて宣言する必要はないのですから、いくらでも“死ぬほどの想いでする恋”はできるのです。それはきっと恋愛偏差値、ひいては人間性を高めることにつながるでしょう。

■ こっそり “死ぬほどの恋”を楽しもう!

確かにアラサーやアラフォーになり恋の話をしている自分って、どこか滑稽で恥ずかしいなと思うことはあります。でも、恋ができるって、好きなものがあるって本当はとても素敵なことですよね。恋愛が生活の中心になり、他人に迷惑をかけるくらい取り乱すというのが20代までの死ぬほどの恋なら、30代はちょっと経験を積み大人になった分、そういったことがないようバランスを保ちながらも、こっそり“死ぬほどの恋”を楽しんでみるのがいいのではないでしょうか。(恋愛ウォッチャーaYa

<関連リンク>
30代の荒ぶる心を鎮めるために瞑想をやってみた!