何か始めたくなる秋! 女磨きに役立つか? 習い事にレッツチャレンジ一気に冷え込み始めた11月。みなさんは実りの秋を堪能していますか? 芸術の秋や読書の秋など、何かを始めるにはもってこいと言われるこの季節。ズバリ女を磨くためにも習い事を始めてみてはどうでしょう。

女子力を磨くか、ダイエットに力を入れるか、流行りの習い事を楽しむか。どれも楽しそうではありますが、習い事って始めるまでが正直面倒くさかったりしますよね。そこで今日はそんな迷えるみなさんのために、体を張って各種習い事をガチ体験してきました。


■ 女子力磨きのテッパン 料理で本当に女らしさは磨かれるのか

習い事を始める理由といえばやっぱり花嫁修業! と、花嫁になる予定もない筆者は思うのですが、花嫁修業のテッパンといえばお料理でしょう。まずは今若い女性に人気急上昇中のクッキングスタジオ「A」に体験潜入してみました。

お菓子やパン作りからお料理まで、なんでも500円で体験できるなんてありがたい。ワクワクしながら体験レッスンに行ってみると…ううっ、なんだかキラキラしている!

筆者はスタジオに入った瞬間ひるみました。女子!女子!女子! 外から丸見えのガラス張りのスタジオ(店舗による)では、筆者よりも推定年齢5つは年下であろう女子たちが、楽しそうにお料理に勤しんでいるではありませんか。

なによりエプロン含め格好がみんなかわいい! あまりの女子力の高さに居心地の悪さすら感じながら、スタジオから紙エプロンを借りた筆者もレッツクッキング。

非常に優しく教えてくれるのでお料理自体はスムーズにできましたが、筆者は最後まで落ち着くことができませんでした。ガラス張りのスタジオが原因なのか、自分よりずっと若そうな女性が教えてくれるからなのかはわかりませんが、料理のあとには「日常的にお料理をしない自分でごめんなさい」と、誰に対してなのかわからないけれど謝りたい気持ちになりました。継続していけば、筆者もあのキラキラの仲間入りができるのでしょうか!?

■ 女子に大人気キックボクシング 思わぬ盲点も

続いてトライしたのは、運動したい女子の間で人気がグングン高まっている「キックボクシング」。タレントの中にもInstagramにトレーニング風景をあげている人がいるなど、女磨きにはもってこいです。

運動不足解消のためもあり、筆者も渋谷のキックボクシングジムの門を叩きます。今回参加させていただいたのは、男女混合のキックボクシングジム。さっそくスタジオに入った瞬間…クサっ! 久々に感じる運動部の匂い。いや、これがジムの正しき姿なのでしょう。

そんな匂いにも10分くらいで慣れ、男女混合の初級クラスに混ざります。「このすっきり感がたまらない」と、キックボクシングジムに通う女子はよく言うようですが、確かにキックした感覚はスッキリ最高です!

しかも今回パートナーを組んだのはベテラン男性会員の方。優しくリードしてくれるだけでなく、男性だからめいっぱい打ち込んでも罪悪感がない。これは確かにストレス発散におすすめかもしれません。

あっという間に1時間のトレーニングが終わり、全身汗びっしょり。500mlのお水は速攻でなくなり、ダイエット効果に併せてストレス発散にもかなりの効果が期待できそうです。

■ 今流行りのクラブ系習い事 その真価はいかに?

最後は筆者の周りで中毒者が続出している「クラブ系エクササイズ」をご紹介します。今回潜入した「フィールサイクル」はクラブのようなスタジオで、インストラクターの指示に従い45分間エアロバイクをガンガンこぐというもの。運動は苦手だけどはしゃくの大好き! という女子にはもってこいですね。

さっそく筆者はインストラクターさんのど真ん前を陣取りスタンバイ。スタートとともに真っ暗になり、ミラーボールがガンガン回り始める室内。大音量の音楽とともにエアロバイクを漕ぎ始めます。

しかし、「ぐ……ぐるじい」と開始20分をすぎた頃、筆者の体は悲鳴を上げ始めました。とにかく辛い。いや、正確にはエクササイズが辛いのではなく、前日4時まで起きていたためですが。段々と重くなっていく体にムチを打って、フィニッシュまで全力ペダルです!

ただ、不思議と後半になるにつれランナーズハイのような状態になっていき、最後は「うおおおおふぃーっ」と謎のテンションでこぎまくっていた自分がいました。暗いので踏ん張っている顔がバレないのもありがたかったです。

3つの習い事を体験してみましたが、3つの中で筆者的に一番おすすめなのはキックボクシングでした。ただ後日、周りの男性に「キックボクシングやるかも」と報告すると、「これ以上強くなってどうすんの?」と苦笑されてしまいました。強くなりすぎには注意しつつ、何か始めたくなるこの季節、習い事にトライしてみるのも良いかもしれません。(おおしま りえ

<関連リンク>
一生の趣味になることも! 人生の辛い時期に夢中になったモノは?